サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      “大阪第3のクラブ”FC大阪、今季最多6発大勝!ジュニーニョがハットトリック

      “大阪第3のクラブ”FC大阪、今季最多6発大勝!ジュニーニョがハットトリック
      情報元 : “大阪第3のクラブ”FC大阪、今季最多6発大勝!ジュニーニョがハットトリック
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000121-dal-socc

       「JFL、マルヤス岡崎1-6FC大阪」(19日、名古屋市港サッカー場)
       サッカーJFL第2ステージ第5節が行われ、大阪から3番目のJリーグ入りを目指すFC大阪はアウェーで、6-1でマルヤス岡崎に大勝した。【写真】FC大阪移籍後初出場のMF井手口 G大阪の井手口陽介の兄 FC大阪は7月30日以来のリーグ戦をアウェーで迎えた。ここ3試合勝てていないFC大阪は前節からフォーメーションを変えて挑むと、これがはまり、一方的な試合展開となる。まずは11分、MFジュニーニョが蹴ったCKをMF田中が頭で合わせ、最後はMF川西が決めて先制。17分には相手ボールのこぼれ球を拾ったジュニーニョがペナルティーエリア外からミドルシュートを決めた。続く26分にはジュニーニョがPKをしっかりと決めて3点差で前半を終えた。
       後半2分にはジュニーニョがFKを直接マルヤスゴールに叩き込む。これでジュニーニョはハットトリックを達成。4点差となっても攻撃の手を緩めず、後半20分にはFC大阪移籍後初出場となるMF井手口の縦パスを田中がゴールに流し込み5-0。21分にマルヤスに1点を返されたが、後半ロスタイムにMF刈谷がダメ押しとなるゴールを決めて試合終了。FC大阪は6-1の今季最多得点で、第2S第1節以来の勝点3を手に入れた。
       FC大阪は、次節27日にホームのJ-GREEN堺メインフィールドでヴィアティン三重と対戦する。

      本田圭佑、テロ事件受け哀悼の意「僕の心はバルセロナの全ての人々と共にある」

      本田圭佑、テロ事件受け哀悼の意「僕の心はバルセロナの全ての人々と共にある」
      1 :THE FURYφ ★@\(^o^)/ :2017/08/18(金) 10:32:55.51 ID:CAP_USER9.net
      メキシコ1部のパチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が、現地時間17日にバルセロナで発生したテロ事件の犠牲者に対する
      哀悼のメッセージを、自身のツイッターに掲載した。

      テロ事件は現地時間17日、観光客が多く集まるバルセロナ中心部のカタルーニャ広場近くで発生。白いバンが歩道に突っ込み、
      多くの人々を跳ね飛ばした。現時点で13人が死亡し100人以上負傷したことが確認されている。

      この一報を知った本田は、自身のツイッターに「バルセロナのために祈ります。僕の心はバルセロナの全ての人々と、特に影響を
      受けた家族とともにあります。このような犯罪行為が再び起こらないことを願っています」とコメントしている。

      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170818-00226764-footballc-socc

      続きを読む

      <J2松本山雅>J1アルビレックス新潟FW鈴木武蔵を期限付き移籍で獲得!3年ぶりのJ1昇格への切り札だ!

      <J2松本山雅>J1アルビレックス新潟FW鈴木武蔵を期限付き移籍で獲得!3年ぶりのJ1昇格への切り札だ!
      1 :Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/17(木) 06:45:14.50 ID:CAP_USER9.net
      J2松本がJ1新潟からリオ五輪代表FW鈴木武蔵(23)を今季終了までの期限付き移籍で獲得することが16日、決定的になった。松本は3年ぶりのJ1昇格へ最後の切り札としてリストアップし、この日までに合意へこぎつけた。

       7月にはかつて甲府や鹿島で活躍し、無所属だったブラジル人FWダヴィを獲得した松本が、さらなる戦力補強に踏み切った。今夏の移籍期間は18日まで。だが選手登録の手続きを考慮すると、実質的にこの日がリミットだった。現在8位で、J1昇格プレーオフ圏内の6位・東京Vとは勝ち点1差。激しさを増す昇格争いへ、守備ではなく攻撃に補強ポイントを置いた。

       鈴木は今季、J1で17試合1得点。昨季はリオ五輪のバックアップメンバーから大会直前に本大会メンバーに入り、初戦のナイジェリア戦では途中出場でゴールを決めるなど2試合出場1得点だった。今季は5月14日の浦和戦(デンカS)でゴールを決めたものの呂比須ワグナー新監督の体制では先発に定着できず、出場機会を求めての移籍となる。

       松本は反町康治監督(53)が自身最長となる6年目。昨季は7月末から16戦負けなしと驚異の追い上げで3位に入ったが、プレーオフ準決勝で岡山に屈し、悔し涙を流した。快足ストライカーの獲得で巻き返しを図る。

       ◆鈴木 武蔵(すずき・むさし)1994年2月11日、ジャマイカ生まれ。23歳。ジャマイカ人の父と日本人の母の間に生まれ、幼少期に来日。桐生第一高から2012年に新潟へ加入。同年5月の磐田戦でデビューし、13年5月の川崎戦で初得点。15年8月、J2水戸に期限付き移籍し、16年に新潟へ復帰。J1通算97試合7得点。J2通算6試合2得点。J3通算3試合無得点。185センチ、75キロ。既婚。

      8/17(木) 4:07配信 スポーツ報知
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000039-sph-socc

      写真


      続きを読む

      ヴィッセル神戸ネルシーニョ監督解任へ…大補強も実らず三木谷会長決断

      ヴィッセル神戸ネルシーニョ監督解任へ…大補強も実らず三木谷会長決断
      1 :首しめ坂 ★@\(^o^)/:2017/08/16(水) 04:55:55.60 ID:CAP_USER9.net
      【神戸】ネルシーニョ監督解任へ…大補強も実らず三木谷会長決断
      2017年8月16日4時30分 スポーツ報知

      J1で11位と不振の神戸がネルシーニョ監督(67)を解任することが15日、分かった。16日に発表される予定。
      後任は未定で、吉田孝行ヘッドコーチ(40)が16日から暫定的に指揮を執る。
      今後は欧州人監督を中心に人選を進めるとみられる。今季J1での監督交代は鹿島、浦和などに続いて6例目となった。

      13日のF東京戦(味スタ)で今季3度目の3連敗を喫した神戸が、ネルシーニョ監督の解任を決めた。
      関係者は「チーム全体の規律をつくってきた監督だが、それが崩れ始めている。同じ戦い方でやられている。
      ズルズル行き過ぎて、歯止めが利かない状態」と指摘。
      この日までに三木谷浩史会長(52)らクラブ幹部が総合的に判断し、吉田ヘッドコーチが暫定的に指揮を執ることが決まった。

      ネルシーニョ体制3年目の今季は初のリーグ制覇を目標に掲げて、オフに元日本代表クラスを積極的に補強した。
      開幕4連勝を飾り、J1第3節から第6節までは首位に立った。
      だが、昨季得点王のFWレアンドロ(32)が2月25日の清水との開幕戦で全治約6か月の重傷を負うなどけが人が続出した。

      得点力不足を解消するため、今夏に元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)と元日本代表FWハーフナー・マイク(30)を補強した。
      ポドルスキはJ1デビューした7月29日の大宮戦(ノエスタ)で2得点を決めたものの、その後は3試合連続で無得点。
      2試合続けて試合後の取材に応じず、スター選手らしからぬ振る舞いが目立ってきた。
      ネルシーニョ監督は4試合連続で2014年ブラジルW杯優勝メンバーを先発で起用したが、
      1勝3敗と結果に表れず、皮肉にも解任につながった。

      ルヴァン杯は8強、天皇杯は16強入りを決めているが、リーグ戦は最近10試合で3勝7敗。
      アジア・チャンピオンズリーグ出場圏の3位・横浜Mとは勝ち点14差で、J2降格圏の16位・大宮とは勝ち点10差。
      5年ぶりに降格する危機も迫ってきた。今後は欧州人監督を中心に新監督を探すことになりそうだが、
      初のタイトル獲得を目指す神戸が苦境に立たされた。

      解任が決定的となった神戸・ネルシーニョ監督

      http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170815-OHT1T50156.html

      続きを読む

      アトレティコ、ジエゴ・コスタ再獲得を願うも...選手とチェルシーの関係改善望む

      アトレティコ、ジエゴ・コスタ再獲得を願うも...選手とチェルシーの関係改善望む
      情報元 : アトレティコ、ジエゴ・コスタ再獲得を願うも...選手とチェルシーの関係改善望む
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00000033-goal-socc

      チェルシーFWジエゴ・コスタ獲得に動いているアトレティコ・マドリーだが、焦って補強を敢行する必要はないと考えている。
      アトレティコがD・コスタを狙っているのは周知の事実だ。しかし同クラブは、第一に選手とチェルシーの関係改善を望んでいるとみられる。
      今夏の移籍を希望するD・コスタは、チェルシーのプレシーズンに合流していない。だがアントニオ・コンテ監督はD・コスタの去就が明確になるまでリザーブチームで練習を続けることを求めている。
      お互いに意見を聞き入れない両者は現在“冷戦”状態に陥っている。FIFAの処分で今夏の選手登録を禁じられているアトレティコは、D・コスタとチェルシーの関係改善が優先されるべきと考え、1月まで獲得を先延ばしにする可能性も考慮しているようだ。
      記事検索
      アクセスランキング
      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ