サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      契約解除でタイ移籍の元山形GK中村隼がブログ開設 非難も覚悟、しょく罪と覚悟つづる


      1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/12(日) 00:36:06.94 ID:CAP_USER9.net
      スポーツ報知 3/12(日) 0:01配信

      契約解除でタイ移籍の元山形GK中村隼がブログ開設 非難も覚悟、しょく罪と覚悟つづる

      元山形GKの中村隼

       タイ地域リーグ(4部相当)のノンタブリーFCに移籍した元J2山形のGK中村隼(25)が11日、自身のブログを開設した。

       中村は昨年11月に男児のわいせつ動画をインターネット上に公開したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの罪で1日に逮捕、略式起訴され、山形との契約を解除されていた。

       同ブログ内で、自らの行動を謝罪。自らの言葉をネット上に発信することで、非難が寄せられることも覚悟の上でしょく罪と新天地での覚悟をつづっている。「一度失った信頼は簡単に取り戻せるものではないことも理解しています。それでも前に進み続けなくてはいけないと思います」と決意を明かしている。

       中村は高校時代は浦和ユースに所属。U―18(18歳以下)日本代表にも選出された逸材で、2010年に当時J1だった山形へ同ユースから加入した。14年にはJ2の長崎に期限付き移籍しリーグ戦7試合に出場。翌年に山形へ復帰していた。

       ブログのURLはhttp://ameblo.jp/hayatoofficial

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000343-sph-socc


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489246566/l100
      続きを読む

      米国で“クラシコ”初開催! 開幕前のICCでバルサとレアルが激突


      1 :YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/11(土) 12:40:14.11 ID:CAP_USER9.net
      バルセロナとレアル・マドリーが来シーズン開幕前にアメリカで対戦することがわかった。インターナショナル・チャンピオンズ杯(ICC)の公式サイトが発表した。

       2013年からプレシーズンに開催されているICC。昨年はオーストラリアや中国、アメリカなど7か国で開催され、マンチェスター・ユナイテッドやユベントス、バイエルン、アトレティコ・マドリーなど、各リーグの強豪クラブが参加し、年々注目度を増している。

       来シーズン開幕前にもICCが開催される予定で、7月29日にマイアミのハードロック・スタジアムで行われる試合では、バルセロナとレアルが激突。伝統の一戦を初めてアメリカで開催する。なお、過去にスペイン以外で“クラシコ”が行われるのは、ベネズエラで行われた1982年以来のこととなる。

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-01637634-gekisaka-socc


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489203614/l100
      続きを読む

      <レスター戦で退場のナスリを英紙が酷評>完全移籍を狙うセビージャには「考え直したほうがいい」


      1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/03/15(水) 17:45:17.35 ID:CAP_USER9.net
      セビージャの元フランス代表MFサミル・ナスリは今季マンチェスター・シティから期限付き移籍で加入し、セビージャ攻撃陣の中心として君臨している。

      しかし、現地時間14日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦レスターとの敵地第2戦では、FWジェイミー・ヴァーディと小競り合いを起こして退場処分となり、2戦合計2-3で逆転負けの戦犯となったことで英メディアから酷評されている。

       昨季までシティでプレーしていたナスリは、久しぶりにイングランドの地に降り立ったが、ほろ苦い一戦となってしまった。

       レスターに2点を奪われ、合計スコア2-3と逆転された状況で迎えた後半28分だった。ドリブルでボールを運ぶナスリに対し、FWヴァーディが激しくプレスをかけ、背後から手で押すような格好となった。このプレーにナスリが激怒。凄まじい剣幕でヴァーディに詰め寄り、軽い頭突きを見舞った。

       この行為に対し、主審はイエローカードを提示。ナスリは、この試合2度目の警告で退場処分となった。1点を奪えば延長戦に持ち込めたセビージャだったが、

      同33分に得たPKでもMFエンゾンジのシュートがGKシュマイケルに防がれるなど、結局追いつくことができずに敗退が決定。UEFAヨーロッパリーグ3連覇中だったが、今季はCLベスト16という成績で欧州での戦いの幕を閉じることになった。

       その戦犯の一人となったナスリを、英紙「ザ・サン」は次のような辛辣な見出しで酷評している。

      Football ZONE web 3/15(水) 14:10配信
      http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00010010-soccermzw-socc


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489567517/l100
      続きを読む

      ベンゲル監督「私はアーセナルにいたい」 改めて留任希望


      1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/12(日) 11:49:51.43 ID:CAP_USER9.net
      AFP=時事 3/12(日) 11:44配信

      イングランドFAカップ準々決勝、アーセナル対リンカーン・シティ。戦況を見守るアーセナルのアーセン・ベンゲル監督(2017年3月11日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

      【AFP=時事】イングランドFAカップ(FA Cup 2016-17)は11日、準々決勝が行われ、アーセナル(Arsenal)は5-0で5部リンカーン・シティ(Lincoln City)を一蹴。契約延長がまだ決まらないなかで、批判をいったん封じ込める勝利を収めたアーセン・ベンゲル(Arsene Wenger)監督は、改めて留任を希望したものの、具体的にいつまで残るかについては明言しなかった。

      【写真】ベンゲル監督の退任を求めるアーセナルのファン

       ベンゲル体制に不満を抱くアーセナルのファンは、指揮官の退任を求める抗議活動を行っており、7日の欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2016-17)でバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)に屈辱的な大敗を喫したこともあって、本拠地エミレーツ・スタジアム(Emirates Stadium)ではその勢いがさらに強まっていた。

       ベンゲル監督は「私自身に関する質問が最近多くなっているが、私の話ばかりするのはもうやめにしよう。私はこれまでも全力でこのクラブに尽くす姿勢を示してきたし、ここにいる間はその姿勢が変わることはない」と語った。

      「それはいつまでかって?今はわからない。クラブへの強い忠誠は見せてきたし、私はここにいたい。いつも通り、自分の仕事に集中している。仕事の評価はほかの人に任せる」

      「みんなあれこれとしゃべるが、だからといって話す内容が真実とは限らない。われわれはそういったことと付き合いながら、ピッチで結果を残さなくてはならない。話したい人は話せばいいし、われわれは自分の力を見せるだけだ」

      「問題があれば解決に取り組む。私は負けず嫌いだし、これまでも問題の解決には力を入れてきた。そして大きさの差はあれ、問題はいつだって発生する」 【翻訳編集】 AFPBB News

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00000011-jij_afp-socc


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489286991/l100
      続きを読む

      <UEFA-CL>バルセロナの快挙を伝える欧州各国新聞紙の一面!「レジェンド」「カンプ・ノウの奇跡」「歴史的偉業」


      1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/03/10(金) 08:55:30.38 ID:CAP_USER9.net
      現地時間8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndで、バルセロナはパリ・サンジェルマン(PSG)に6-1の勝利を収め、1stレグでの0-4での敗戦からの奇跡的な大逆転を成し遂げた。欧州の新聞各紙は9日の一面でこの快挙を大きく伝えている。

       過去の欧州の大会でも「0-4」というスコアからの逆転が成し遂げられた例は一度もなく、試合前の時点でもバルサの状況は絶望的だと思われていた。2ndレグで3点を奪ったあとPSGに1点を返され、アウェイゴールルールにより「あと3点」が必要となった時点で勝負は決まったかに見えたが、バルサはアディショナルタイムの2得点を含む土壇場の3連続ゴールで劇的に逆転を成功させた。

       バルセロナに本拠地を置くスペイン紙『スポルト』は、「君たちはレジェンドだ」と一面の見出しでバルサの選手たちを称賛。同じくバルセロナの『ムンド・デポルティーボ』も「英雄たち」とタイトルをつけた。マドリードの『マルカ』紙も「歴史に残る6点。とんでもない」と賛辞。だが『アス』紙は「異議ありの逆転劇」と、審判のジャッジが結果に影響したことを強調している。

       イタリアでは、『コッリエレ・デッロ・スポルト』や『トゥットスポルト』がいずれも「レジェンド」との言葉を用いた。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は「クレイジーだ。歴史的偉業」と驚きを伝えている。

       イギリス『ミラー』は「カンプ・ノウの奇跡。サッカー史上最大の逆転劇」、『タイムズ』は「バルセロナが歴史を塗り替える」などと報道。ドイツではボルシア・ドルトムントの勝利を大きく扱いつつ、「メッシと仲間たちの奇跡」(『キッカー』)などバルサの勝利にもやはり関心が寄せられている。

       一方でPSGの母国フランスでは、報道も悲観的なムードに溢れている。『レキップ』は「言葉にできない」、『ル・パリジャン』は「クラッシュ」、『ル・フィガロ』は「バルセロナに辱められたPSG」などと敗者の立場から逆転劇を伝えた。

      フットボールチャンネル 3/9(木) 21:51
      http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170309-00010028-footballc-socc

      写真


      ◇動画スカパー公式ハイライト

      第1戦
      https://youtu.be/klOhkpG7W_A

      第2戦
      https://youtu.be/Kmh0uNA4xH4

      AbemaTVサッカーチャンネル
      https://abema.tv/now-on-air/soccer

      番組表
      https://abema.tv/timetable/channels/soccer

      3月12日(日)20:00 ? 23:00
      BarcaTVバルセロナ vs パリSG(UEFA チャンピオンズリーグ)

      【サッカー】<UEFA-CL>バルセロナ、CL史上初の4点差跳ね返す大逆転突破!ホームでPK2発などでパリSGに6発大勝★4
      http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489069342/


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489103730/l100
      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング
      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ