サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      イニエスタ、育成面でも意欲 バルサから「人材連れてきたい」

      イニエスタ、育成面でも意欲 バルサから「人材連れてきたい」
      1 :ゴアマガラ ★ :2018/05/26(土) 21:41:50.15 ID:CAP_USER9.net
      12歳から名門バルセロナで過ごしたイニエスタは、選手としてだけでなく、育成面でも期待が大きい。自身も乗り気で「ユースシステムから貢献し、人材も連れてきたい」と三木谷会長に伝えている。

       1899年創設のバルセロナは「カンテラ」と呼ばれる下部組織を運営し、トップチームと同じ戦術を採用するなど育成法を一貫させている。
      イニエスタのほか、アルゼンチン代表FWのメッシもカンテラの出身だ。

       神戸の下部組織は既に日本トップクラスの力を誇る。U−18(18歳以下)は昨季、高校生年代最高峰のプレミアリーグ西地区を制覇。
      エースだったMF佐々木は今季Jリーグで早速ゴールを決め、昇格3年目のDF藤谷は2020年東京五輪の有望株として期待されている。

       現状に満足せず、さらなる発展に向けた切り札が、イニエスタだ。推定年俸約30億円の巨額投資も、バルセロナ式のパスサッカーを推進するトップチームの強化だけでなく、
      育成スタイルをも取り込むためだった。バルセロナからのコーチ派遣も検討されている。

       名手に育成の伝道師としての役割も求める三木谷会長は「(神戸の)育成システムが手本になるように」と語り、アジアのナンバーワンクラブへの歩みをさらに加速させる。(有島弘記)

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000026-kobenext-socc

      続きを読む

      <イニエスタ>神戸へ完全移籍 100億円規模の超大型契約 阪神の助っ人も含めた年俸総額は35億7085万円 ★2

      <イニエスタ>神戸へ完全移籍 100億円規模の超大型契約 阪神の助っ人も含めた年俸総額は35億7085万円 ★2
      1 :Egg ★:2018/05/24(木) 13:52:46.05 ID:CAP_USER9.net
      神戸がバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)を完全移籍で獲得することが23日、決まり、24日に来日する。

      複数の関係者によると、3年契約で年俸は2500万ユーロ(約32億2500万円)程度。総額100億円規模の超大型契約となった。
      年俸6億円の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)との“38億円ホットライン”を開通させ、力を見せつける。

      破格の年俸は、フォルラン(元C大阪)やポドルスキの推定6億円を大きく上回るJリーグ史上最高額。
      超異例だが、J1制覇やACL制覇を目指す神戸は、世界屈指の司令塔を必要と判断した。

      最大の注目はもちろん、ポドルスキとのホットラインだ。以前に「イニエスタが来て嫌な監督はいないと思う」と話していた吉田孝行監督にとって、
      ポジションなどの起用法はうれしい悩みとなる。競技は違えど、プロ野球・阪神の助っ人も含めた年俸総額は35億7085万円。
      その金額を上回る価値を持つ2人のスターが、Jリーグで、同じチームで並び立つ。

      スポニチ 5/24(木) 6:01配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000035-spnannex-socc

      写真


      【サッカー】<イニエスタの背番号は?>愛用の「8」既に使用 今後は加入後の背番号選びに注目
      https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527084746/

      2018/05/24(木) 06:17:52.56
      http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527110272/

      続きを読む

      EL決勝 マルセイユ×アトレティコ・マドリード 結果

      EL決勝 マルセイユ×アトレティコ・マドリード 結果
      1 :久太郎 ★:2018/05/17(木) 05:39:01.68 ID:CAP_USER9.net
      グリーズマン2発!アトレティコが快勝でEL制覇!…酒井は出番なしで16年ぶり快挙ならず

       ヨーロッパリーグ(EL)決勝が16日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとアトレティコ・マドリードが対戦した。酒井はベンチスタートとなった。

       EL初制覇を狙うマルセイユと3度目の優勝を目指すアトレティコが激突。マルセイユは、主将のディミトリ・パイェやリーグ戦22得点のフロリアン・トヴァン、ルイス・グスタヴォらがスタメンに名を連ね、11日にケガから復帰した酒井の代わりにブナ・サールが右サイドバックに入った。

       対するアトレティコは、ディエゴ・シメオネ監督が準決勝で主審を侮辱し4試合のベンチ入り禁止処分を受けたため、この日もスタンドから観戦。指揮官不在の中、今大会4ゴール3アシストのアントワーヌ・グリーズマンや、1月にチェルシーから復帰したジエゴ・コスタらが先発出場で、今シーズン限りで退団するフェルナンド・トーレスはベンチスタートとなった。

       試合はマルセイユが立ち上がりからチャンスを作る。4分、今大会トップの7アシストを記録しているパイェのスルーパスから、ヴァレール・ジェルマンがエリア内に抜け出してシュート。6分には、アディル・ラミがエリア内中央でこぼれ球を右足ダイレクトで叩くが、どちらも枠を捉えられなかった。

       試合が動いたのは21分、アトレティコは高い位置からプレッシャーをかけると、敵陣中央のガビが相手のトラップミスを見逃さず、ダイレクトで前線にパス。エリア内中央に抜け出したグリーズマンがゴール左に流し込み、貴重な先制点を挙げた。

       32分、先制を許したマルセイユに追い打ちをかけるアクシデント。パイェが負傷交代を強いられ、涙ながらにピッチを後にした主将の代わりにマキシム・ロペスが投入された。

       後半に入って49分、アトレティコが追加点を奪う。エリア内右に走り込んだグリーズマンがコケからリターンパスを受けると、冷静に左足シュートを沈めてリードを2点に広げた。

       マルセイユは2点を追う展開となったが、なかなか反撃できず。81分には途中出場のコンスタンティノス・ミトログルがヘディングシュートを放ったが、これは左ポストに嫌われた。アトレティコは89分、ガビがエリア内右フリーでパスを受けると、右足を振り抜き、試合を決定づけるダメ押しゴール。試合はこのまま終了し、アトレティコが3−0の快勝で6年ぶり3度目のEL制覇を果たした。

       なお、酒井は出番が回ってこず、大舞台での出場は叶わなかった。また、チームも敗れたため、2002年にフェイエノールトで前身のUEFAカップを制した小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)以来、日本人選手2人目の優勝を果たすことはできなかった。

      【スコア】
      マルセイユ 0−3 アトレティコ・マドリード

      【得点者】
      1−0 21分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)
      2−0 49分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)
      3−0 89分 ガビ(アトレティコ)

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00759181-soccerk-socc

      続きを読む

      <ジーコ>日本にエール!「メンタルの強さがあれば、いい成績が期待できる」「とんでもない逸材が生まれる可能性は高い」

      <ジーコ>日本にエール!「メンタルの強さがあれば、いい成績が期待できる」「とんでもない逸材が生まれる可能性は高い」
      1 :Egg ★:2018/05/15(火) 12:27:52.20 ID:CAP_USER9.net
      元日本代表監督のジーコ氏(65)が日本のサッカー界に提言を行った。14日、都内で開かれたJリーグ25周年記念イベントに出席。

      ワールドカップに向けて「今、飛び抜けて良い国はない。肩を並べて勝負できる資質は、日本にもある。ただ問題はメンタル。メンタルの強さがあれば、いい成績が期待できる」とエールを送った。

       Jリーグ発足時に鹿島でプレーした同氏は「W杯に連続出場するなんて、発足前には考えられないことだった」と振り返った。その上で村井チェアマンに直接、願い出たことがあった。

       「これを継続、進化させるには次の世代がどんどん出てくることが大切。12歳から16歳の世代の強化が必要です。ペレやベッケンバウアー、マラドーナやジダン、イニエスタのように優勝国の中心にはとんでもない選手がいた。

      日本の人口を考えれば、とんでもない逸材が生まれる可能性は高い。18歳ごろには完成されて、世界で戦える選手を」と育成強化を願った。

      日刊スポーツ 5/15(火) 8:07配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00208882-nksports-socc

      写真


      続きを読む

      <本田圭佑>『プロフェッショナル』裸の王様発言がヤバい?「自分を貫いたと自分に誇りを持っています」

      <本田圭佑>『プロフェッショナル』裸の王様発言がヤバい?「自分を貫いたと自分に誇りを持っています」
      1 :Egg ★:2018/05/15(火) 00:11:42.66 ID:CAP_USER9.net
      「火に油を注ぐ」とはまさにこのことだ。サッカー日本代表の本田圭佑が、14日放送のNHK人気番組『プロフェッショナル 仕事の流儀 ラストミッション本田圭佑のすべて』(後10:25〜11:10)に出演する。

      ワールドカップ・ロシア大会を前にした特別番組であれば期待を込めて観たいところだが、サッカーファンのみならず日本国民が目を疑ったのは、番組公式サイトにあった「ハリルホジッチ監督解任の舞台裏」に言及するというワード。

      代表チームとしては、西野朗新監督のもと一致団結して大会に向けて準備したいところである。そんななかでの一選手が監督解任のウラ側を公然と話すという衝撃の内容に、人々は驚き、そして呆れた。
      ほどなくして、本田が解任について話した事実はないと番組公式サイトは訂正されたが、天下のNHKが事実にない紹介文を大々的に掲載するとは思えない。

      本田のスタンドプレーに対する世間の反発からNHKが火消しに走った印象が強い。

       解任劇を激白したのか否か、真実は闇の中だが、なぜ本田圭佑がここまで代表チームにおいて影響力を手にするようになったのか。
      それはやはり、2010年に開催されたワールドカップ・南アフリカ大会での獅子奮迅の活躍が大きいだろう。

      センセーショナルな無回転フリーキックを決め、グループリーグ敗退という大方の予想を覆すベスト16入りに貢献し、一躍時の人となった。しかし、その後はACミラン入りを果たすもベンチ要員、
      優勝を公言して臨んだ2014年ワールドカップ・ブラジル大会では3戦全敗という散々たる選手人生。そして、2018年。日本代表のトップに君臨していた王様は、ベンチそして構想外に追いやられていた。

      そんななかでのロシア大会を前にした、ハリルホジッチの電撃解任。ハリルホジッチ自身も4月27日の記者会見で「自分に不満をもつ選手が2人いた」と暴露すれば、
      我の強い本田がおのずとハリル降ろしの主犯として浮上しても不思議ではない。

      実際、U23日本代表の一員として出場した北京オリンピックでは監督が示した守備重視の戦術を無視、先のワールドカップ・ブラジル大会でも態度の問題からベテラン川島と衝突するトラブルを起こしている。
      「気にくわなければ誰であろうとやり合う」というスタンスは、チームの雰囲気を当然乱す。

      チームの精神的柱であるキャプテン長谷部でさえも意見できない「独裁者」が、最後の出場を明言するロシア大会への強い意気込みを胸にチームに加われば、本田主導のワンマンチームへまっしぐら。
      ブラジル大会の二の舞になることは明確だろう。

       メディア出演にTwitter上でのプライベートな発言など、すでにワールドカップメンバー入りが当確しているかのような余裕の振る舞いを見せる本田に対し、
      西野監督はどのような決断をするのだろうか。なにはどうあれ日本国民が望むのは、本大会での日本代表の快進撃である。

      だからこそ、本田には王様としての振るまいを慎み、代表候補として本大会に向けた練習・コンディションづくりに集中することを切に願う。

      ビジネスジャーナル 2018.05.11
      http://biz-journal.jp/gj/2018/05/post_6592.html

      ◾?{田 ウクライナ戦後のNHK取材で強調「自分を貫いたと自分に誇りを持っています」

      メキシコ1部パチューカの全日程を終えた日本代表FW本田圭佑(31)が14日放送のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」(月曜後10・25)に出演した。

       「ラスト・ミッション 本田圭佑のすべて」と題した回。今年2月から密着取材。当時のハリルホジッチ監督が掲げる「縦に速い攻撃」ではW杯は勝てないと臨んだ3月27日のウクライナ戦は1―2で敗れ、自身も後半19分で交代した。

       4月1日、メキシコ・パチューカで番組最後のインタビュー。ハリル監督にどう見られたか?の質問に、本田は「微妙やと思うので。自分を認めさせる結果が出せなかった責任は自分にあります。ただ、悔いはないです。

      ハリルのやるサッカーにすべて服従して選ばれていく、そのことの方が、僕は恥ずかしいと思っているので。

      自分を貫いたと自分に誇りを持っています。まだ1カ月、アピールする時間はあるし。今の状況を楽しんでやっていますし。いかなる状況であれ、前向きにやれることはやるという、自分の信念は不変だと思っています。

      追い込まれれば、追い込まれるほど力を発揮します」と語っていた。

      スポニチ 5/14(月) 23:31配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000143-spnannex-socc

      2018/05/14(月) 22:32:19.25
      http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526304739/

      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング








      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ