サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      内田篤人が劇的決勝弾! 初のACL決勝進出を目指す鹿島、序盤に2失点も逆転勝ち

      内田篤人が劇的決勝弾! 初のACL決勝進出を目指す鹿島、序盤に2失点も逆転勝ち
      1 :豆次郎 ★:2018/10/03(水) 21:08:06.12 ID:CAP_USER9.net
      10/3(水) 20:58配信
      内田篤人が劇的決勝弾! 初のACL決勝進出を目指す鹿島、序盤に2失点も逆転勝ち

       AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・準決勝ファーストレグが3日に行われ、鹿島アントラーズと水原三星が対戦した。

       試合は早い時間に動く。2分、水原三星のヨム・ギフンが右CKをニアサイドに蹴り込むと、ゴール前の内田篤人に当たったボールが自陣ゴールラインを割り、オウンゴールとなった。先制した水原三星は直後の6分、高い位置でボールを奪ったデヤン・ダムヤノビッチがそのまま右足のシュートを流し込んで貴重な追加点を奪った。

       ホームで2点を許してしまった鹿島は21分、セルジーニョが右サイドから上げたクロスがオウンゴールを誘発し、1点を返す。さらに終盤の83分、途中出場の西大伍からのラストパスをセルジーニョが流し込み、同点に追いついた。

       このままタイムアップかに思われた後半アディショナルタイム4分、セットプレーのこぼれ球を内田が押し込み、鹿島が土壇場で逆転に成功。2つのアウェイゴールを許したものの、鹿島がファーストレグを3−2で制した。セカンドレグは24日に行われる。

      【スコア】
      鹿島アントラーズ 3−2 水原三星

      【得点者】
      0−1 2分 オウンゴール/内田篤人(水原三星)
      0−2 6分 デヤン・ダムヤノビッチ(水原三星)
      1−2 21分 オウンゴール/チャン・ホイク(鹿島)
      2−2 84分 セルジーニョ(鹿島)
      3−2 90+4分 内田篤人(鹿島)

      【スターティングメンバー】
      鹿島アントラーズ(4−4−2)
      クォン・スンテ;内田篤人、チョン・スンヒョン、犬飼智也、山本脩斗;遠藤康(83分 西大伍)、永木亮太(72分 土居聖真)、三竿健斗、安部裕葵(56分 安西幸輝);セルジーニョ、鈴木優磨

      水原三星(3−4−3)
      シン・ファヨン;ク・ジャリョン、チョ・ソンジン、クァク・グアンソン;チャン・ホイク、エルヴィス・サリッチ、パク・チョンウ、イ・キジェ、イム・サンヒョプ(71分 ハン・ウィグウォン)、デヤン・ダムヤノビッチ、ヨム・ギフン

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00842111-soccerk-socc


      続きを読む

      <ACL準決勝>あわや乱闘騒ぎ!鹿島アントラーズの韓国人GKクォン・スンテ、主審の前で相手に蹴り&頭突き!

      <ACL準決勝>あわや乱闘騒ぎ!鹿島アントラーズの韓国人GKクォン・スンテ、主審の前で相手に蹴り&頭突き!
      1 :Egg ★:2018/10/04(木) 06:24:48.35 ID:CAP_USER9.net
      前半終了間際には両チームがエキサイトし、あわや乱闘となる場面もあった。前半44分、クロスボールのこぼれ球を水原MF廉がシュート。鹿島GK権とDF内田がゴールライン上で防ぎ、ボールがこぼれる。すばやく権が抑えたが、詰めていた水原MF林が遅れて突っかかりファウルとなる。

       これに権が激怒。激しく林に詰め寄り、小競り合いが発生。両軍の選手が集まり、試合が一時ストップした。結局、権と林にはイエローカードが出され、試合が再開となった。

      10/3(水) 20:06配信 ディリースポーツ
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000125-dal-socc

      鹿島の元韓国代表GKクォン・スンテが同胞の水原三星FWイム・サンヒョプと揉み合い



      鹿島アントラーズは3日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝の第1戦、水原三星(韓国)とのホームゲームで、立ち上がりに2失点するも終了間際に元日本代表DF内田篤人が劇的ゴールを決めて3-2と逆転勝利を収めた。この試合で鹿島の元韓国代表GKクォン・スンテが同胞の水原三星FWイム・サンヒョプと揉み合いとなる場面があり、韓国紙「スポーツ東亜」は「蹴り、頭突きと興奮でイエローカード」と報じている。

       試合は前半2分、CKからオウンゴールで鹿島が失点。さらに同6分、左サイドでDF山本脩斗のキックがブロックされると、FWデヤン・ダムヤノビッチに突破されて追加点を許した。反撃に出た鹿島は同21分、MFセルジーニョのクロスにFW鈴木優磨が飛び込み、相手の豪快なオウンゴールを誘発。そして鹿島が1-2と劣勢で迎えた前半44分に、その場面は起きた。

       水原三星が右サイドからクロスを入れると、鹿島ゴール前で競り合いとなった。相手MFヨム・ギフンのシュートをDF内田とGKクォン・スンテがゴールライン上で阻止し、こぼれ球を巡って混戦が生まれる。

       その際にクォン・スンテへのファウルで鹿島ボールの判定となったが、守護神が激高。同じく韓国出身の水原三星FWイム・サンヒョプに対して左足で蹴りを入れると、審判が仲裁に入った瞬間にクォン・スンテが頭突きをお見舞いしている。軽く当たった程度だったが、イム・サンヒョプがピッチに倒れ、両軍一触即発の状況に発展した。

      韓国紙が判定の軽さに疑問 「太ももを蹴った後、審判が見ている前で頭突きしたが…」

       最終的にクォン・スンテに対してイエローカードが提示されて事態は収束し、後半に鹿島が2点を追加して劇的な逆転勝利を収めている。

       韓国紙「スポーツ東亜」は、「鹿島クォン・スンテが興奮した様子を見せた。前半終了間際、クォン・スンテと水原の選手たちの間で衝突があった」と報道。さらに「イム・サンヒョプに蹴り、頭突きと興奮でイエローカード」と伝えた。もっとも判定には疑問を呈しており、「イム・サンヒョプの太ももを一回蹴った後、審判が見ている前で頭突きしたが、イエローカードにとどまった」と処分の軽さに驚いている。

       また韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」も「理解できない非マナープレー」と伝えており、韓国メディアは大きな衝撃を受けたようだ。

      10/3(水) 21:51 フットボールゾーン
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181003-00139000-soccermzw-socc

      写真


      続きを読む

      和製ロナウド矢野隼人の引退後10年。自らの挫折を伝えるS級指導者に。

      和製ロナウド矢野隼人の引退後10年。自らの挫折を伝えるS級指導者に。
      1 :砂漠のマスカレード ★:2018/10/03(水) 07:07:38.43 ID:CAP_USER9.net
      矢野隼人の名を記憶に留めている人はどれほどいるだろうか。

      1998年、帝京の超高校級ストライカーとして注目を集め、全国高校サッカー選手権大会で準優勝。
      1999年、高3で日本サッカー協会強化指定選手(現JFA・Jリーグ特別指定選手)となり、
      ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)でJリーグデビュー。
      2000年、V川崎に加入し、いきなり9番のユニフォームを渡された。

      海外サッカーがいまよりずっと強い憧れとロマンをもって語られていた時代、そこかしこに何人もの和製〇〇が生まれた。
      矢野はその風貌とプレースタイルからブラジル代表の怪物ストライカーであるロナウドに喩えられ、盛んにメディアで取り上げられた。

      ほとんどはうたかたの夢と消え、矢野もまたそのひとりとなる。

      Jリーグ通算11試合0得点。2002年、東京Vで現役引退を決めた矢野が残した足跡のすべてだった。

      「刈谷から全国で通用する選手を」
      以降、矢野の歩みは紆余曲折あった。サッカー界から完全に離れて中古車のセールスマンとなり、2007年JFLのFC刈谷で現役復帰、しかし腰を痛めて2年後に2度目の引退。
      ほぼ同時に立ち上げられた中学生年代の街クラブ、ホペイロ刈谷(現刈谷JY)で指導者の道に入った。

      「一度はサッカーを嫌いになって辞めたんです。だから、未練はありませんでした。
      刈谷で現役復帰し、残念ながらいい結果を残せませんでしたが、この選択に後悔はないですね。
      それまで大人の言葉に従ってサッカー人生を歩んできた僕が、初めて自分で決めたことでしたから。

      己の力で這い上がり、Jリーグの舞台に戻りたかった。今後は育成年代のスペシャリストになるのが目標です。刈谷から全国で通用する選手を育てたい」

      そう語っていた冬の日から、およそ10年の歳月が流れている。

      世代別の常連・山田寛人を育成。

      矢野は地道に経験を重ね、ホペイロ刈谷は技術を磨き、頭を使ってプレーするテクニカルな集団の特色を強めていく。
      「これが、あの身体能力で勝負していた矢野くんのチームなの?」とあからさまに驚かれることもあった。

      そして、その先には大きな才能との邂逅が待っていた。

      「体験会にきた選手のなかで、ひとりだけ別格でした。ファーストタッチを見た瞬間、これはスペシャルだと。
      とにかくボールタッチが柔らかく、顔も上がっている。まるで(ジネディーヌ・)ジダンみたいだと思ったのを憶えています」

      当時11歳、小学6年の山田寛人(現セレッソ大阪)である。山田は刈谷でプレーすることを選び、やがてU-15日本代表を皮切りに年代別代表の常連へと成長していった。

      「寛人はストライカーとしては育てていないんですよ。当時のチームに点を取れる選手がいて、2列目から飛び出すセカンドアタッカーの位置づけ。
      意外性のあるシュートやラストパスなど、豊かなアイデアを発揮していましたね。
      唯一の課題は走れないことだったんですが、攻守における要求の水準を高めることでだんだん走力がついてきて、中3になってからはスピードがぐんと上がった

      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181003-00832019-number-socc
      10/3(水) 7:01配信



      https://www.youtube.com/watch?v=QxqDlLm9Nrw
      第77回全国高校サッカー 東福岡、2年連続優勝

      続きを読む

      グロイター・フュルトが井手口陽介の診断結果を公表…右ひざ十字靭帯断裂で長期離脱へ

      グロイター・フュルトが井手口陽介の診断結果を公表…右ひざ十字靭帯断裂で長期離脱へ
      1 :砂漠のマスカレード ★:2018/10/03(水) 06:38:12.19 ID:CAP_USER9.net
      グロイター・フュルトのMF井手口陽介が膝十字靭帯を損傷して長期離脱を余儀なくされることが分かった。ドイツ『キッカー』などが伝えた。

      9月30日のドレスデン戦に先発で出場した井手口だが、相手選手と接触して29分に右膝を負傷。
      その後プレー不可能となり、交代してピッチから去った。
      そして2日午後、クラブは同選手の診断結果を公表し、右膝の後十字靭帯断裂を負ったことを明らかにした。

      「我々みんながヨウスケのことを思っている。
      彼が重度のケガにより離脱することは残念で、彼がベストの状態に戻れるようにサポートしていく。彼の幸運を祈っている」

      2018年1月にガンバ大阪からリーズ・ユナイテッドに加入した井手口は、直後に当時スペイン2部のクルトゥラル・レオネサにローンで加入。
      今夏にリーズに復帰するも、8月からドイツ2部のグロイター・フュルトに1年間の期限付きで活躍の場を移した。

      デビュー戦でいきなりゴールを挙げるなどドイツでの活躍を期待された中での長期離脱は、
      グロイター・フュルトのみならず、リーズや日本代表にとっても大きな痛手になりそうだ。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000034-goal-socc
      10/3(水) 6:21配信

      続きを読む

      イブラヒモヴィッチが「サンダーボルト・ショット!」直近16戦17発と絶好調

      イブラヒモヴィッチが「サンダーボルト・ショット!」直近16戦17発と絶好調
      1 :久太郎 ★:2018/10/02(火) 13:57:27.01 ID:CAP_USER9.net
      メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(LAギャラクシー)に所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがまた一つ、素晴らしいゴールを記録した。

      先月16日、キャリア500得点目を見事なジャンピングボレーで決めて話題となったイブラヒモヴィッチ。依然として好調を維持しており、9月30日に行われたバンクーバー・ホワイトキャップス戦では2得点を記録した。3−0の勝利に貢献したイブラヒモヴィッチは、この試合でマン・オブ・ザ・マッチを獲得している。

      なかでも、2得点目が豪快だった。58分、イブラヒモヴィッチはポストプレーから味方とワンツー。バイタルエリアに進入すると、ペナルティアーク付近で対面するDFをはずして右足を振り抜く。強烈なシュートがゴール上に突き刺さった。

      このゴールについて、LAギャラクシーの公式Twitterは、「ズラタンによる強烈なサンダーボルト!」と絶賛している。イブラヒモヴィッチは、今シーズンからプレーするLAギャラクシーで20得点を記録。出場した直近の16試合で17得点を挙げている。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00010002-goal-socc

      動画
      https://www.youtube.com/watch?v=IGKkiE_U8tQ

      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング








      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ