サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      <日本代表の森保監督>国際親善試合に大迫、麻也ら主軸招集回避も…代役に岡崎、香川が候補

      <日本代表の森保監督>国際親善試合に大迫、麻也ら主軸招集回避も…代役に岡崎、香川が候補
      1 :Egg ★:2019/03/05(火) 06:14:34.82 ID:rUGMuR+99.net
      サッカー日本代表の森保一監督(50)が今月下旬の国際親善試合にFW大迫勇也(28)=ブレーメン=、DF吉田麻也(30)=サウサンプトン=らの主軸を招集しない可能性があることが4日、分かった。
      協会関係者によると、同監督は幅広く選手のテストを行う考えと、W杯予選まで時間がある、この時期に自クラブでの地位確保を促したい思いがあるという。日本代表は22日にコロンビア代表(日産ス)、26日にボリビア代表(ノエスタ)と対戦する。

      森保監督が3月のコロンビア、ボリビア戦で、昨年のロシアW杯、1月のアジア杯(UAE)で主力を務めた選手について、招集回避を検討していることが判明した。
      協会関係者によると、FW大迫、DF吉田を招集しない見通しで、DF長友佑都(32)=ガラタサライ=、酒井宏樹(28)=マルセイユ=も呼ばない可能性があるという。

      これまでの監督とは一線を画す手法だ。連係構築のため、国際親善試合でもベストメンバーの招集にこだわる指揮官が多かった中で、森保監督はさらに広い視野に立つ。
      所属クラブでのポジション確保こそ、日本代表の強化につながると考え、代表招集の強制力があっても、時には「日々、ポジション争いで戦っている」という海外組を呼ばない決断も選択肢に入れる。

      アジア杯で鹿島からフランス1部トゥールーズに移籍したばかりのDF昌子源(26)を招集しなかったのは、新天地のポジション争いを考慮に入れたからだった。
      また、昨夏はロシアW杯で、この冬はアジア杯があったため、大迫らは長い休養を取れていないことも一因。そして、これまで招集していない選手を、幅広くテストしたい狙いもある。

      大迫の代役として、今季はクラブで定位置をつかめていないが、森保ジャパン未招集のFW岡崎慎司(32)=レスター=がリストアップされているほか、
      2月の移籍初戦で2得点を挙げ、現在は左そけい部痛を抱えているMF香川真司(29)=ベシクタシュ=も候補に。
      吉田の代わりには昌子、DF植田直通(24)=セルクル・ブルージュ=らが控える。森保ジャパンは22年カタールW杯に向け、いろいろな角度から強化を図っていく。

      3/5(火) 6:10配信 スポーツ報知
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000230-sph-socc

      写真


      続きを読む

      <44億円移籍「中島翔哉」>なぜカタールへ?“東大より付属校”、そのココロは

      <44億円移籍「中島翔哉」>なぜカタールへ?“東大より付属校”、そのココロは
      1 :Egg ★:2019/02/24(日) 07:19:05.36 ID:F9TIer+G9.net
      森保ジャパンの新“背番号10”中島翔哉(24)が、ポルトガル1部ポルティモネンセからカタール1部アル・ドゥハイルへ移籍した。移籍金は日本人過去最高の約44億円。年俸も約4億4千万円に跳ね上がった。

      「しかもこれは手取り額。額面上はほぼ“10億円プレーヤー”と言っても過言ではありません」

       とスポーツ紙サッカー担当記者が明かす。

       ただ、手放しに喜べないのは、移籍先が英プレミアやスペインリーグなどビッグリーグでなかったこと。カタールでは、欧州ナンバーワンクラブを決める大会にも出場できない。どうにも都落ち感が否めないのだが、先の記者曰く、

      「これはこれで悪い選択ではありません。いうなれば、彼は東大を諦め、付属校に進学したようなものです」

       実は、アル・ドゥハイルのオーナーはカタール王族の大富豪で、フランス1部の強豪パリサンジェルマンのオーナーでもある。そのため、将来はパリサンジェルマン移籍もありうる。つまり“パリサンジェルマン大学付属カタール高校”に入学したと考えればいいのだ。フランスリーグといっても素人にはピンと来ないが、パリサンジェルマンといえばあのネイマールが在籍している、十分にビッグなチームである。

      「ただし東大、つまりマンチェスターUやバルサに行ける可能性はほぼなくなりました。移籍金とは事実上、現チームに支払うべき違約金の肩代わりです。つまり、同オーナーのチーム間なら違約金などどうにでもなるわけで、基本的に争奪戦は起こりません」

       もっとも、この付属校、必ず大学に進学できるとは限らないというから厄介だ。

      「本人が頑張っても、ポジションに空きが出ないと難しい。まあ、背伸びしてビッグリーグに行きベンチを温めるより、多少レベルが下でもチームの中心的な存在としてのびのびプレーした方がいいかも」

      “偏差値”だけで進路を選ぶべからず。

      2/24(日) 5:59配信 デイリー新潮
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190224-00557103-shincho-socc

      写真


      続きを読む

      <GKカミンスキー>「シンジ・オノ、ケイスケ・ホンダ、シュンスケ・ナカムラはほとんどの日本人が知っている」

      <GKカミンスキー>「シンジ・オノ、ケイスケ・ホンダ、シュンスケ・ナカムラはほとんどの日本人が知っている」
      1 :Egg ★:2019/02/17(日) 19:09:22.01 ID:+WkmaoyZ9.net
      J1ジュビロ磐田のポーランド人GKカミンスキーが母国ポーランド紙「Rzeczpospolita」のインタビューに応じ、3人の日本人選手について名指しで言及。「サッカーに興味がなくても、ほとんどの日本人が知っている」と語っている。

       現在28歳のカミンスキーは2015年1月、母国のルフ・ホジューフから当時J2の磐田に移籍。開幕戦でJリーグデビューを飾り、41試合に出場して3年ぶりのJ1昇格に貢献した。翌年以降も守護神として存在感を放っており、新シーズンもフル稼働が期待されている。

      【写真】小野、本田、中村の名を挙げた


       そんなカミンスキーがポーランド紙「Rzeczpospolita」のインタビュー取材で、「Jリーグで最も人気のある外国籍選手は誰ですか?」との問いに対して「間違いなくイニエスタ」と断言。「ファンは彼のプレーや創造性を見るために来場する。誰もできないようなことをしてくれるのを待ち望んでいる」と続けている。

       その一方で3人の日本人選手について言及。J1北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二、オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーの元日本代表MF本田圭佑、J1ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔の名前を挙げている。

      「シンジ・オノ、ケイスケ・ホンダ、シュンスケ・ナカムラは海外の選手と比べても引けを取らないほどの地位を築いている。そしてサッカーに興味がなくても、ほとんどの日本人が彼らを知っている」

       中村とは磐田で共闘しており、人気の高さを間近で実感している様子。ポーランド人GKにとって、この3選手が日本サッカーを象徴する存在のようだ。

      2/17(日) 12:30配信フットボールゾーン
      https://www.football-zone.net/archives/170768

      写真


      続きを読む

      日本代表 南野拓実、無得点に「次の準決勝では修正する」4試合0得点

      日本代表 南野拓実、無得点に「次の準決勝では修正する」4試合0得点
      1 :砂漠のマスカレード ★:2019/01/25(金) 05:43:52.86 ID:uDwJjsS19.net
      ゴールに迫るも無得点に終わった南野拓実(ザルツブルク)

      −−試合を終えて

      「難しい試合展開だったが、勝つかどうかが一番大事。チームとして勝てたことはよかった」

      −−ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)について

      「(前半の吉田の得点の取り消しは)ゴールかなと思ったし、ハンドが見えていなかった。難しいところもあったが、逆に後半はVARのおかげで僕たちにPKの判定があった。
      救われた部分もあったし、難しいところだけど、ルールはルール。これからもそのルールは続くし、その中でやっていきたい」

      −−自分のプレーはどうだったか?

      「数本のシュートチャンスがあったし、それをゴールにつなげたかった。自分の課題なので、次の準決勝では修正していきたい」

      −−準決勝に向けて

      「サコくん(大迫)の復帰はチームにとってうれしいニュース。残り2試合、絶対優勝して日本に帰りたい。
      次もタフな戦いが続くと思うが、チーム一丸となって、勝利を目指してがんばる」

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000511-san-socc
      1/25(金) 1:12配信

      続きを読む

      ACミランのアルゼンチン代表FWイグアイン チェルシー移籍決定的、ロンドン行きの航空機搭乗

      ACミランのアルゼンチン代表FWイグアイン チェルシー移籍決定的、ロンドン行きの航空機搭乗
      1 :砂漠のマスカレード ★:2019/01/24(木) 07:41:41.75 ID:kqNj8PWo9.net
      チェルシーへの移籍が報じられているACミランのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)が、ミラノからチェルシーの本拠地があるロンドン行きの航空機に搭乗したと、23日付の英紙デーリーメール電子版が報じた。

      同電子版は、イグアインがチェルシーへメディカルチェックを受けるためロンドンに向かったと報じ、チェルシー移籍がほぼ決定的となったと伝えた。

      ユベントスから期限付き移籍でACミランに加入したイグアインは、今季リーグ戦15試合6得点と期待に応えられず。
      21日に行われたアウェーのジェノア戦の前日、ACミランのガットゥーゾ監督に遠征メンバーに招集しないで欲しいと伝え、欠場していた。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00456741-nksports-socc
      1/23(水) 21:05配信

      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング








      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ