サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      <前園真聖>日本の選手に足りないもの (海外の選手は)シュートを30本打とうが失敗しても1点入ればいいと思っている

      <前園真聖>日本の選手に足りないもの (海外の選手は)シュートを30本打とうが失敗しても1点入ればいいと思っている
      1 :Egg ★:2018/04/22(日) 23:58:15.46 ID:CAP_USER9.net
      プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。
      4月22日(日)の放送は、前回 https://tfm-plus.gsj.mobi/news/98hm6SIOAV.htmlに引き続き、元サッカー日本代表の“ゾノ”こと前園真聖さんが登場。
      ゴルフにまつわる話から日本サッカー界が世界を相手に戦うために必要なことなど伺いました。

      前園真聖さん(右)と、パーソナリティの丸山茂樹


      ◆日本のサッカー選手に足りないもの

      丸山:ゾノくん的に、(日本の)サッカー界は世界で通ずるためにどこを良くしたらいいと思う?

      前園:技術的なテクニックの部分は日本人はあると思うんです。上背がなくても予測していいポジションを取るとかチャンスを作れるけど、
      海外選手との一番の違いは、(彼らは)シュートを20本打とうが30本打とうが失敗しても1点入ればいいと思っている。20本の失敗なんて一切気にしていないですから。周りに対して。

      丸山:そうなの?

      前園:“申し訳ない”って気持ちが全くないんですよ。でも日本人はあるじゃないですか。

      丸山:あるある。すぐに思っちゃう(笑)。

      前園:そこが良さでもあるんですけど、フォワードの選手はもっとエゴイスティックに“俺が仕事するんだから10本打って1本入りゃいいだろ。次決めてやるよ”くらいのモチベーションがないと世界で戦えないですよ。

      丸山:なるほど。

      前園:チームとしては、協調性や犠牲心があるのはいいこともあるんですけど、特にフォワードに関しては「自分でやっちゃうよ」くらいのメンタルがないと世界で点は取れないですよ。

      丸山:じゃあ、未来のサッカー界について思うのはそういうところ? もっと堂々と、「俺のやったことに何か文句あんの?」くらいの変わり種がいっぱい増えたほうが?

      前園:そう。「今、外したけど、次は決めてやるよ」と。

      丸山:フィールドでやっているうちはみんな同級生くらいの堂々とした気持ちでね。欧米ナイズされていくようなチーム作りを心掛けていくことによって世界に通ずるというのはゴルフ界もサッカー界も一緒だね。

      前園:海外に出る選手も少しずつ増えてきているので、そういうメンタル的な部分とか“お人好しじゃダメだ”と分かってきていると思うので、これからの成長に繋がるんじゃないかと。

      2018年4月22日 18時0分 TOKYO FM+ 全文はこちら
      http://news.livedoor.com/article/detail/14615265/

      続きを読む

      <元ヴェルディ川崎・藤川孝幸氏>末期の胃がんを告白!「ステージ4以上の末期だった」

      <元ヴェルディ川崎・藤川孝幸氏>末期の胃がんを告白!「ステージ4以上の末期だった」
      1 :Egg ★:2018/04/19(木) 12:19:28.92 ID:CAP_USER9.net
      元V川崎(現東京V)GKで、社会人クラブチーム「北海道十勝スカイアース」の代表取締役社長を務める藤川孝幸氏(55)が18日、帯広市内で新体制発表会見に出席。胃がんを患っていることを明らかにした。

       昨年12月、背中に激痛を覚え都内の病院で診察。余命3か月から半年の胃がんと診断された。藤川氏は、医師から「来年の桜は見られない」と告げられ「ステージ4以上の末期だった」と打ち明けた。すぐに抗がん剤治療を始め現在、がん細胞は半分まで減ったという。体重は減り、現在も体内にがん細胞が残るが、今年1月に入院していた際も病室で新戦力補強の話を進めるなど、チームに尽力してきた。

       神奈川県出身の藤川氏は、1980年に読売クラブ(後の東京V)に入団。PK戦にめっぽう強いことで名を広めた。95年に引退し、V川崎や神戸のGKコーチを経て、2017年から北海道十勝スカイアース(前十勝FC)の代表を務めている。

       藤川氏は同クラブの将来的なJリーグ参入を目指しており、「今後も毎週治療に通うことになる。ずっとサッカーをやってきたので、日本スポーツ界に貢献して、何か形を残したい」と強い思いを口にした。(宮崎 亮太)

       ◆藤川 孝幸(ふじかわ・たかゆき)1962年10月10日、神奈川県生まれ。55歳。80年から読売クラブ(後のV川崎、現・東京V)に所属し、主に第2GKとして黄金期を支えた。Jリーグ通算26試合出場。95年に現役を引退し、翌年から指導者に転身。V川崎、神戸、仙台、C大阪、福岡でGKコーチ。甲南大、静岡FC、国際武道大では監督を務める。2017年から現職。184センチ。

      4/19(木) 7:03配信 スポーツ報知
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000226-sph-socc

      写真


      続きを読む

      <宇佐美貴史>芸術的なミドル弾! “カーブショット”に称賛「凄い」「アンリかよ」

      <宇佐美貴史>芸術的なミドル弾! “カーブショット”に称賛「凄い」「アンリかよ」
      1 :Egg ★:2018/04/15(日) 22:29:19.13 ID:CAP_USER9.net
      ハイデンハイム戦に先発の宇佐美、エリア左から鮮やかなミドルシュートで同点弾
       
      ドイツ2部デュッセルドルフは現地時間15日、リーグ第30節ハイデンハイム戦に臨み、
      1点リードされた後半6分に先発出場の日本代表FW宇佐美貴史が鮮やかなミドルシュートで同点ゴールを叩き込み、今季リーグ7ゴール目をマークした。

      首位を走るデュッセルドルフだが、前半23分に先制点を献上。1点ビハインドで前半を折り返すと、後半6分に33番を背負う日本人アタッカーが魅せる。

      相手ペナルティーエリア左前で横パスを受けた宇佐美は相手DFと対峙。小刻みなタッチでドリブルを仕掛けると、細かいタッチからわずかにボールを右へ動かし、
      巧みにシュートコースを作り出して右足を振り抜く。カーブがかかった一撃に対して相手GKは全く動けず、圧巻のシュートがゴール右上に吸い込まれた。

      宇佐美が4試合ぶりにゴールを決めると、DAZN公式ツイッターもゴール動画を配信。「宇佐美貴史がゴラッソを沈めた!! 
      ペナルティーエリア左手前から芸術的なコントロールショット」と称賛した。返信欄では「凄いな。アンリかよ」と称賛の声が上がっている。

      試合はデュッセルドルフが追いつくも、後半11分、34分に再び被弾。1-3と敗れ3連敗となった。

      【動画】「凄い」「アンリかよ」と称賛! デュッセルドルフFW宇佐美貴史、エリア左からミドル弾…鮮烈“カーブショット”に反響
      https://www.football-zone.net/archives/98548/2

      4/15(日) 22:07配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00010024-soccermzw-socc

      写真


      続きを読む

      ハリル監督、訴訟準備?契約解除に動揺と怒り「満足ではない」

      ハリル監督、訴訟準備?契約解除に動揺と怒り「満足ではない」
      1 :ゴアマガラ ★ :2018/04/10(火) 08:15:01.11 ID:CAP_USER9.net
      電撃解任されたハリルホジッチ前監督は、2度目の悲劇を味わうことになった。

       田嶋会長から直接、契約解除の事実を通達されると、「満足ではない。何で、この時期に?」と言葉を発したという。
      元指揮官の様子について同会長は「やはりビックリしているのが僕の印象。まさかこのことを言われるとは、ということで、多少動揺もしたし、
      怒りもあった」と振り返った。前監督は08年から指揮したコートジボワール代表を10年南アフリカ大会の出場に導くも、同年2月に解任された過去がある。

      セルビアのニュースサイト・スポルツカ・セントララ(電子版)は「ハリルホジッチが日本サッカー協会に対して訴訟の準備をしている」と報道。契約解除に伴う違約金について合意に達していないという。

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000057-spnannex-socc

      続きを読む

      <マンチェスター・ユナイテッド>“衝撃のトレード”画策?仰天プランでネイマール強奪か

      <マンチェスター・ユナイテッド>“衝撃のトレード”画策?仰天プランでネイマール強奪か
      1 :Egg ★:2018/04/08(日) 21:39:11.82 ID:CAP_USER9.net
       マンチェスター・ユナイテッドが今夏、パリSGに所属するブラジル代表FWネイマール(26)獲得に向け、仰天プランを検討しているようだ。英『デイリー・スター』が報じている。

       昨夏、2億2200万ユーロ(当時約291億円)というサッカー史上最高額でバルセロナからパリSGに移籍したネイマール。現在は右足中足骨の手術により離脱しているが、ここまで公式戦30試合で28ゴールを記録し、期待通りの活躍をみせている。しかし、今夏のレアル・マドリー行きが盛んに報じられ、去就に注目が集まっている。

       同紙によると、パリSGがフランス代表のMFポール・ポグバ(25)とFWアントニー・マルシャル(22)の獲得に動く場合、ユナイテッドは2人の譲渡に加え、5000万ポンド(約75億円)を支払うことを条件に、ネイマールとのトレードを要求するという。ポグバは依然としてジョゼ・モウリーニョ監督の不仲が囁かれており、マルシャルは出場機会の減少により、新たな移籍先を探すとみられている。

      4/8(日) 18:08配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-01652439-gekisaka-socc

      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング








      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ