サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      <W杯最大のダークホース・アイスランド<>名前が「ソン」だらけの謎…23人中22人も

      <W杯最大のダークホース・アイスランド<>名前が「ソン」だらけの謎…23人中22人も
      1 :Egg ★:2018/06/14(木) 19:57:19.74 ID:CAP_USER9.net
       W杯に初出場するアイスランド(1次リーグD組)は、人口約35万人ながら世界ランキング22位で、ユーロ2016(欧州選手権)では、サッカー母国イングランドを破り、ベスト8という好成績を残した。“おとぎ話”といわれたその躍進が今大会でも期待されるが、サイドストーリーもある。

       シグルドソン、ビャルナソン、フィンボガソン…これは今大会に出場するメンバーの名前だが、実に登録メンバー23人中22人の名前の末尾に「ソン」が付く。唯一の例外であるGKスクラムは、デンマークとのハーフだ。

       この“謎”について駐日アイスランド大使館に問い合わせると、「確かに『ソン』の付く名字の方は多いですが、割合はわかりません。また『ドッティル』という方もたくさんいます」と回答した。

       背景には、アイスランド独特の命名の習慣がある。アイスランド人の男性の多くは、父のファーストネームに息子を意味する「ソン」を付けて、ラストネームにする。前述したチームの司令塔は、ラストネームがシグルドソン、父のファーストネームが「シグルド」というわけ。これによって、登録メンバーのほとんどが末尾に「ソン」が付くのだ。

       ちなみに女性の場合は、娘を意味する「ドッティル」を付けるそうで、大使館が「ドッティルという方も多い」と回答していたのにも納得がいく。2018年3月に行われたサッカー女子のアルガルベ杯のメンバーは、確かに「ドッティル」だらけだった。

       サイドストーリーを持つのは選手だけではない。ハルグリムソン監督はユーロ2016で大躍進に導いたが、当時の肩書はスウェーデン人の名将ラーゲルベック監督との「共同監督」で、しかも歯科医として働きながらの監督業だった。ラーゲルベック監督の下で帝王学を学びながらの躍進だった。今大会では「監督」に“昇格”した。

       そんなハルグリムソン監督、海外メディアによると9日、ロシアに向かう空港で20年分のデータが入ったPCを紛失し、チームの出発が30分遅れる事態に。「選手たちが私を笑える状態だったのは良かった」と深刻ではなかった様子だったが、さぞヒヤリとしたことだろう。最終的には見つかったそうだ。

       アイスランド政府関連のユーチューブチャンネルでは、ヨハンネソン大統領がアイスランド代表のジャージーを着て、ボールを蹴りながら国を挙げての応援を呼びかけている。

      2018年6月14日 17時5分
      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14864091/

      続きを読む

      出番なしの本田、報道陣に無言を貫き、会場を後に パラグアイ戦

      出番なしの本田、報道陣に無言を貫き、会場を後に パラグアイ戦
      1 :シャチ ★ :2018/06/13(水) 13:26:25.47 ID:CAP_USER9.net
      日本代表FW本田圭佑(パチューカ)は12日のロシア・ワールドカップ(W杯)前最後のテストマッチとなった
      パラグアイ戦(4-2)で出番なしに終わった。トップ下のポジションを争うMF香川真司(ドルトムント)が1得点2アシストの活躍を見せたなか、
      背番号4は試合後に無言を貫いた。

       現地時間8日のスイス戦でトップ下として先発した本田。西野朗監督は試合後、「予想以上の動き」と語っていたが、
      ボールロストが多く、決定機を作り出すことができずにチームも敗戦。慣れ親しんだポジションでアピールすることはできなかった。

       そして、パラグアイ戦ではベンチスタートとなり、代わりにライバルの香川が先発出場。MF乾貴士(ベティス)の
      2ゴールをアシストした後、試合終了間際には巧みなダブルタッチからダメ押しの4点目を鮮やかに奪った。

       後半にウォーミングアップしたが出場機会は訪れず、試合後にチボリ・スタディオンで出番のなかった
      メンバーとともに練習を行った本田。ミックスゾーンに登場するも、報道陣に無言を貫き、会場を後にした。

       今年3月の欧州遠征で半年ぶりに代表復帰を果たした本田。3大会連続となるW杯メンバーに名を連ねたが、
      ライバル香川の活躍で再び厳しいポジション争いを強いられている。


      6/13(水) 2:15配信 Football ZONE web
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180613-00110717-soccermzw-socc

      ★1 2018/06/13(水) 02:32:05.01
      http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528856619/

      続きを読む

      【サッカーW杯】本田ジャパンついに内紛!香川長友が本田に叛旗 一方、本田は余裕の笑み

      【サッカーW杯】本田ジャパンついに内紛!香川長友が本田に叛旗 一方、本田は余裕の笑み
      1 :名無しさん@涙目です。:2018/06/11(月) 13:48:49.40 ID:I3gEeBtY0.net ?PLT(15000)

      東スポ本日一面より
      詳細は明日WEB版にて

      ついに逆風が吹き始めた。本田は8日のスイス戦でトップ下でスタメン起用され
      完全復権が期待されたものの、動きは重く決定力を欠いたミスを連発。
      こうした状況を受けて、イレブンからはチームリーダーだった本田に対する不満が噴出した。
      https://www.tokyo-sports.co.jp/
      その筆頭が本田とトップ下のポジションを争う香川だ。
      「もうちょっとチームとして・・・サコ(大迫)が孤立してたんでね。もう少しトップ下が
      高い位置を取っていかないといけない。相手にプレッシャーを与えないと。」

      0-2で完敗した原因はトップ下を努めた本田にあると言わんばかりのコメント。
      一方、本田と長年の盟友関係にある長友もそのパフォーマンスに苦言を呈した。
      「圭佑なんかまだまだ走らないといけないし、もっとミスを減らし得点に絡まないと
      チームは勝てない。そういう話を圭佑とした。僕自身もそうですが、彼自身が
      パフォーマンスを上げてもらわないと。厳しいことは言っている。
      そんな甘い世界ではない サッカーは。」

                中略

      一方本田は
      本番が目前に迫り、『オレ様モード』を全開にする考えも見せる。
      「エゴを出す必要性もある。エゴで得点が取れちゃってりしてるので。
      バランスを崩したときに上手くいくときもある。むちゃというか
      場面によっては自己中心的なプレーをする。」

      自らの欲望のままにプレーすると開き直った。
      背番号4は「ここからは自信を過信に変えていくフェーズ(段階)だと思っている」
      と不適に笑っていたが

      続きを読む

      逆境を楽しむ香川、批判は「もう言われ切った」

      逆境を楽しむ香川、批判は「もう言われ切った」
      1 :豆次郎 ★:2018/06/11(月) 08:07:50.40 ID:CAP_USER9.net
      6/11(月) 3:28配信
      逆境を楽しむ香川、批判は「もう言われ切った」

       逆境を楽しもうとしている。西野朗監督就任後、2試合連続の無得点で連敗。国際Aマッチ3連敗で18年に入って1分3敗というどん底の状態にある日本代表において、MF香川真司(ドルトムント)自身もまた、負傷明けでコンディションを取り戻している段階だ。

       期待が大きいゆえに日本の背番号10に対する批判の声も多く、それは香川自身の耳にも入っている。だからこそ、「失うものはないので。何を言われようが、チームも個人も、もう言われ切ったと思っている。あとは上に変えていくだけなので。それを選手がどれだけ信じてやれるか。僕はそれを体現したい。前向きだし、楽しみ」と顔を上げる。

       すべては本番での結果だ。8日のスイス戦(0-2)からメンバーを入れ替えて臨む12日のパラグアイ戦(インスブルック)では先発の可能性が高い。ロシアのピッチで4年前の悔しさを晴らすためにも、ここでチームとしての結果はもちろん、個人のアピールも必要になる。

      「選手であるならば、だれもがスタメンを狙うのは当たり前。メンバーが代わるから、うまくいかないこともある。それも想定して粘り強くやりたい。チームが必ず勝てるように、その中で自分がどれだけリスクを背負えるか」

       後半31分から途中出場したスイス戦は、チームとして連動した攻撃を見せられなかった。「チームとして崩す形は今日も練習で確認した」。スイス戦を振り返り、「そのやり方がこの前の試合はうまく分かっていなかったところがあった。そこをもう一度整理してやりたい」と、中3日の短期間での改善を誓う。

      「ボールを持った選手に対して、受け手がどういうタイミングでボールを受けに行くのか。どういうタイミングでサイドバックが連動するのか。スイス戦はスイッチの入れどころがなくて、スピードが上がらなかった。でも、そこは一つの共通意識で変わるところでもある」

       トップ下のポジションをMF本田圭佑と争っている。自分が出れば、どんなプレーをするべきか。そのイメージはできている。「相手の守備が固い中、何かでリズムを変えないといけない。前を向いて仕掛ける時間帯、前に入る時間帯、スピードを上げる時間帯も必要。バイタルエリアにどれだけ自分が入っていくか。それは自分の良さでもある。どれだけそのシチュエーションを増やしていけるか」。本大会前最後のテストマッチ。日本の10番はピッチ上で自分の存在価値を示すつもりだ。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-01654895-gekisaka-socc


      続きを読む

      <長友佑都>「これではW杯勝てない」欧州組が参加した試合で6か月の間勝っていない...

      <長友佑都>「これではW杯勝てない」欧州組が参加した試合で6か月の間勝っていない...
      1 :Egg ★:2018/06/09(土) 10:06:53.08 ID:CAP_USER9.net
      長友には危機感しかなかった。試合終了し、ミックスゾーンに足を運んだ長友は声を振り絞った。「厳しいというのが一言です。これではW杯勝てない。もちろんいいチームですけど、それでももっとやれなければ。この相手でもやれなければW杯は厳しいなと率直に思います」。W杯初戦のコロンビア戦まであと10日。0―2で完敗し、危機感だけが募った。

       前半11分には左サイドでMF本田を追い越し、おとりになった。前半42分の相手のPKシーンではGKがボールをはじいたらすぐさま拾おうとペナルティーエリアの外から全速力でゴールに走った。

      「僕も含めてもっと走れないかなと。ガムシャラにプレッシャーをかけて、はがされても2度追いして、スプリントして…。走れてるのかって言われたら、走ってないんじゃないかって」ともっとガムシャラさを前面に押し出す必要性を話した。

       5年ぶりの3連敗。長友は欧州組が参加した試合で6か月の間勝っていないことを口にした。さらに「相手より走れなかったら、クオリティーで負けてるんだし、勝てない」。これまで2大会W杯を経験し、3度目のW杯を目前としているが、「積み上げてきた自身も一瞬にして失望に変わるのがW杯」。悲壮感を漂わせ、長友は残りの期間で最善の準備をすることを誓った。

      2018年6月9日 7時15分
      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14838105/

      写真


      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング








      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ