サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      ガブリエル・ミリート チリで監督就任、「監督が代わる際に、希望が生まれる」

      ガブリエル・ミリート チリで監督就任、「監督が代わる際に、希望が生まれる」
      情報元 : ガブリエル・ミリート チリで監督就任、「監督が代わる際に、希望が生まれる」
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00010013-sportes-socc

      元アルゼンチン代表ガブリエル・ミリートがCDオヒギンスの監督に就任した。
      14日(月)の記者会見でミリートは抱負を語り、同クラブの脱スランプを実現させると語った。
      「我々は大きな期待を抱えている。私は今の状況から脱し、勝利するという目標を胸にこのクラブに来た」と新監督ミリートは語った。
      CDオヒギンスは2014年のエドゥアルド・ベリッソ監督時代に、アペルトゥーラやスーペルコパ・デ・チレなど、チリのトーナメントで優勝を果たしている。しかしながら、今シーズンのトランシシオン・カップでは、現在第3節時点において最下位である。
      実際、CDオヒギンスはここ3か月にわたり1勝もしていないのだ。このために前監督クリスティアン・アラムは辞任し、代わりに監督に就任したのがガブリエル・ミリートである。
      月曜にミリートは初めてCDオヒギンスの練習に登場した。
      「我々は前に進むということを念頭に努力を続ける。現在足りないのは、チーム形成だ。早くしなければならない、なぜならすでにトーナメントは開始しているからだ。」
      またミリートはここ数年間のチリサッカー界の成長ぶりに関し「そのことが私がチリに来た理由の一つだ」と語っている。
      「主役になること、そしてライバルに容易い試合をさせないこと。最初からだんだんと追い上げていくことだ。選手は勝つために練習をしているので、勝てない時に意気消沈することは避けられない。しかし監督が代わる際に、希望が生まれる。これは大きなアドバンテージだ」と監督は語っている。
      ■デビュー戦を控えて
      ミリートのデビュー戦は今週13日(日)に開催される第4節のエヴァートン戦だ。エヴァートンは現在トランシシオン・カップの首位である。
      監督は次のように語る。
      「首位にいるからと言って、我々は攻撃をひるまない。順位の差はチームの力の差に必ずしも正比例しない。」
      ミリートはCDオヒギンスと2シーズンに亘る契約を結んでいる。
      ここ数年間の間にCDオヒギンスにはベリッソやアラム、ファクンド・サヴァ、ホルヘ・サンパオリ、パブロ・サンチェスといった数々の監督らが就任しては辞任していった。
      一方でミリートにとってCDオヒギンスは、エストゥディアンテスとインデペンディエンテに続く3つ目のクラブである。

      記者が体験!ルーニーが受けた植毛手術とは

      記者が体験!ルーニーが受けた植毛手術とは
      情報元 : 記者が体験!ルーニーが受けた植毛手術とは
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-01872691-nksports-socc

       英ミラー電子版に驚くべき動画が掲載された。「7500ポンド(約111万円)植毛の舞台裏・ミラーサッカー班が、ルーニーが受けた手術がどのようなものか明らかにします」という記事とともに、同サイトのトーマス・ブリストウ記者が実際に植毛手術を受けた映像をアップしたのだ。
       20代前半から髪の生え際が後退しはじめたというブリストウ記者。もともと髪質が細く、なかなか自分好みの髪形にすることもできず、コンプレックスを持っていたという。現在28歳。手遅れになる前になんとかしたいという一心で、マンチェスターにある「ファージョ・ヘア・インスティテュート(FHI)」の門をたたいた。
       実際にルーニーはロンドンにあるクリニックで、3万ポンド(約442万円)の手術を受けたようだが、ブリストウ記者が受けた約111万円の手術も決して安くはない。しかもFHIは、かつてリバプールで活躍した元アイルランド代表MFジェーソン・マカティアの植毛も担当したことがあるというすご腕クリニックだ。
       今回はFHI側がミラー編集部に話をもちかけ(ブリストウ記者は「運命だった」と言っている)、記事で宣伝してもらうことを条件に無償で施術してくれたもようだ。
       植毛と聞くと、襟足あたりの皮膚を髪の毛ごとビリっとはがし、それを前頭部に移植するものだとばかり思っていた。だが今回、この記者が受けたFUEという手術は違っていた。
       顕微鏡のようなもので確認しながら、毛根を1株ごとに丁寧に採取し、それを薄毛の部分に植えていく。なかなか気の遠くなるような作業をしていた。これなら高額な手術になるわけだ。
       それにしても術後のブリストウ記者の表情が、やけに明るい。植毛手術をしてもすぐに頭髪がモジャモジャ生えてくるわけではなく、まだ血のにじんだ頭皮が痛々しい。順調に頭髪が成長してきたことを確認するまでに数カ月を要するという。
       それでも手術前の同記者の自信なさげな弱々しい表情に比べ、術後の充実感たっぷりの顔は何なのだ。それだけ大きなコンプレックスを抱えていたということか。
       欧州サッカー界では植毛がより一般化しているようだ。この記事によると、ルーニーの他にも、チェルシーのコンテ監督、リバプールのクロップ監督、元マンチェスター・ユナイテッドのFWベルバトフらも手術を受けているという。
       ブリストウ記者も頭髪とともに自信を取り戻した。世の薄毛男性の方々も、1度真剣に植毛を考えてみてもいいかもしれない(僕は面倒くさいので結構です)。
       【千葉修宏】(ニッカンスポーツ・コム/サッカーコラム「海外サッカーよもやま話」)

      大塚孔偉がスペイン3部のモラCFに入団決定…19歳の攻撃的MF

      大塚孔偉がスペイン3部のモラCFに入団決定…19歳の攻撃的MF
      情報元 : 大塚孔偉がスペイン3部のモラCFに入団決定…19歳の攻撃的MF
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00627060-soccerk-socc

       MF大塚孔偉が、スペイン3部のモラCFに移籍することが明らかになった。同選手をサポートする、ユーロプラスインターナショナルが発表している。【動画で振り返る】C・ロナウドのCL全105ゴールを見逃すな! 大塚は1997年9月25日生まれの19歳。ポジションは攻撃的MFで、高校時代からスペインへ。スペインユース1部のCFトリバルに所属した。昨年度は、スペイン4部のCDラティーナに所属し、その実績やプレシーズンでの入団テストに参加すると、見事に契約を勝ち取り、ステップアップを果たした。
       モラCFは1977年設立され、スペインカスティージャ・ラ・マンチャ州のモラをホームタウンとし、現在3部(TerceraDivisón)に所属。今シーズンから監督も変わり、新体制として飛躍を目指している。

      パウリーニョ、バルサ移籍実現間近か…広州恒大の指揮官&主将が認める

      パウリーニョ、バルサ移籍実現間近か…広州恒大の指揮官&主将が認める
      情報元 : パウリーニョ、バルサ移籍実現間近か…広州恒大の指揮官&主将が認める
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00626557-soccerk-socc

       広州恒大のブラジル代表MFパウリーニョのバルセロナへの移籍が間も無く実現することとなりそうだ。スペイン紙『アス』が13日付で報じている。
       同日に行われた中国スーパーリーグ第22節の対河南建業戦で招集外となったパウリーニョについて、同クラブの指揮官を務めるルイス・フェリペ・スコラーリ監督が「パウリーニョはとても質の高い選手だ。彼はクラブ、代表の両方にとって重要な選手だよ。彼とサインするためにバルセロナは高額な移籍金を払うことになる。私たちは彼が全力を尽くし、明るい未来を手にすることを願っているよ」と、バルセロナへの移籍が間近であること明言した。
       さらに、過去にチャールトンやセルティックでプレーし、現在は広州恒大でキャプテンを任されている中国代表MF鄭智も「バルセロナへの移籍は彼にとってだけではなく、中国全てのクラブにとっての名誉だ。我々は彼がスペインで全力を尽くし、戦うことを願っているよ」と、世界最高峰のクラブへ移籍する同僚を激励した。
       同紙や、同じくスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』の報道によると、移籍金は4000万ユーロ(約51億円)となり、早ければ14日にはバルセロナへ合流することになるようだ。

      イ・ドングク-ヨム・ギフンらベテランがサッカー韓国代表に再召集

      イ・ドングク-ヨム・ギフンらベテランがサッカー韓国代表に再召集
      情報元 : イ・ドングク-ヨム・ギフンらベテランがサッカー韓国代表に再召集
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000008-wow-socc

      韓国サッカーの運命が決まると言っても過言ではない、重要な2連戦に出場する韓国代表チームのリストが公開された。イ・ドングクの紹介と写真 シン・テヨン新任監督の赴任後、初の代表チームとなるだけに、より関心が集中している中、イ・ドングク(38)-ヨム・ギフン(34)らベテラン選手がチームに再召集された。
       シン監督は14日午前10時、ソウル市内で記者会見を開き、来る31日におこなわれるイラクとの2018ロシアワールドカップ・アジア地区最終予選(9次戦)、そして9月15日のウズベキスタン戦(10次戦)に参加する26人の選手を発表した。
       シン監督は赴任後、約1か月間、現場を行き来しながら「ただ2連戦だけを考えている。2連戦を勝利できる選手たちが必要」としながら、「年齢も関係なく、名前も関係ない。また、プレーしている舞台も重要ではない。勝つことのできる、私が臨むサッカーを構築できる責任者を選ぶ」と断言していた。
       この公言通り、Kリーガーと海外組がミックスされ、かつ若い選手とベテランが共にする新たな韓国代表が完成した。
      記事検索
      アクセスランキング
      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ