サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      町田FW吉田眞紀人の追撃弾がJ2通算16000ゴールに

      jpg" class="post-img" alt="町田FW吉田眞紀人の追撃弾がJ2通算16000ゴールに">
      情報元 : 町田FW吉田眞紀人の追撃弾がJ2通算16000ゴールに
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-01641226-gekisaka-socc

       25日、J2第20節が各地で行われ、FC町田ゼルビア対東京ヴェルディの試合でJ2通算16000ゴールが生まれた。Jリーグ公式サイトが発表している。
       メモリアルゴールが生まれたのは0-3で迎えた後半19分。スルーパスに反応した町田のFW吉田眞紀人が右足で流し込んだ追撃弾がJ2通算16000ゴール目となった。
       なお、試合は東京Vが4-2で勝利している。
       以下、J2記念ゴール一覧(カッコは当時の所属クラブ)
      1:岡元勇人(FC東京)
      500:ジョルジーニョ(大宮)
      1000:鳴尾直軌(新潟)
      1500:エジミウソン(川崎F)
      2000:小石龍臣(鳥栖)
      2500:ジョルジーニョ(甲府)
      3000:アウグスト(川崎F)
      3500:バロン(甲府)
      4000:永井俊太(水戸)
      4500:高橋健二(山形)
      5000:アジエル(湘南)
      5500:酒本憲幸(C大阪)
      6000:アンドレ(京都)
      6500:レオナルド(鳥栖)
      7000:関口訓充(仙台)
      7500:小松塁(C大阪)
      8000:大西容平(甲府)
      8500:倉田秋(千葉)
      9000:東慶悟(大分)
      9500:宮吉拓実(京都)
      10000:平本一樹(町田)
      10500:キローラン木鈴(北九州)
      11000:高山薫(湘南)
      11500:高原直泰(東京V)
      12000:ドウグラス(徳島)
      12500:青木孝太(群馬)
      13000:城後寿(福岡)
      13500:片山瑛一(岡山)
      14000:川辺駿(磐田)
      14500:島屋八徳(山口)
      15000:鄭大世(清水)
      15500:船山貴之(千葉)
      16000:吉田眞紀人(町田)

      ポルトガルメディアが久保裕也を「C・ロナウド2世の後継者」に指名、乾貴士にはメキシコ移籍の噂

      ポルトガルメディアが久保裕也を「C・ロナウド2世の後継者」に指名、乾貴士にはメキシコ移籍の噂
      情報元 : ポルトガルメディアが久保裕也を「C・ロナウド2世の後継者」に指名、乾貴士にはメキシコ移籍の噂
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-01641170-gekisaka-socc

       日本代表FW久保裕也と同MF乾貴士の新シーズンの所属クラブが注目されている。
       久保は16-17シーズン前半はスイスのヤングボーイズ、後半はベルギーのゲントでプレー。公式戦23ゴールを決めるなど、大ブレークした。更なる飛躍に期待が集まる日本代表FWに興味を示しているのが、ポルトガルの名門ポルトだという。
       ポルトガルメディアの『desportoaominuto』は、21ゴールを記録したミラン移籍が決まった“クリスティアーノ・ロナウド2世”と期待されるFWアンドレ・シウバの「理想的な後継者」と期待を寄せている。
       そしてこちらも飛躍が期待される乾には、思わぬところから興味が伝えられている。メキシコ『ElHorizonte』は同国のモンテレイが乾に関心を持っていると報道。16-17シーズンの最終節となったバルセロナ戦で決めた2ゴールが、興味を持つきっかけになったと伝え、こちらも退団が決まっているコロンビア代表MFエドウィン・カルドナの後釜として期待が寄せられている。

      [移籍]G大阪の“若き逸材”がまた一人海外へ 堂安、7月からオランダリーグ参戦が決定

      [移籍]G大阪の“若き逸材”がまた一人海外へ 堂安、7月からオランダリーグ参戦が決定
      情報元 : [移籍]G大阪の“若き逸材”がまた一人海外へ 堂安、7月からオランダリーグ参戦が決定
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00010023-theworld-socc

      ガンバ大阪は23日、U-20日本代表MF堂安律がオランダ1部のフローニンゲンへレンタル移籍することになったことを発表した。レンタル期間は2017年7月1日から2018年6月30日までの1年間となっている。
      現在19歳の堂安はG大阪の下部組織出身で、2015年に高校2年生ながらトップチームに帯同。同年5月27日に行われたアジアチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦のソウル戦でクラブ史上2番目となる16歳344日で公式戦デビューを飾っている。そして、翌月3日に行われたJ1第10節の鹿島アントラーズ戦で途中出場し、宇佐美貴史の記録を抜いてクラブ史上最年少でJ1デビューも果たした。
      2016年からは正式にトップチーム昇格を果たすと、昨季はG大阪U-23の一員としてJ3でプレイし、21試合に出場して10ゴールを記録。その活躍が認められ、今季は開幕戦からトップチームのメンバー入りを果たし、ここまでJ1で9試合に出場(スタメンは4試合)して3ゴールを挙げている。
      一方、代表では昨年開催されたU-19アジア選手権で日本の優勝に貢献。同大会のMVPに輝いていた。そして、先日イングランド代表の初優勝で幕を閉じたU-20W杯でもチームの主力として活躍。イタリア代表戦で挙げた圧巻のゴールなどで決勝トーナメント進出へ導いていた。
      はたして、堂安は初の海外挑戦で結果を残すことができるのだろうか。
      http://www.theworldmagazine.jp/

      <リヴァプール>ローマからエジプト代表MFモハメド・サラーの獲得を発表!移籍金はクラブ最高額52億円

      <リヴァプール>ローマからエジプト代表MFモハメド・サラーの獲得を発表!移籍金はクラブ最高額52億円
      1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/06/23(金) 07:04:54.80 ID:CAP_USER9.net
      リヴァプールは22日、ローマからエジプト代表MFモハメド・サラーを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

       クラブは「長期契約」と発表しているが、イギリスメディア『BBC』によると、5年契約を締結した模様。背番号は「11」で、同番号を着けていたブラジル代表FWロベルト・フィルミーノは「9」に変更となった。

       また、ローマの発表によると、移籍金は4200万ユーロ(約52億円)に加え、パフォーマンス次第で最高800万ユーロ(約10億円)が追加されるという。4200万ユーロは現在のレートで換算すると約3700万ポンドとなり、イングランド代表FWアンディ・キャロル(現ウェストハム)加入時の3500万ポンド(約50億円)を超えてリヴァプール史上最高額の移籍金となった。

       サラーは「加入できてとても興奮しているし、とても嬉しいよ。100パーセントの力で全てをクラブに捧げるつもりだ。このクラブのために何かを勝ち取りたいんだ。とてもいい選手が揃っている素晴らしいチームだ。昨シーズンの試合を見ていたけど、全員が勝利のために100パーセントを出していた」とコメントした。

       現在25歳の同選手は2014年にバーゼル(スイス)からチェルシーに加入したが、その後はレンタル移籍でフィオレンティーナやローマで過ごした。2016年夏にローマへ完全移籍すると、今シーズンは公式戦41試合に出場し、19ゴールを挙げる活躍を見せた。

      サッカーキング6/23(金) 6:06配信 
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00603742-soccerk-socc

      写真


      続きを読む

      バルセロナ、「韓国のメッシ」イ・スンウにバルセロナBへの昇格不可を通知 退団か フベニールA15試合1ゴール★2

      バルセロナ、「韓国のメッシ」イ・スンウにバルセロナBへの昇格不可を通知 退団か フベニールA15試合1ゴール★2
      1 :ranran roo ★@\(^o^)/(★ 999b-53sV):2017/06/21(水) 12:13:21.46 ID:CAP_USER9.net

      スペインメディア「イ・スンウはバルサB昇格の機会を得られなかった」
      2017-06-21 05:50

      ムンドデポルティボホームページ


      「コリアンメッシ」イ・スンウ(19)がスペインのバルセロナを自ら離れなければならない状況に直面した。バルセロナB(2軍)に昇格するチャンスを得られなかったのである。

      去る20日(韓国時間)、スペインのスポーツ紙ムンド・デポルティボは「バルセロナはイ・スンウに国際サッカー連盟(FIFA)から規律を受ける前のような印象を見い出せなかった」とし、「複数の欧州クラブがイ・スンウを迎え入れたいとするのとは異なり、バルセロナはイ・スンウ側に昇格の提案をしていなかった」と報道した。

      続いて「カルレス・アレニャ、マルク・ククレラのような同じ年齢の選手たちとは異なり、イ・スンウにはバルセロナプロ登録のための跳躍の機会が与えられなかった。フベニールAから昇格する機会(2軍昇格)を得られなかった」と伝えた。

      イ・スンウだけでなく、チャン・ギョルフイもバルセロナBへの昇格不可通知を受け、最近韓国に帰ってきた。

      このニュースに、バルセロナの事情に精通した複数の関係者たちも首を縦に振った。ある関係者は「イ・スンウはU20ワールドカップに出場する前に、既にバルセロナから2軍行き不可通知を受けていた」とし、「フベニールA(18歳以下のチーム)からバルセロナBに上がる選手たちは既にミーティングが終わった状態だ」と明らかにした。

      (中略)

      イ・スンウは今季序盤、フベニールAで良い姿を見せた。2軍に昇格するという強い意志がグラウンドで明らかに見えた。しかし前半とは異なり、後半にバルセロナ関係者の目を引き付けることができなかった。15試合に出場し1ゴールにとどまった。特に4月の欧州サッカー連盟(UEFA)ユースリーグ準決勝からフベニールAを導いたガブリ監督はイ・スンウを活用していなかった。事実上、バルセロナ2軍に上がる競争力を失ったと見なければならない。

      イ・スンウのバイアウト(クラブの同意なしに交渉を進めることができる最小移籍金)の金額も正す必要がある。

      イ・スンウのバイアウト金額は1200万ユーロ(約150億円)として知られている。しかし、イ・スンウの最終所属チームはフベニールAだ。フベニールAで最も高いバイアウト金額は300万ユーロ(約38億円)である。バルセロナBに上がってこそバイアウト金額が最小1200万ユーロまで上がる。「コリアンシャビ」ペク・スンホ(20)のバイアウト金額である。

      次に、イ・スンウの未来はどうなるのか。

      イ・スンウの契約期間は2018年6月までだ。複数の欧州チームからラブコールを受けているイ・スンウだ。しかし、バルセロナBへの昇格カードすら獲得できなかった選手に300万ユーロのバイアウトを支払う球団は現実的にないように見える。

      http://sports.news.nate.com/view/20170621n02909

      ★1 2017/06/21(水) 09:29:09.15
      前スレ
      http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498004949/ VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング
      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ