サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      南野拓実(19歳)を飛び級でA代表招集へ、五輪・U19と史上初の“3世代”兼任か


      1 :れいおφ ★@\(^o^)/:2014/10/16(木) 09:59:55.64 ID:???0.net
       アジア杯(15年1月、オーストラリア)のメンバー選考に向けて年内最後の代表戦となる11月の
      親善試合2試合で、U―19日本代表FW南野拓実(19=C大阪)がA代表に招集される可能性
      が高まった。

      0―4と惨敗したブラジル戦から一夜明けた15日、日本協会の霜田正浩技術委員長(47)は
      11月14日のホンジュラス戦(豊田ス)と同18日のオーストラリア戦(ヤンマー)に関して若手抜てきを示唆。
      日本代表はブラジル戦後に解散し、国内組は15日に羽田空港着の航空機で帰国した。

      屈辱の敗戦から一夜明け、霜田技術委員長と手倉森ヘッドコーチ兼U―21代表監督は
      シンガポールからミャンマーへと飛び立った。
      目的はU―19アジア選手権で1次リーグを突破し、4大会ぶりのU―20W杯出場に王手を
      かけたU―19日本代表の視察。17日に北朝鮮との準々決勝を控えるチームでお目当ては当然エースの南野だ。
      原専務理事もこの日、急きょ別便でミャンマーへ向かった。

      11月の親善試合2試合はアギーレジャパン発足後、初めて同じ時期にU―21とU―19と
      いう年代別代表の活動がなく、霜田委員長は「全世代が(招集の)対象」と話した。
      協会関係者によると前夜のブラジル戦後にアギーレ監督らとスタッフ会議を開催。
      今後「A代表と年代別代表を兼任する可能性がある選手の情報や招集方針について話し合った」。
      リオデジャネイロ五輪を目指すU―21世代ではDF植田らがいるが、
      U―19世代では、南野に“2階級特進”によるA代表入りの期待が高まる。

      スピードに乗ったドリブル突破や正確なシュート力が持ち味の南野は、
      19歳ながら4月にザックジャパンの代表候補合宿に招集された。
      W杯ブラジル大会でも予備登録メンバーに入り、開催中のU―19アジア選手権では3戦3得点。
      8強入りへ勝利が絶対条件だった韓国との1次リーグ最終戦(13日)で全2得点と勝負強さも備える。
      アギーレジャパンはここまで4戦3得点で1点はオウンゴール。
      南野は個人技でもゴール前に迫る能力を備え、決定力不足に悩むA代表にとっては新たなオプションになり得る。

      アギーレ監督は就任から4試合で30人の選手を招集し、25選手を起用。
      ブラジル戦でさえ森岡や小林を先発に抜てきしてアジア杯メンバー選考の場に活用するなど大胆な手法で
      絞り込みを進めている。アジア杯に向けた最後の2試合では全世代シャッフルのサバイバルレースで
      連覇に向けた最強メンバーを見極める。

      http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/10/16/kiji/K20141016009109120.html

      U−19南野をアギーレ監督が抜てき!? 五輪、U−20と史上初の兼任も
      http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2014101602000188.html
      U19エース・南野、あるぞ3世代代表!
      http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20141015-OHT1T50412.html
      南野3世代掛け持ち A代表が招集検討
      http://www.daily.co.jp/soccer/2014/10/16/0007421446.shtml
      アギーレ監督、次は“3世代掛け持ち”19歳・南野を呼ぶ!
      http://www.sanspo.com/soccer/news/20141016/jpn14101605020007-n1.html


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413421195
      続きを読む

      セルジオ越後氏「日本人だけでは限界」「協会は傲慢」「外国人をなぜ帰化させないのか不思議だ」★2


      1 :まさと ◆RHASHorGAg @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/:2014/10/16(木) 00:29:20.23 ID:???0.net
      セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」

      日本人選手だけでは限界

      [2014年10月15日9時33分 紙面から]

      <国際親善試合:日本0−4ブラジル>◇14日◇シンガポール国立競技場

       まるで大人と高校生がプレーしているようだった。あの悪いグラウンドでもブラジルはきれいなサッカーができ、
      設備だけ恵まれている日本は何もできなかった。
      こういう強い相手とアウェーの厳しい環境で試合をやると、本当の実力が分かるからいいよね。

       いつから日本は世界の一流サッカー国になったのだろう。
      ブンデスリーガの得点王も、セリエAで4ゴールを記録している選手も、代表では何もできない。
      武藤は若くてスピードはあるけどプレーのレパートリーはないし、柴崎も強い相手に圧力をかけられると良さを発揮できない。
      本当は世界との差は縮まってないし、むしろ広がっている。

       こういう現状を見て、協会はお金のかけどころを考えなければならない。
      監督を代えてどうなる問題でもない。
      W杯ブラジル大会では日本国籍を取得した元外国人選手が1人もいなかった。
      これこそ協会が「日本は世界レベル」と傲慢(ごうまん)になっている証拠だ。

       お金をかけて国籍を取得させることは世界のどこでもやっている。
      日本だってラモスや三都主、闘莉王を加えてきた。
      もう日本人だけで大丈夫? それが勘違い。
      確かに興行は大事だ。
      ベネズエラやジャマイカとやって武藤をスターに仕立て、お金をもうけるのは大事だ。
      だが、そのお金をどう使うか。
      短期的にチームを強くしたければ、外国人に国籍を取得させることをなぜ考えないのか不思議だ。(日刊スポーツ評論家)
      http://www.nikkansports.com/soccer/column/sergio/news/p-cl-tp0-20141015-1382168.html

      前スレ(★1 2014/10/15(水) 22:21:44.66)
      http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413379304/


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413386960
      続きを読む

      4-3-3の“アギーレシステム”早くも限界か


      1 :Egg ★@\(^o^)/:2014/10/15(水) 17:19:23.40 ID:???i.net
       サッカー日本代表は14日、シンガポールでブラジルと対戦し、0―4と惨敗。FWネイマール(22=バルセロナ)に4ゴールを奪われる屈辱を味わった。

       この日のブラジル戦をはじめ、アギーレ監督の就任後4試合で試された4―3―3システムは全く機能していない。選手の間でも「いろんなことを考えてやっていかないといけない」との声が上がる。

      実際、この日もFW岡崎は「自分たちで話をして、ある程度引いていこうと」とイレブンの判断で戦術を微調整したとし「今のやり方でやるなら、もっと徹底的にやらないと」と納得していない様子だった。

       それはエース本田も痛感している。日本人選手になじまない4―3―3には「それを話すと長くなる」と含みを持たせたうえで持論を展開した。

      「まずは中盤の3枚が逆三角形になっているということは、攻撃陣とボランチの1枚が人数を一人ひとり多くしてポゼッションできる。そこはメリットとしてはある。ただ、それを今は生かしきれていない。

      本当に強いチームはこのシステムでやった場合、後ろはゆっくり回す。そのうえで、できるだけ多くのチャンスを作っていく。そういう感じなんじゃないかなと思う」

       このシステムでは中盤を構成する3人に攻守両面の高い能力と並外れた運動量が求められる。ただし、現段階ではその4―3―3で効果的な動きをできる選手はおらず、そうなると中盤で全くゲームメークできず“空白地帯”が現れる。

      そうした弱点が、ブラジルのような強豪相手だと露呈してしまうのだ。

       本田は自らが中盤に入るシステム変更について「ちょっと整理は必要だとは思いますが、変えるつもりはないと思っている」と言いつつも歯切れが悪く「今のところはね」と付け加えた。“アギーレシステム”は早くも限界を迎えているかもしれない。

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141015-00000025-tospoweb-socc


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413361163
      続きを読む

      アギーレ監督 “無謀采配” 個の能力差が大きく、もの差しすら違う格上との一戦が、選考の場にふさわしいのかも疑問


      1 :Egg ★@\(^o^)/:2014/10/15(水) 14:02:55.48 ID:???0.net
      ◇国際親善試合 日本0―4ブラジル(2014年10月14日 シンガポール)

       日本代表は14日、シンガポールでブラジル代表と親善試合を行い、0―4で大敗した。

      就任4戦目となったハビエル・アギーレ監督(55)は10日のジャマイカ戦から先発6人を変更。
      FW本田圭佑(28=ACミラン)を約1年ぶりにベンチスタートさせるなど国際経験の浅いメンバー中心で臨んだ。

      来年1月のアジア杯に向けた選考と位置付けたが、あまりにも無謀な采配。世界との差を見せつけられ、叩きのめされた。

      みけんにしわを寄せ、何度も首を振った。アギーレ監督の目の前で繰り広げられたのは相手FWネイマールのゴールショーだ。
      後半3分、柴崎のトラップミスは簡単に相手チャンスに変わった。会見で「選手は最後まで戦ったが、
      2失点目のダメージが大き過ぎた。チームが崩れてしまった」と3度もその場面を指摘した。

       だがそれ以前に戦い方に問題はなかったか。「アジア杯のメンバー選考のために使ったが、
      相手は何度も世界チャンピオンになっているブラジルだった」。言うまでもなく、力の差は火を見るより明らかだった。

       予告通り、ジャマイカ戦から先発を6人も入れ替えた。だがブラジル相手に小林、田口、森岡という初先発を3人も含んだ編成は無謀だった。

      「選手のキャラクターを見たかった。だが両チームの違いは選手の若さ。若いJリーグの選手を7人起用したが、
      2失点目で自信を失ったとも考えられる」。まるで人ごとのようだった。プラス材料を見つけるのは難しい内容だった。

       ブラジル戦はあくまで来年1月のアジア杯に向けた選手選考の場と位置づけていた。

      「逆境の中で試合を見ることができたのは重要。たくさんの結論を見つけることができた」と言う。
      試合後、既にアジア杯メンバーに当確の選手がいることも示唆した。だが個の能力差が大きく、
      もの差しすら違う格上との一戦が、選考の場にふさわしいのかも疑問は残る。

      指揮官はメキシコ代表監督時代の01年南米選手権でブラジル撃破の実績を持つ。
      後半、本田、武藤、細貝らを投入したが、前線でキープできない時間が続き攻撃も散発。
      効果的な采配もできなかった。試合前の円陣で
      「ブラジルに勝てば我々は有名になれる。有名になろう」と鼓舞したが、逆の意味でインパクトを残してしまった。

      「ビッグチーム相手にミスを犯してはいけないという教訓を得た」。
      それは戦前から分かり切っていること。アジア杯まで残された試合は11月のホンジュラス戦、オーストラリア戦のみ。
      9月の2試合で4失点した守備、ジャマイカ戦でシュート20本を放ちながらO・Gの1点に終わった得点力

      ――惨敗のブラジル戦から課題を解消する糸口は見えなかった。

      10月15日(水)7時1分配信
      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141015-00000023-spnannex-socc


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413349375
      続きを読む

      ブラジル名物記者「川島はブラジルで笑いの種。反応が遅く、常に躊躇」・・・武藤には好印象「常にチャレンジしていた」


      1 :れいおφ ★@\(^o^)/:2014/10/15(水) 11:21:11.04 ID:???0.net
      川島はブラジルで笑いの種。反応が遅く、常に躊躇

      日本代表は14日、シンガポールのナショナル・スタジアムでブラジルと対戦。
      FWネイマールに4得点を決められて0-4と完敗を喫した。

      この試合について、著名なブラジル人ジャーナリストで
      英紙『ガーディアン』にも寄稿しているフェルナンド・ドゥアルテ氏に戦評を書いてもらった。

      ブラジルは良い試合をしたが、このスコアは日本選手の精神的な脆さが原因だ。
      選手の精神的強さは“アイスキャンディー”のように気まぐれなものだ。

      以前、私はジーコ氏と日本人選手について話をしたことがある。
      彼は「日本の選手はイライラすると精神的に非常に脆くなる」と語った。

      さて、この試合を見ると、私は彼の言っていた意味を完璧に理解することが出来た。
      日本の選手たちは90分を通して怯えているように見えた。
      彼らは、より懸命に働く必要がある。

      選手個々について、私が話をすることは難しい。
      しかし、川島永嗣はブラジルでは笑いの種となるだろう。彼のプレーには実に失望した。
      彼は反応が遅く、常に躊躇しているように見えた。

      武藤には好印象「常にチャレンジしていた」

      本田圭佑も同様に何も出来なかったが、彼1人を非難することは出来ない。
      なぜなら、チーム全体が酷かったからだ。あのような状況でピッチに投入されて何が出来るというのか? 
      他の誰でもチームを救うことなど無理だ。

      この試合で良いパフォーマンスをした日本の選手を挙げるのは実に困難な作業だ。
      それでも、1人推すのであれば武藤嘉紀だと言うだろう。少なくとも、彼はチャレンジしていた。

      結論として、ネイマールとブラジル(日本以外)にとって素晴らしい夜となった。
      日本人選手のナイーブ過ぎる心が、この試合を実に簡単なものとした。

      フェルナンド・ドゥアルテ
      ブラジルの大手ニュースサイト『UOL』の欧州サッカー通信員。で
      英メディア『ガーディアン』や『ESPN.com』にも寄稿。
      10年間ブラジル代表を追い続け、2度のW杯を取材している。
      ツイッターアカウントは@Fernando_Duarte

      http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141015-00010005-footballc-socc


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413339671
      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング








      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ