サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      日本代表のハビエル・アギーレ監督、FW柿谷曜一朗(バーゼル)をサイドアタッカーとして起用することが濃厚


      1 :Egg ★@\(^o^)/:2014/09/08(月) 11:45:59.44 ID:???0.net
      ロシアに向けた第一歩

      ハビエル・アギーレ監督は、日本代表のFW柿谷曜一朗(バーゼル)をサイドアタッカーとして起用することが濃厚となった。

      ベネズエラ戦(9日・横浜国際)を控えた7日、紅白戦では柿谷を主力組の左ウイングに配し、1トップにはケルンのFW大迫勇也が入った。
      そして、右ウイングには、ACミランのMF本田圭佑を置いた。

      「どこやっても運動量は必要。でも運動量に質を高めてやりたい。左のFWは佑都君といい連係でやれればいい」

      柿谷は左サイドバックのインテルDF長友との連係で、サイドを制圧する狙いを口にする。
      ザッケローニ前監督に1トップで起用されてきたが、アギーレ監督はサイドでの適正を見極めたいのだろうか。

      「前の試合で勝てなかったので、全員で勝てればいい。次は勝てるようにしたいし、練習でやったことを出せればいい。今は色々なことをチャレンジしている。
      自分たちで守る部分と、監督のやりたいことを出せればいい。ザックとの違い? 人が違えばやり方も違う。今までのメンバーがやってきたこともある。何より試合で結果を出すことが大事」

       ブラジルワールドカップ(W杯)で傷跡一つ残せなかった。ただし、前代表とは異なり、新代表では立ち上げからチームに招集されている。
      5日のウルグアイ戦では途中出場となった。ロシアW杯に向けて、天才がベネズエラ戦で本格的な一歩を踏み出す。

      Soccer Magazine ZONE web 9月8日(月)11時29分配信
      http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140908-00010003-soccermzw-socc


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1410144359
      続きを読む

      レアルマドリー下部組織所属のジダン氏次男・GKルカが飛び級昇格


      1 :まさと ◆RHASHorGAg @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/:2014/09/08(月) 00:27:30.96 ID:???0.net
      マドリー下部組織所属のジダン氏次男、GKルカが飛び級


      レアル・マドリーBチーム、カスティージャのジネディーヌ・ジダン助監督の次男であり、
      同クラブのカンテラ(下部組織)に所属するGKルカが、今季に飛び級を果たしている。
      スペイン『マルカ』が報じた。

      ジダン氏は今夏に実質的にカスティージャの監督となり、その長男エンツォもマドリーのフベニールA(U-18世代)からCチームに昇格。
      順調に歩を進めているジダン一家だが、最も大きな飛躍を遂げたのはルカだった。

      昨季、カデテA(U-15世代)でルカを指導した元レアル・マドリーMFルベン・デ・ラ・レー監督は、
      今夏からフベニールBを率いることになり、同選手も自チームに引き入れた。
      16歳のジダン氏次男はフベニールのCチームを抜かして、通常より1年早くBチーム入りを果たした格好だ。

      身長182センチのルカは敏捷性に優れるだけでなく、ジダン氏のDNAを引き継いでいるためか、ボール扱いにも定評があるGK。
      3月にはU-16フランス代表から、練習に参加するよう声をかけられている。
      http://news.livedoor.com/article/detail/9228619/


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1410103650
      続きを読む

      FW宇佐美、熱望する代表入りを強烈にアピール「献身性も突き詰めていきたい、2分の方にも、こだわってやっていきたい」


      1 :Egg ★@\(^o^)/:2014/09/08(月) 11:39:19.62 ID:???0.net
      “不敗神話弾”で阪神ダービーを制した。

      FW宇佐美が前半28分、ペナルティーエリア外で相手バックパスのミスを奪い右足弾。
      貴重な追加点をもたらして攻撃を加速させ、3―0の完勝を呼び込んだ。

      得点した今季の公式戦は10戦8勝2分け。
      3年ぶりのベスト4に導き、「勝たせられているのはいいこと」と充実感をにじませた。

      もう1つの“神話”も継続させた。神戸戦は公式戦出場全7試合でゴールを決め計9得点。
      圧巻の神戸キラーぶりに「毎回止まると思っているんですけど」と微笑んだ。

      前半2分のMF阿部の先制点の場面では起点となり、
      後半38分にはロングパスでMF倉田のダメ押し弾をアシスト。

      全得点に絡む活躍で、熱望する日本代表入りを強烈にアピールした。

      アギーレ監督は「ボールを持っていない88分を見ている」と公言するものの、
      ボールを持っている残りの2分で決定的な仕事をするのが、宇佐美の宇佐美たる所以。

      「献身性も突き詰めていきたいし、“2分”の方にも、こだわってやっていきたい」。
      一撃必殺の攻撃力で、代表指揮官を振り向かせる。

      2014年9月8日 05:30
      http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/09/08/kiji/K20140908008891060.html


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1410143959
      続きを読む

      日本代表アギーレ監督、帽子を叩きつけて激怒「中に入れて外に出す。その次は中だろ」長友が反論しようとすると怒りは沸点に


      1 :Egg ★@\(^o^)/:2014/09/08(月) 06:17:23.77 ID:???0.net
      アギーレの公開カミナリだ!

      日本代表は7日、横浜市の日産スタジアムで9日のベネズエラ戦に向けた合宿を再開した。
      ハビエル・アギーレ監督(55)は就任後初めて一般サポーターにも戦術練習を公開。

      紅白戦ではショートCKからボールを最終ラインまで戻したプレーに対し、帽子を叩きつけて激怒。
      熱き闘将ぶりを披露した。

      まるで瞬間湯沸かし器だった。

      アギーレ監督が突然、かぶっていた白い帽子を地面に叩きつけ、声を荒らげた。
      「もう忘れたのかっ!この前の試合のことを!」。

      紅白戦の途中だ。本田がショートCKで目の前にいた柴崎にパス。直後、柴崎は最終ラインまでボールを下げてしまった。
      その瞬間、一般ファンも見守る前で闘将から激しいカミナリが落とされた。

      「中に入れて外に出す。その次は中だろ」。簡単に後ろに下げてしまった消極さが闘将に火をつけた。
      ウルグアイ戦の前半41分にもショートCKから同じようにボールを下げてしまい好機を逸していた。

      長友が反論しようとすると指揮官の怒りは沸点に達し、CKのやり直しを命じた。
      今度はゴールを脅かすと「言った通りだろ」と言わんばかりに本田の背中を思い切り叩いてみせた。

      これがアギーレ流の“ムチ”だ。ピッチ外では冗談ばかりの陽気なメキシカンも、練習中は「バババ(行け)」
      「べべべ(見ろ)」。絶えずスペイン語で大声の指示が飛ぶ。

      直接、カミナリを落とされた長友も「あれは監督のコミュニケーションの一つ。(監督が)怒ってるとは思ってない。心配しないでください」
      と理解を示した。メリハリが利いていた。

      この日は初めて戦術練習を公開。287人の一般ファンが見守る中、ウルグアイ戦で2失点を喫した守備の整備に力を注いだ。
      最終ラインには「相手がペナルティーエリアに入って来るまではエリアに入るな。持ちこたえろ」と通告。

      アギーレ監督の鬼の一面を見せられたDF陣は神妙な面持ちで指示に聞き入った。
      初勝利を目指すベネズエラ戦に向け、徐々にアギーレイズムが注入されてきた。

      2014年9月8日 05:30
      http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/09/08/kiji/K20140908008891030.html


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1410124643
      続きを読む

      どこよりも早い採点 日本 0-2 ウルグアイ


      1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2014/09/05(金) 23:12:46.01 ID:???0.net
      日本対ウルグアイ。新スタイルの意図は見えたが、攻守で課題。チームレベルとしてもゼロからのスタート【どこよりも早い採点】

      フットボールチャンネル 9月5日(金)21時22分配信

      意図を見えたが攻守に噛み合わず

      川島永嗣  4.5 失点シーンはノーチャンスか。
      吉田麻也  5  W杯の時よりは安定感が増した。
      長友佑都  5.5 変わらぬ突破力と運動量。
      森重真人  4.5 まずまずだったが、全体の運動量が落ちたときにもっと踏ん張りが必要。
      酒井宏樹  4.5 得意のクロスをあまり発揮できず。
      坂井達弥  2  失点につながる致命的なミス。試合勘のない選手をなぜ突然招集したのか。
      細貝萌   5  守備面では高い貢献も、この位置では攻撃面、特に組み立てでもっと高いレベルが求められる。
      田中順也  5  悪くはなかったがもっと中央を攻める意識があっても良かった。
      本田圭佑  5  守備では奮闘したが攻撃では孤立。特に右サイドだった前半。ボールの集まるポジションでなければ良さは活きない。
      岡崎慎司  5  岡崎らしさはあった。だが、彼が組み立て役では攻撃の広がりが少ない。なぜCKのキッカーだったのか。
      皆川佑介  5.5 決定機は外したが体の強さは見られた。ただ、これでは合格点とは言えないだろう。

      武藤嘉紀  5  最初は少し緊張して消極的だったが、徐々に攻撃に絡む。惜しいシュートも。
      柿谷曜一朗 4.5 インパクト残せず。
      酒井高徳  −  出場時間短く採点不可。
      森岡亮太  −  出場時間短く採点不可。

      アギーレ  5  新たなメンバー、フォーメーションでゼロからのスタートであることを改めて
      示した。ポゼッションの意図も激しい守備の意図も見えた。ただ、良く言えばバランス、悪く言えばどっちつかず。まだストロングポイントは見えない。

      植田路生

      http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140905-00010014-footballc-socc


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1409926366
      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング
      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ