サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      <W杯3位決定戦を見て思う>「日本が イングランドになっていた可能性」

      <W杯3位決定戦を見て思う>「日本が イングランドになっていた可能性」
      1 :Egg ★:2018/07/15(日) 15:24:00.03 ID:CAP_USER9.net
      W杯における「銅メダル」のステイタスは「ベスト4」と大差ない。メダルを逃したからといって、責められるカルチャーはない。だから、3位決定戦はともすると、エキシビションマッチに近い緩い試合になることがある。

      【写真】日本を悲嘆させたベルギーGKの美技はバレーボールから生まれた

       ベルギー対イングランド。サンクトペテルブルクで行なわれたこの一戦はどうなのか。キックオフ直後の両軍に、眺めのいいスタンド上階から目を凝らした。

       イングランドのいいところは、真面目なことだ。常に一生懸命。となると、格上のベルギーは、それなりの覚悟で受けて立たなければならなくなる。試合の真剣度は自ずと上昇する。

       開始4分、ベルギーがトーマス・ムニエのゴールで先制すると、イングランドの反抗精神は激しく燃えさかった。強者が先制すると試合はつまらなくなるものだが、この場合は別。イングランドは必死に応戦した。

       この日、ベルギーのスタメンには、プレミアリーグのクラブに所属する選手が8人いた。

       なかでも、3トップを構成したロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)、エデン・アザール(チェルシー)、ケビン・デブライネ(マンチェスター・シティ)の3人は、プレミアでは一流選手としてとおる、いわば欧州級だ。

       一方、イングランド代表に一流はいない。欧州のビッグクラブから声がかかりそうな選手は見当たらない。イングランドが選手個人の能力でベルギーに劣ることは厳然とした事実。ならばどうするか。その差をいかにして詰めるか。

       真面目さは十分伝わってきた。試合を活気づかせる薬にもなっていた。しかし、それだけで両者の差を埋めることは不可能だ。サッカーの質で勝ることが、3位への道として欠かせないものとなる。

       ところが、眺めのいいスタンド上階から俯瞰すると、その点でもベルギーに劣ることが、大真面目に頑張れば頑張るほど、鮮明になった。

       ベルギーの布陣は3−4−3。両ウイング”ハーフ”を、ウイング”バック”と見なせば5−2−3だ。対するイングランドは3−5−2。布陣を同様にかみ砕けば5−3−2だ。

       5−「2−3」(ベルギー)対5−「3−2」(イングランド)。攻撃が先細りになりやすいのは「3−2」のイングランドだ。ボールを運ぶ形はクリスマスツリー型になる。前にいくほどプレーの選択肢は減る。最後は2トップに託すサッカーになる。

       対するベルギーは「2−3」。前線に3人いる。ルカク、アザール、デブライネ。顔ぶれで上回るうえに、多彩さという点でも期待できる。イングランドのパスワークが、2点間(パスの出し手と受け手)の関係になりがちなのに対し、ベルギーには3人目が存在する。

       パスコースが複数あるベルギーと、ひとつしか見えないイングランド。可能性を感じさせる攻撃と、感じさせない攻撃。後者は言ってみればゴリ押しだ。出たとこ勝負の攻撃である。これを完遂させるためには、高い個人能力、あるいは高度な頑張りが不可欠になる。

       だが、イングランドの2トップ、ハリー・ケインとラヒム・スターリングは、ベルギーの3トップに力量面で劣る。期待できるのは頑張りのみ。イングランドの勝利は、この構図が鮮明になった瞬間、期待薄になった。

      つづく

      7/15(日) 15:10配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180715-00010005-sportiva-socc

      続きを読む

      C・ロナウドのユニフォーム、ユヴェントス移籍1日で52万枚売れる!移籍金のほぼ半額を回収

      C・ロナウドのユニフォーム、ユヴェントス移籍1日で52万枚売れる!移籍金のほぼ半額を回収
      1 :数の子 ★:2018/07/14(土) 16:50:12.24 ID:CAP_USER9.net
      レアル・マドリーのエースに君臨してきたクリスティアーノ・ロナウドのユヴェントス移籍は世界的なニュースとなった。

      その移籍金は1.17億ユーロ(152億円)とも言われているが、移籍決定からわずか1日でほぼ半額を回収したようだ。

      『Yahoo Sports IT』によれば、加入直後からロナウドの7番ユニフォームは爆売れ。なんと24時間で、52万枚!が売れたという。

      ユニフォーム1着を104ユーロ(13,645円)とすると、5400万ユーロ(70.8億円)もの額になる。この全てがユーヴェに入るわけではないが、ロナウド効果おそるべし…。

      年俸3000万ユーロ(39億円)の4年契約とも言われているが、そのくらいの価値は十分にあるといえそうだ。


      http://news.livedoor.com/article/detail/15010520/

      続きを読む

      FIFA「サッカー場にいる『美女サポ』を放送するのは女性差別。男だけ映せ」

      FIFA「サッカー場にいる『美女サポ』を放送するのは女性差別。男だけ映せ」
      1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2018/07/12(木) 22:10:12.44 ID:FBj7se+7H●.net ?2BP(2000)

      『美女サポ』放送にFIFAが警告、人種差別より“性差別”の表面化を指摘

       国際サッカー連盟(FIFA)は11日、テレビ放送で「魅力的な女性」のカットを減らすように要請しているようだ。
      性差別が人種差別よりも大きな問題となっていることを受け、差別禁止プログラムの見直しに乗り出した。
      スポーツ専門メディア『ESPN』が詳しく報じている。

       FIFAで多様性に関する部門を統括するフェデリコ・アディエッキ氏によると、これまで欧州サッカー界で問題視され続けていた人種差別は今大会で「想定していたほどは見られなかった」と指摘。
      その一方で、女性に対する差別問題が目立っていると捉えている。

       代表的な問題は、ロシアW杯を取材するアナウンサーが放送中に声をかけられたり、女性ファンが性的な言動を強いられたりしたというもの。
      加えて人権団体の調査では「ストリートで見られた性差別」に関する抗議のうち、メディアでの女性の扱い方についてのものが約10%を占めていたという。

       すでにFIFAは2014年のブラジル大会から対策に乗り出しているが、あらためて各国のテレビ局に同様の表現を減らすように要請。
      同様の特集を行っていた大手写真販売サイトは批判を受け、削除の後に実態調査の声明を発表している。
      また今後の大会では、多くの視聴者がより女性を尊重できるようになることが望ましいとした。


      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-01656128-gekisaka-socc

      続きを読む

      日本国内のW杯フィーバーに驚く乾「電車に乗るたびに…」

      日本国内のW杯フィーバーに驚く乾「電車に乗るたびに…」
      1 :3倍理論 ★:2018/07/12(木) 15:39:27.72 ID:CAP_USER9.net
      しっかり“充電期間”を取って新天地へ乗り込むつもりだ。ベティスに移籍した日本代表MF乾貴士が12日、都内のスペイン大使館で入団会見。すでに始動している新チームへの合流は今月26日の予定となっているが、予定を早めて合流する意思はあるかという質問に苦笑いしながら答えた。

      「正直、ちょっと疲れているので休みたい部分もある。基本的に家族と離れている時間が長い。あっち(スペイン)には一人で行っているので、ちょっとでも家族といたい気持ちはある。基本的には26日合流で考えている」

       それだけ心身ともに疲れ切るほどの激闘だった。2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を果たしたロシアW杯で乾は全4試合に出場し、うち3試合に先発。グループリーグ第2戦のセネガル戦(2-2)、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦(2-3)ではゴールも決めた。

       躍進を遂げた西野ジャパンの“顔”の一人として、今月5日に帰国してからは日本国内の代表フィーバーぶりも肌で実感することになった。「今まではあんまり顔を指さされたりはしなかったけど、電車に乗るたびに顔をさされるし、プールに行くだけで“盗撮”もされる」と苦笑い。「子供の運動会に行ったら、子供たちがいっぱい寄ってきてくれて、W杯の影響は大きく感じています」と、驚きを隠さなかった。

       今年6月で30歳になった乾。22年カタールW杯時は34歳になっているが、質疑応答では「4年後のW杯に向けてベティスでどんなプレーを見せていきたいか」という質問も受けた。これには「4年後はまだ見ていないし、(ベティスとの)契約も2年なので」と笑みを浮かべながら返した。

       クラブ側の発表では21年までの3年契約となっていたが、「2年しか(契約)してもらえなかったので、とりあえず1年1年頑張っていこうと思う」と説明。「最後に4年後、(日本代表に)選ばれれば一番いいことだと思うし、まずは(ベティスで)レギュラーを取れるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-01656143-gekisaka-socc

      続きを読む

      フランスの神童・エムバぺ(19)、一転「嫌いになる」人が続出! 遅延行為で「劇団ネイマールの一員」

      フランスの神童・エムバぺ(19)、一転「嫌いになる」人が続出! 遅延行為で「劇団ネイマールの一員」
      1 :サイカイへのショートカット ★:2018/07/11(水) 20:48:51.24 ID:CAP_USER9.net
      フランスの神童・エムバぺ、一転「嫌いになる」人が続出! 遅延行為で「劇団ネイマールの一員」
      7/11(水) 19:18配信 J-CASTニュース
      https://www.j-cast.com/2018/07/11333624.html

      エムバぺ選手はベルギー戦後、インスタを更新した(画像はスクリーンショット)


      ネイマール選手(写真は2017年5月撮影)


      サッカーロシアW杯でフランス代表の決勝進出に大きく貢献した19歳の「神童」、FWキリアン・エムバぺ選手の評判が、ここにきてがた落ちしている。

      エムバぺは決勝トーナメント1回戦で、2得点を獲得。日本のツイッターで「トレンド」入りするなど、卓越したプレーで注目を集めた。
      だがここ2試合、あからさまな遅延行為などで悪目立ち。「一気に嫌いになった」との声がネット上に続出しているのだ。

      ■あわや一触即発の事態に

      フランスは2018年7月11日(日本時間)、準決勝でベルギーに1‐0で勝利し、1998年大会以来、20年ぶりの優勝に王手をかけた。後半6分にコーナーキックからFWウンティティがヘディングで先制。硬い守備でこの1点を守り切った。

      エムバぺは前半13分、MFポグバのスルーパスから抜け出すなど、キレのある動きで躍動したが、後半アディショナルタイムには、遅延行為で悪目立ちした。

      アディショナルタイムは6分、時計は後半46分46秒。エムバぺは相手陣内の右コーナー付近でベルギーのDFアルデルヴァイレルトとFWメルテンスに囲まれ、ボールを持ったままラインを割った。
      自陣方向に戻りつつ、背後のアルデルヴァイレルトに右手のボールをパスするも、落球。ボールはペナルティエリア方向へ転がっていった。

      エムバぺはここで、まさかの行動に出る。普通ならボールを拾い、背後の相手選手に渡して当然。だが、なぜかドリブルで前へ運び始めたのだ。

      それを見たアルデルヴァイレルトは彼の背中を押し、MFヴィツェルも後ろから突き飛ばした。レフリーは笛を鳴らし、遅延行為でエムバぺにイエローカード。ベルギー選手2人は、お咎めなしだった。

      エムバぺがプレーと関係のない振る舞いで物議を醸したのは、これが初めてではない。

      7日(日本時間)の準々決勝・ウルグアイ戦で2点リードの後半21分、相手陣内でMFポグバにトリッキーなバックパス。
      その後、ウルグアイのMFロドリゲスの横を通過する際、相手の手に接触。ピッチに倒れ込み、腹部を手で押さえて悶え始めたのだ。

      ウルグアイの選手たちはこの振る舞いに怒り心頭を発した。両チームがあわや一触即発の事態となり、エムバぺはイエローカードをもらっていた。

      ■小柳ルミ子「大会中の振る舞いを見て嫌いになった」

      エムバぺはスピード、パワー、テクニックの3拍子そろった「神童」として、大会前から世界の注目を集めていた。
      17年夏に期限付き移籍したパリ・サンジェルマン(PSG)で昨季、リーグ・アンの優勝に大きく貢献。2年連続でベストイレブンと最優秀若手賞に輝いた。

      W杯では、19歳の若さでジダンら往年の名選手と同じ背番号10を背負う。そんなプレッシャーにも負けないのが、「神童」たるゆえん。
      グループステージのペルー戦でW杯初ゴールを挙げ、決勝トーナメント1回戦のアルゼンチン戦では2得点を獲得した。ツイッターでトレンド入りするなど、日本人の人気も急上昇した。

      だがここにきて、そんなエムバぺの株が暴落している。原因はもちろん、ウルグアイ戦とベルギー戦の振る舞いだ。ベルギー戦後の11日早朝、ツイッターの検索欄で「エムバぺ」と入力すると、上から順に「嫌い」「演技」と表示されたほど。

      ■「PSGでネイマールに何を教わっているんだ」

      こうしたエムバぺの振る舞いをめぐっては、所属するPSGのチームメートで、ブラジル代表のネイマールから悪影響を受けたのでは、との皮肉まである。

      ネイマールは今大会でファウルを受けた際、何度も過剰に痛がる素振りをしていたとして、「演技」指摘を受けていた。
      複数のメディアでは、計4試合でピッチに倒れていた時間は合計で14分にのぼると報道。過剰に痛がる演技を動画で撮影する「ネイマールチャレンジ」なる遊びも世界中で流行している。

      ツイッターではベルギー戦後、

       「エムバペのネイマールチャレンジ始まったわ」
       「エムバペは劇団ネイマールの一員だったか...」
       「エムバペはPSGでネイマールに何を教わっているんだ」
      との声が上がっていた。

      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング








      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ