サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      カシマスタジアムが「スマートスタジアム」に…22日の鹿島vsセビージャ戦からサービス開始

      カシマスタジアムが「スマートスタジアム」に…22日の鹿島vsセビージャ戦からサービス開始
      情報元 : カシマスタジアムが「スマートスタジアム」に…22日の鹿島vsセビージャ戦からサービス開始
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000035-goal-socc

      鹿島アントラーズは21日、Jリーグの「スマートスタジアム推進事業」の一環として、鹿島のホームスタジアム・県立カシマサッカースタジアムを「高密度Wi-Fi」化すると発表した。このサービスは、22日に行われる『明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017』のセビージャ戦から提供される。
      Jリーグにおけるスマートスタジアム化は、ベガルタ仙台のホーム・ユアテックスタジアム仙台に続き2例目。また、カシマスタジアムには国内のスタジアムでは最多となる455のWi-Fiアクセスポイントが設置され、3万人を超えるような状況でも快適なネット環境を楽しむことができる。
      この発表記者会見に、鹿島のCRO(クラブ・リレーションズ・オフィサー)である中田浩二氏が登壇。中田CROは「サッカーのことなら、スラスラしゃべれそうなんですけれども」と冗談で場を和ませつつ、鹿島のSNSにおける取り組みを説明した。
      「鹿島はフェイスブック、ツイッター、インスタグラムを運用しており、フォロワーの数は、5万、28万、3万となっております。フェイスブックではファンとのストーリー共有を重視。今季は新たに試合後のスタジアムからの選手インタビューもトライアルとして手掛けました。ツイッターはより多くのライトファン層を捉えており、リアルタイムでさまざまな情報を発信しています。インスタグラムはクラブのブランディングを意識したメディアで、ビジュアルによるブランドイメージを表現しています」と、SNSごとの役割を解説する。
      さらに、試合映像を使えるようになったことを踏まえ、「前節の映像を振り返りながらホームゲームに向けた選手の意気込みなど、サポーターも盛り上げられるような選手インタビュー」を配信できるようになったと、デジタル面での取り組みを紹介。こうした取り組みが「高密度Wi-Fi」化により、さらに加速すると説明する。それが「アントラーズWi-Fi」だ。
      中田CROは「アントラーズWi-Fiの魅力は、Wi-Fiにつないだ人だけが楽しめる『アントラーズWi-Fiポータル』です」と力説する。このサービスでは、選手インタビューや解説などの動画配信、スタジアムグルメ情報などが提供されるほか、新たな試みとしてDAZNの無料配信も行われる。
      この点について中田CROは「スタジアム来場者だけが見られるもので、鹿島の試合とJリーグゾーンの2つのコンテンツのみ、試合日に視聴できます。ハーフタイム中に前半の映像を振り返ったり、ゴールシーンをもう1度見たりといった楽しみ方も想定しています」と説明した。

      エヴァートン、J・ビエラ獲得に契約解除金38億円を準備か...ラス・パルマスは抗戦の構え

      エヴァートン、J・ビエラ獲得に契約解除金38億円を準備か...ラス・パルマスは抗戦の構え
      情報元 : エヴァートン、J・ビエラ獲得に契約解除金38億円を準備か...ラス・パルマスは抗戦の構え
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00000028-goal-socc

      エヴァートンが、ラス・パルマスFWジョナタン・ビエラ獲得に動きを見せている。
      今夏スペイン代表MFビトロやアルゼンチン人MFジョナタン・カジェリを獲得して積極的に補強を敢行しているラス・パルマス。一方で、MFロケ・メサを移籍金1250万ユーロを支払ったスウォンジー・シティに引き抜かれるなど、現有戦力維持に腐心する必要性にも駆られている。
      現在複数クラブが狙っているのは、昨季31試合出場で7得点を挙げたJ・ビエラだ。スウォンジー、ニューカッスル、エヴァートンが28歳FWに興味を抱いている。特に強い関心を示しているのはエヴァートンで、契約解除金3000万ユーロ(約38億円)を準備しているといわれている。
      ラス・パルマス残留を第一としているビエラだが、エヴァートンからは年俸400万ユーロのオファーが提示されており、魅力を感じている様子だ。ラス・パルマス側はビエラの放出を考慮しておらず、年俸アップを希望する同選手と近日中に話し合う予定だとされる。

      好調C大阪の中で…出場機会わずかでも心折れぬFWリカルド・サントス

      好調C大阪の中で…出場機会わずかでも心折れぬFWリカルド・サントス
      情報元 : 好調C大阪の中で…出場機会わずかでも心折れぬFWリカルド・サントス
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00000081-spnannex-socc

       少しでもアピールしたい――。その思いが強く表れたシーンだった。C大阪が17日にホームで迎えたスペイン1部セビリアとの国際親善試合。0―2で迎えた後半35分、自陣からのロングボールで巧みに前を向いたFWリカルド・サントス(30)は、頭でMF関口にパスを送る。猛然と最終ラインの裏へと走ってリターンパスを受けると、GKとの1対1で右足シュート。これは左ポストに弾かれたものの、MF福満が詰めて1点を返した。
       「個人としては良かったと思う。こういった試合で自分の力を見せないといけないから」
       試合後、リカルドは確かな手応えを口にした。FW杉本に代わって後半27分から途中出場し、1ゴールに絡んだ。短い時間で結果は残した。
       第18節を終えた時点で途中出場4試合、出場時間はわずか7分。これが今季のブラジル人FWのリーグ戦出場歴となっている。第13節神戸戦からはベンチからも外れ、大卒2年目のFW沢上よりも序列は低くなっている。助っ人として日本に来た身として、これほど辛いことはないだろう。ただ、日頃の練習を見ていても、気持ちが折れている様子はない。
       ひとつの原動力となっているのが、生まれてくる第2子の存在だ。北欧でプレーした頃に知り合ったスウェーデン人のペルニーラ夫人が第2子を妊娠中で、11月に出産予定。「それが、かなりのモチベーションになっているよ。家の中では家族との時間を楽しんでいるからね」。長男ブルーノくん(5)に続いて第2子も男の子のようで、すでに「ロレンソ」と命名している。
       チームは現在J1首位。だからこそ「(プロになって)これだけ試合に出られなかったことは初めてだけど、チームの状態が良い中でメンバーが代わらないのは当然だと思う」と冷静に語る。リーグ戦では今季無得点ながら、ルヴァン杯と天皇杯では計7試合出場4得点。家族を思いながら努力を続ける助っ人が、再び脚光を浴びることを願っている。(西海 康平)
       ◇リカルド・サントス 1987年2月13日、ブラジル・リオデジャネイロ州出身の30歳。ボアヴィスタSCでデビューし07年にスウェーデンのカルマルに移籍。ノルウェーなどのクラブを渡り歩き15年に中国の貴州人和に移籍。16年に完全移籍でC大阪加入。1メートル87、80キロ。利き足は右。

      今夏移籍したルーニー、将来はマンUにアンバサダーとして戻ってくる?

      今夏移籍したルーニー、将来はマンUにアンバサダーとして戻ってくる?
      情報元 : 今夏移籍したルーニー、将来はマンUにアンバサダーとして戻ってくる?
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00614205-soccerk-socc

       今夏の移籍市場で、古巣であるエヴァートンに復帰したばかりのイングランド代表FWウェイン・ルーニーだが、将来的にはアンバサダーとしてマンチェスター・Uに戻ってくるかもしれない。イギリス紙『サン』が報じている。【動画で振り返る】C・ロナウドのCL全105ゴールを見逃すな! 今月9日、13年を過ごしたマンチェスター・Uを退団し、エヴァートンに移籍したルーニー。しかしマンチェスター・Uの代表取締役を務めるエド・ウッドワード氏は、同選手との関係を断ち切ることを望んでおらず、クラブのアンバサダーに任命する考えがあるようだ。正式な契約にはそのような条項は含まれていなかったものの、口頭でルーニー本人にその旨を伝えていたという。
       2004年夏に18歳でマンチェスター・Uに加入したルーニーは、同クラブでプレミアリーグ5回、リーグカップ3回の優勝を経験。加えてFAカップ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、クラブワールドカップを制覇した。さらに、同クラブでは253ゴールを記録し、ボビー・チャールトン氏の記録を塗り替えて、クラブ最多得点記録を樹立した。
       名実ともにマンチェスター・Uのレジェンドとなったルーニー。同クラブのOBでは現在、元トリニダード・トバゴFWドワイト・ヨークや元アイルランド代表DFデニス・アーウィンらがアンバサダーとして活動している。早くも“復帰”の話が持ち上がった同選手。将来は安泰と言えそうだ。
      (記事/Footmedia)

      ファン数百名が脳損傷の20歳MFへエール…実家の前で「アッピー」の大合唱

      ファン数百名が脳損傷の20歳MFへエール…実家の前で「アッピー」の大合唱
      情報元 : ファン数百名が脳損傷の20歳MFへエール…実家の前で「アッピー」の大合唱
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00613470-soccerk-socc

       オランダでアヤックスのファン数百名が起こした行動が話題になっている。イギリスメディア『BBC』が15日付で報じた。【動画】ヌリにエールを送るサポーター 8日に行われたブレーメン対アヤックスによるテストマッチで、アヤックスのU-20オランダ代表MFアブデラク・ヌリが特に接触のない状況でピッチに倒れ込んだ。ヌリは心臓発作を起こし病院に搬送され治療を受けたものの、「永久的かつ重度の脳損傷」が発見されたとアヤックスが発表。
       またクラブは同選手の症状に関して「回復する見込みはない」ことも付け加えた。「彼の脳の大部分は機能していないという診断が下された。これはおそらく酸素供給不足のために起こったものだ」とコメント。
       今回の悲惨な事故を受けアヤックスのサポーター数百名がヌリの実家に集まり「アッピー、アッピー」と大合唱。アムステルダム内の病院で治療している同選手に対してエールを送った(アッピーはヌリの愛称)。これを聞いたヌリの家族は手でハートのマークを作り、窓からサポーターに対して感謝を送った。その目には涙が浮かんでいたという。
       ヌリは昨年の9月にアヤックスでデビュー。エールディヴィジで15試合に出場しており、将来性豊かな若者としてファンの期待を背負っていた。
      記事検索
      アクセスランキング
      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ