サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      <森保ジャパン>「マリーシア」見せた!退屈な試合こそ進歩…柴崎岳「カウンターを受けないようなパス回しを心がけた」

      <森保ジャパン>「マリーシア」見せた!退屈な試合こそ進歩…柴崎岳「カウンターを受けないようなパス回しを心がけた」
      1 :Egg ★:2019/01/15(火) 07:38:20.00 ID:qYYibJkP9.net
      ◆アジア杯 ▽1次リーグ第2戦 日本1―0オマーン(13日、UAE・アブダビ)

       日本代表は13日、オマーン代表に1―0で勝利し、1次リーグ2連勝で決勝トーナメント(T)進出を決めた。前半28分にMF原口元気(27)=ハノーバー=が自ら得たPKを決めた。MF南野拓実(23)=ザルツブルク=が4度の決定機を外し、後半は抑揚のない展開に終始した。FIFAランク82位の格下相手の「つまらない試合」から見えた成長と課題を、内田知宏キャップが「読み解く」。日本代表は14日、サブ組を中心にアブダビ近郊で練習を行い、ウズベキスタン戦が行われるアルアインへと移動した。

       森保一監督(50)は困惑しているようだった。試合後の会見で「後半は攻撃が停滞しボールを持たれた。原因は」と質問を受けた。少し考えてから、劣勢の相手が攻勢に出るのは「(よく)ある」と言った。ハーフタイムに「リスク管理をしながら2点目」という策を伝え、狙い通りの展開に持ち込んだが「苦戦」と受け止められたから、間を取ったように感じる。

       ペナルティーエリア内か微妙な位置でPKを得て、それが決勝点となった。逆にDF長友のハンドは見逃され、勝利に近づく。特に1点をリードしてからはゴール前の攻防が減少。格下を相手にするサッカーとしては「つまらない」。試合が深夜帯ということも手伝って、途中でテレビを消した人もいただろう。

       ただ、意図的に試合をつまらなくしたのは、オマーンでも、主審でもなく、日本だった。「なるべく変な奪われ方をしないように、カウンターを受けないようなパス回しを心がけた」と司令塔役のMF柴崎。ドロー以上で決勝T進出が決まり、次戦ウズベキスタン戦は先発メンバーを大幅に入れ替えられる。先を見越した方策で、攻守のリスクを減らし、見事に退屈な試合を作り上げた。

       これまで時間や状況を考えずに、パスを回し、ゴールを目指すことが多かった。ロスタイムの悲劇はロシアW杯ベルギー戦で味わったばかり。試合をつまらなくする。試合を壊しにいく。足りないと言われ続けた「マリーシア」(ずる賢さ)の一種。試合をコントロールする力と判断力が求められ、強い国には必ず備わっている戦い方だ。

       FW武藤が時間帯や状況を考えずに、突破を試み、パスミスしたのは言語道断だが、アジアの中とはいえ、こうした大人のサッカーを展開できたのは収穫。「アジア相手だから1―0じゃ満足できないというのは僕は違うと思う。しっかり0で抑えられた。厳しい戦いを勝ちきれたのはよかった」とMF堂安は言った。

       森保監督は次戦のウズベキスタン戦で多くの控え選手を送り出す方針だ。敗れれば決勝T1回戦で強豪オーストラリアとの対戦が濃厚となるが、優勝を目標に掲げ、「つまらない」サッカーを指示した指揮官は2試合先のことなんて、見ることはしない。サブ組中心でもウズベキスタン戦で勝利への道を探し、1位突破で頂点への階段を上っていく。(内田 知宏)

      1/15(火) 6:08配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000251-sph-socc

      続きを読む

      ネイマールの好きな食べ物はにぎり寿司、手巻き寿司、刺身、焼きそば、酢のもの……日本食ばかり

      ネイマールの好きな食べ物はにぎり寿司、手巻き寿司、刺身、焼きそば、酢のもの……日本食ばかり
      1 :pathos ★ :2019/01/09(水) 18:50:40.30 ID:8rZQ1WwC9.net
      ◆日本食
       ネイマールは食べることが大好きである。しかし料理するのは大嫌い。だからいつもデリバリーを頼む。彼の一番好きなものをご存じだろうか? にぎり寿司、手巻き寿司、刺身、焼きそば、酢のもの……そう、彼は日本食が大好きなのだ。

      全文:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190109-00010003-sportiva-socc

      続きを読む

      武藤嘉紀、代表初招集も背水の覚悟「ここで使えないと思われたら切られる」

      武藤嘉紀、代表初招集も背水の覚悟「ここで使えないと思われたら切られる」
      1 :砂漠のマスカレード ★:2019/01/08(火) 06:19:39.34 ID:QJ+lIFX+9.net
      「アジア杯・1次リーグF組、日本−トルクメニスタン」(9日、アブダビ)

      2大会ぶり5度目のアジア杯優勝を目指すサッカー日本代表は6日、初戦のトルクメニスタン戦(9日)に向けて冒頭15分間をのぞく非公開練習で調整した。
      追加招集の選手や、オフを与えられていた選手も合流し、この日から全23人のメンバーがそろっての練習となった。
      合流初日となったFW武藤嘉紀(26)=ニューカッスル=は、代表定着に向けアジア杯での躍動を誓った。

      背水の覚悟で結果を残す。FW浅野(ハノーバー)の負傷で追加招集された武藤。
      森保体制では初招集となったが「森保さんになって、ここで使えないと思われたらもう切られる場所なので、代表というのは」と決意をにじませる。

      みなぎる自信を、ゴールへとつなげる。世界最高峰の英・プレミアリーグで研さんを続け、
      12月26日のリバプール戦、1月2日のマンチェスターU戦でもプレー。
      世界的な強豪を相手にも「出ればやれているという自信はある」と手応えを口にする。
      アジア杯をきっかけに、森保ジャパン定着を目指し「結果を出した者勝ちなのかなと思います」と野心を燃やしている。

      かかる期待は大きい。不動の1トップであるFW大迫が、右臀部(でんぶ)痛の影響で調整遅れ。
      合流から初戦まで期間は短いが「先発、サブにかかわらず状態をベストにもっていく」と話す。

      15年のアジア杯、昨年のロシアW杯は共にメンバー入りを果たすも無得点。
      自身3度目となる国際大会で輝きを放ち、チームを優勝へと導く。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000023-dal-socc
      1/8(火) 6:01配信

      続きを読む

      新体制マンUが公式戦5連勝! 19歳MFチョンが公式戦デビュー

      新体制マンUが公式戦5連勝! 19歳MFチョンが公式戦デビュー
      1 :pathos ★ :2019/01/06(日) 14:56:27.41 ID:CAP_USER9.net
       FAカップ3回戦が5日に行われ、マンチェスター・Uがホームでチャンピオンシップ(2部)のレディングに2−0で勝利した。

       19分、フレッジがネットを揺らしたがオフサイドの判定。しかし、主審がビデオアシスタントレフェリー(VAR)と確認すると、オフサイドの前にフアン・マタに対するファールがあったとしてPKの判定が下された。このPKをマタがきっちりと決め、マンチェスター・Uが先制に成功。さらに前半アディショナルタイムにはロメル・ルカクが追加点を挙げた。ルカクは3試合連続ゴールとなっている。

       3点目を狙いに行くマンチェスター・Uは19歳の期待の若手タヒス・チョンを投入。チョンは公式戦デビューを飾った。その後両チームチャンスを作ったが、得点には至らず。前半の2点を守ったマンチェスター・Uが勝利を収め、4回戦に進出した。

       なお、新体制マンチェスター・Uは公式戦5連勝。次戦はプレミアリーグ第22節でトッテナムとの大一番を迎える。

      【スコア】
      マンチェスター・U 2−0 レディング

      【得点者】
      1−0 22分 ファン・マタ(マンチェスター・U)
      2−0 45+4分 ロメル・ルカク(マンチェスター・U)

      【スターティングメンバー】
      ロメロ;ダロト、ダルミアン、ジョーンズ、ヤング;マクトミネイ、ペレイラ(62分 フェライニ)、フレッジ;マタ(62分 チョン)、ルカク、サンチェス(64分 ラッシュフォード)
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00887836-soccerk-socc

      続きを読む

      <日本代表・堂安株高騰!>移籍金25億円?

      <日本代表・堂安株高騰!>移籍金25億円?
      1 :Egg ★:2018/12/18(火) 17:37:35.07 ID:CAP_USER9.net
      森保ジャパンのエース候補が欧州で超モテモテだ。来年1月の移籍市場の解禁を前に、オランダ1部フローニンゲンの日本代表MF堂安律(20)を巡る動きが騒がしくなってきた。名だたる欧州ビッグクラブに加え、イングランド・プレミアリーグのニューカッスルも争奪戦に加わるという。各クラブの綱引きで移籍金も高騰し、一気に2000万ユーロ(約25億6000万円)まで跳ね上がりそうだ。

       英紙「クロニクル」(電子版)は13日に、FW武藤嘉紀(26)の所属するニューカッスルが堂安獲得に動いていると報じた。スカウトが数か月にわたって日本人MFを調査した結果として「両サイドでプレーできる」と、トップの即戦力として十分に出場機会が得られるとの見解を示した。

       昨季公式戦10ゴールをマークした堂安は、今季もリーグ戦16試合すべてに先発出場し、4ゴール2アシストと自慢の決定力を見せつけている。9月には日本代表にも選出され、MF南野拓実(23=ザルツブルク)、MF中島翔哉とともに若手“三羽ガラス”として、チームをけん引する立場になった。

       そんな20歳の俊英に、欧州各クラブも熱視線を注いでいる。同じオランダのアヤックスやPSV、イングランド・プレミアリーグ昨季王者のマンチェスター・シティーもリストアップ。英「BBC」は「アトレチコ・マドリードやユベントスも加わる可能性がある」とスペインとイタリアの名門が争奪戦に参加すると報じ、ドイツ1部ドルトムントが移籍を希望するMF香川真司(29)の代役として獲得に乗り出すとの噂も現地で取り沙汰されている。

       火花散る大乱戦の展開になりそうだが、そうなると、移籍金の相場も急騰必至だ。ある公認選手代理人は「獲得を狙うクラブが増えて争奪戦になるようだと、当然のことながら移籍金は高騰していく。クラブ間の交渉がまとまらなければ、移籍できないわけだし、そうなると、相場は青天井になる」と指摘する。

       堂安を巡っては、今夏にロシア1部CSKAモスクワが提示した移籍金800万ユーロ(約10億2000万円)をフローニンゲン側が拒否したことから1000万ユーロ(約12億8000万円)が最低ラインとみられるが、各クラブ間で競り合いとなれば、移籍金も2000万ユーロ以上になる可能性は高いという。

       森保ジャパンでブレーク中の若武者は、新天地をどこに求めるのか。ビッグクラブの参戦が確実視されており、歴代の日本人選手の中でも屈指の巨額マネーが動くことは間違いなさそうだ。

      12/18(火) 16:37配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000039-tospoweb-socc

      【サッカー】<堂安律は「世界のトップ選手になる」>フローニンゲン監督の見解をオランダ紙が報道!
      https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544969007/

      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング








      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ