サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      香川や柿谷や宇佐美には無い、武藤の守備力。サイドバックやセンターバックもこなし奪い取る力に長けており推進力もある。


      1 :真っ赤なキャベツ ★@\(^o^)/:2014/09/11(木) 04:47:37.10 ID:???0.net
       話は今から4年半前、武藤がFC東京U−18に所属していた2010年1月にさかのぼる。
      FC東京U−18は3ヶ月後に高校3年生となる武藤らを中心にした新チームで、メキシコ
      遠征に臨んでいた。
       もともとサイドアタッカーやFWとしてプレイしてきたが、高校2年のときはサイドバック
      として、1学年上のチームでレギュラーを務めていた。そして、いよいよ最上級生になる
      ため、本来の攻撃的なポジションに戻れると思っていたところ、FC東京U−18を率いて
      いた倉又寿雄監督(現日体大監督)から、引き続きサイドバックでプレイするように告げ
      られた。
       武藤には、当時から当たり負けしないフィジカルの強さがあり、奪い取る力に長けてい
      て、ボールを運べる推進力もあった。
       長友佑都や内田篤人をはじめとして、日本人サイドバックはヨーロッパでの評価が高い
      が、Jリーグを見渡せば、サイドバックの人材が決して豊富というわけではない。武藤に
      はサイドバックの資質がある、サイドバックになったほうがプロになりやすいし、プロにな
      ってからも試合に出やすいのではないか――。指揮官には、そんな親心があったのだ。
      守備力を高めるため、武藤をセンターバックとして起用したこともあったというから、どれ
      だけ本気でDFとして育てようとしていたかがうかがえる。

       柿谷曜一朗がいて、これから香川真司や原口元気、宇佐美貴史らも起用されることが
      予想される最激戦区の左ウイング――。だが、武藤嘉紀には彼らにない武器がある。
      http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/2014/09/10/post_726/index3.php


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1410378457
      続きを読む

      マンUに痛手 モイーズ政権下での“損害額”は85億円!?


      1 :Egg ★@\(^o^)/:2014/09/11(木) 01:04:14.81 ID:???0.net
      ウッドワード副会長が株主総会で説明へ

       マンチェスター・ユナイテッドが昨季招聘しながらも成績不振で解雇したデイビッド・モイーズ元監督の政権下での
      “損害額”が総額5000万ポンド(約85億円)に達するという。英地元紙テレグラフが報じている。

      モイーズ監督が指揮を執った11か月間はクラブの財政に多大な損害を与えたようだ。

      マンUのエド・ウッドワード副会長は10日午後1時に株主総会を行い、財政状況などを説明することになるという。

      記事によると、マンUは昨季リーグ7位に終わり、欧州チャンピオンズリーグに出場できなかったことから今季は3500万ポンドの減収が確定したという。
      そして、昨季の順位により、賞金やボーナス額が840万ポンド減。

      さらに解任したモイーズ監督に年間350万ポンドの年俸を支払い、フィル・ネビル氏らモイーズ体制のコーチ陣4人含める違約金は700万ポンドに達するという。
      クラブ側は“暗黒のシーズン”におけるそれらの影響について、株主に詳細な説明を行わなければならないとされている。

      一方で、今季は米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)のブランド「シボレー」のスポンサー料が年5300万ポンドという巨額なものとなったために、
      モイーズ政権の“ダメージ”を補填することが可能になったとも報じられている。

      Soccer Magazine ZONE web 9月9日(火)19時22分配信
      http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140909-00010005-soccermzw-socc

      【サッカー】マンU、昨季の収入が4億2000万ポンド(約720億円)と過去最高額に!ユニホームは全世界で200万枚売れる
      http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1410326093/


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1410365054
      続きを読む

      本田圭佑、ゴールを決めた新人2人について「本田を超えるかはどうでしょうね。抜かれない自信がある。むしろもっと離せる」


      1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2014/09/10(水) 15:07:53.88 ID:???0.net
      本田、武藤&柴崎を祝福も自らの脅威となることは否定「抜かれない自信がある」

      フットボールチャンネル 9月10日(水)7時20分配信

       日本代表は9日、横浜国際総合競技場でハビエル・アギーレ監督の2戦目となる
      ベネズエラ代表戦に臨み、2-2で引き分けた。

       FW本田圭佑(ミラン)は、クラブと代表での役割の違いを問われると「システムも
      ポジションも一緒なので大きくは変わらない」とし、「個人的に求めていることも、
      監督に求められていることも変わらない」と語った。

       さらに、得点を決めたFW武藤嘉紀(FC東京)とMF柴崎岳(鹿島アントラーズ)に
      対しては「どちらにも完全におとりにされた。昔の自分を思い出す」と苦笑いを
      浮かべながらも「当然、勝負なので満足は出来ないけど、彼らにはおめでとうと
      言いたい」と祝福した。

       また、10年南アW杯を目指すチームにおいて、自らが当時の主力選手からポジ
      ションを勝ち取った経緯を踏まえて、この2人が脅威となるかとの質問には
      「“本田を越える”かはどうでしょうね」と述べた。

       そして、「僕はもっと上を見ている。彼らをまだまだ意識していないし、
      意識していないうちは抜かれない自信がある。むしろもっと離せる」と自らへの絶対的な自信を語った。

      フットボールチャンネル編集部
      http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140910-00010004-footballc-socc


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1410329273
      続きを読む

      香川、次節13日の出場濃厚 ドルCEO「現地は凄く盛り上がっている」 ロイスは4週以上離脱


      1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2014/09/10(水) 09:58:55.03 ID:???0.net
      2014.9.10 07:29(1/2ページ)
      香川、次節の出場濃厚!ドルトCEO「現地はすごく盛り上がっている」

       ドルトムントMF香川真司は、ブンデスリーガ次節の出場が濃厚になっている。ハンス=ヨアヒム・
      ヴァツケCEOは、ドイツ『ヴェルト』で「香川に時間を与えなければいけない」と慎重に語り
      ながらも、ドルトムントのプレースタイルをすでに知っていることが「アドバンテージになる」
      との見解を示した。

       7日に行われたEURO2016予選グループD第1節のスコットランド戦で、ドルトムントに
      所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスが負傷。昨シーズン後半戦からクラブで主にトップ下として
      起用されてきたロイスは、4週間以上の離脱になると見られる。

       ロイスとのリンクアップも注目されていた香川だが、2人の連係のお披露目は秋に持ち越される
      ことになった。それでも、香川の古巣復帰戦は13日のフライブルク戦になることがほぼ確実と
      見られている。この一戦でいきなりの先発起用される可能性も高まっている中、ヴァツケCEOは慎重だ。

       「香川には時間を与えなければいけない。土曜日にプレーするかどうかは(ユルゲン・クロップ)
      監督が決める。香川が能力を何も失っていないのは確かだ。彼はイングランドで、実はみんなが
      思っている以上にプレーしていたけど、自信を少し失ったかもしれないね」

       「マンチェスターUでは全体的に彼が想像していたようにうまくいかなかった。我々は、彼が自信を
      つけられるようにしている。ここでは彼は(クラブ内外の歓迎)ムードにも助けられている。ここの
      人々は2年間、彼のことを恋しがったんだ。今、現地はものすごく盛り上がっているよ」

       香川の古巣復帰が発表されてから、通常より遥かに多くの観客がドルトムントの練習場に訪れている。
      ヴァツケCEOは、ファンの気持ちにも理解を示しているようだ。

       「真司は我々が大きな成功を手にした時期の我々の10番(トップ下)を務めていた。みんなの想像力が
      刺激されるのも当然だよ。でも我々は過剰の期待が彼にとってプレッシャーになることは避けたい」

       一方で同CEOは、サッカーのみにおいては香川は馴染むための時間をそれほど必要としないと考えている。

       「(新選手は)我々の特殊なプレースタイルには慣れなければいけない。しかし彼はもうそれを知っている。
      それはアドバンテージになるね」(Goal.com)

      http://www.sanspo.com/soccer/news/20140910/bun14091007290002-n1.html


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1410310735
      続きを読む

      水本にビンタ!アギーレ監督 ミス連発に日本語で「集中!集中!」


      1 :THE FURYφ ★@\(^o^)/:2014/09/10(水) 10:32:14.65 ID:???0.net
      ◇親善試合 日本2―2ベネズエラ(2014年9月9日 日産スタジアム)

      もはや黙っていられなかった。アギーレ監督は通訳に確認してから日本語で叫んだ。「集中!集中!」。
      前半は細貝、柴崎が相手の激しいプレスに屈し、自陣深いエリアでパスミス。後半は水本がPKを献上し、
      GK川島が痛恨のファンブルで2失点を喫した。0―2と惨敗したウルグアイ戦に続き、またもミスの連続で
      初勝利を逃した。

      今後の課題は火を見るよりも明らかだ。「2試合で4失点は多すぎる。ミスは全て決められている。まず、
      より守備を堅くする。ボールを持った時はより早く動く。オプションを与えないといけない」。だが動きを強制、
      規制するつもりはない。「指導したこと以外にも自由にプレーしろ、と伝えている。私はアイデアを与えるだけ。
      それを発展させるのは選手自身だ」と言った。

      ベネズエラ戦では非情な采配も見せた。FWの大迫、柿谷を前半のみで交代。給水する水本の頬を叩き、
      気合を入れ直させた。ミスで敗れたウルグアイ戦後、全員に見せた映像に強烈なメッセージを込めた。
      本田がFKを蹴ろうとした瞬間、ウルグアイの壁が審判の目を盗み、本田に近づくシーンだ。この日の采配にも
      勝利への異常な執念を感じさせた。

      アギーレ監督は11月までを来年1月のアジア杯に向けた選考と位置づけている。この2試合でも18人を
      起用した。「次のリストを見れば誰が良くて良くなかったか分かる」と早くも“合否”の線引きは始まった。
      「ミスの責任者は私だ。親善試合のミスはむしろ喜んでいる。アジア杯では出ないようにしたい」。
      就任から2戦勝ちなしは02年のジーコ監督以来の屈辱。だが、アギーレ監督の視線には目指すべき道が
      見えている。

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140910-00000070-spnannex-socc


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1410312734
      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング








      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ