サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      “味方を知る”浦和FW武藤がヘディング弾「ヒラさんは駒井とは違う」

      jpg" class="post-img" alt="“味方を知る”浦和FW武藤がヘディング弾「ヒラさんは駒井とは違う」">
      情報元 : “味方を知る”浦和FW武藤がヘディング弾「ヒラさんは駒井とは違う」
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-01643691-gekisaka-socc

      [9.3ルヴァン杯準々決勝第2戦浦和2-2C大阪埼玉]
       出番が巡ってきたのは、2点のビハインドを背負って迎えた後半開始からだった。逆転でのベスト4進出のためには、3点が必要な状況。浦和レッズFW武藤雄樹は、「ゴールを狙ってこい」と堀孝史監督から送り出されてピッチへと向かった。
       すると、いきなり仕事をやってのける。後半3分、右サイドでMF平川忠亮がボールを受けると、「ヒラさん(平川)は駒井(善成)とかと違って仕掛けるというより、シンプルに良いクロスを入れてくれる選手なので、相手の前に入って合わせることをイメージした」とニアサイドにポジションを取る。
       そして、平川が送ったクロスに反応すると、「本当に良いボールをくれた。僕はそらして枠に入れることだけを考えたいた」と巧みにヘディングで合わせてネットに突き刺し、反撃の狼煙を上げるゴールを奪った。
       その後も猛攻をかけて、後半26分にはFW興梠慎三の得点で同点に追い付いたものの、アウェーゴールで下回っているため、勝ち上がるにはあと1点が必要。逆転を狙おうと圧力を強め、「押せ押せの展開になった」が、最後まで3点目は生まれなかった。連覇を狙った大会だったが、準々決勝で姿を消すこととなり、「逆転するチャンスがあったけど、結果につながらなくて残念です」と唇を噛んだ。

      シャビ、スペイン代表でデル・ボスケに覚えた失望を明かす「彼は僕に背いた」

      シャビ、スペイン代表でデル・ボスケに覚えた失望を明かす「彼は僕に背いた」
      情報元 : シャビ、スペイン代表でデル・ボスケに覚えた失望を明かす「彼は僕に背いた」
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00010000-goal-socc

      アル・サッドMFシャビ・エルナンデスが、ビセンテ・デル・ボスケ前スペイン代表監督に失望を覚えていたことを告白した。
      2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)を最後に、スペイン代表からの引退したシャビ。同代表の黄金時代の礎ともされた同選手だが、その黄金時代の終焉ともされたブラジルW杯では、当時の指揮官であったデル・ボスケ監督に対して複雑な思いを抱えたという。
      元バルセロナMFは、スペイン『マルカ』に対して次のようにコメントしている。
      「(スペイン代表が優勝した)EURO2012の時点でも、僕に対する批判はあった。決勝前、僕はプレーの中でもっと重要な役割を担いたいと口にして、デル・ボスケにはもう代表を後にすると伝えた。だけど、あのイタリアとの決勝は、僕のキャリアの中でも最高の一試合となった。そうしてビセンテは、僕に考えを改めて代表に残るよう求めてきたんだ」
      「そしてW杯で、僕たちは初戦を落とした。僕は最悪なプレーを見せた選手に含まれなかったが、次のチリ戦でビセンテは僕をベンチに置いやった。自分が(ベンチスタートとなることを)知ったのは、試合前のミーティングの最後の1秒だった。僕は騙されたように感じたよ。本当に、強烈な失望だった」
      「その次のオーストラリア戦で彼は僕を起用することを望んだが、僕からはプレーできる状態にないと告白した。デル・ボスケは素晴らしい人間で、気の良い人だ。僕は敬ってはいるが、彼は自分に背いたんだよ」
      一方で、ともにEURO2008優勝を成し遂げた故ルイス・アラゴネス氏については、次のように語った。
      「彼は僕のキャリアを変えた人だ。当時の僕はバルサで重要な存在だったが、鍵を握るほどではなかった。でも、彼は最初から僕をリーダーと呼んだ。その背中はとても大きくて、もし僕がミスをしたら、彼のミスとなった。あの人こそ、グループをまとめるマエストロだった」
      一方で、ともにEURO2008優勝を成し遂げた故ルイス・アラゴネス氏については、次のように語った。
      「彼は僕のキャリアを変えた人だ。当時の僕はバルサで重要な存在だったが、鍵を握るほどではなかった。でも、彼は最初から僕をリーダーと呼んだ。その背中はとても大きくて、もし僕がミスをしたら、彼のミスとなった。あの人こそ、グループをまとめるマエストロだった」
      「彼は僕に対してこう言ったんだ。『(スペイン代表のイレブンは)あなたと、誰であってもいい10人の日本人だ。あなたがいさえすれば、私は落ち着いていられる。あなたは役場の仕事をする立場にはない』とね」

      そうですよね…UEFA、パリSGのFFP違反調査開始を発表

      そうですよね…UEFA、パリSGのFFP違反調査開始を発表
      情報元 : そうですよね…UEFA、パリSGのFFP違反調査開始を発表
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-01643638-gekisaka-socc

       欧州サッカー連盟(UEFA)は、パリSGがファイナンシャルフェアプレー(FFP)に抵触した可能性があるとして調査することを発表した。
       制度を無視するかのような大型補強を続けたパリSGに、予想通りUEFAの調査が入ることになった。パリは今夏、バルセロナからブラジル代表FWネイマールを史上最高額の移籍金となる2億2200万ユーロ(約290億円)で獲得。さらにモナコからフランス代表FWキリアン・ムバッペのレンタル加入を発表し、来夏には1億8000万ユーロ(約236億円)で買い取ることになっている。
       この動きにUEFAは即座に反応。「パリSGに対して正式に調査を開始する。この調査は最近成立した移籍が規則通り行われたかどうかをチェックするもの。財政健全化を保つためには重要な調査になると考えている」と声明を出した。
       ネイマールの移籍解除金はネイマールが実費を支払ったことになっているが、パリSGのオーナーであるカタール政府系投資ファンド『QSI』が、ネイマールにカタール大使の役割を与えるとともに、報酬を支給することで肩代わりしたとの見方が強まっている。UEFAの判断に注目が集まる。

      [移籍]ミランの問題児ニアング、トリノ加入で恩師と再開へ「ここに来たかった……」

      [移籍]ミランの問題児ニアング、トリノ加入で恩師と再開へ「ここに来たかった……」
      情報元 : [移籍]ミランの問題児ニアング、トリノ加入で恩師と再開へ「ここに来たかった……」
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-00010001-theworld-socc

      トリノは8月31日、ACミランからフランス人FWエムバイェ・ニアングをレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約内容には買取オプションも組み込まれているとのことだ。
      現在22歳のニアングはカーンの下部組織出身で、2011年4月に16歳ながらプロデビュー。2010-11シーズンの残り全7試合に出場し、3ゴールを記録していた。そして、2012年夏にミランへ移籍。しかし、思うような出場機会を得られず、モンペリエやジェノアへのレンタル移籍を経験した。昨季序盤はチームの主力として活躍したが、練習態度が問題視されたり、徐々にパーフォーマンスを落としたりし、後半戦はワトフォードへ再びレンタル移籍していた。今夏の移籍市場でもいくつかのクラブが興味を示しており、去就に注目が集まっていたが、かつての恩師シニシャ・ミハイロビッチ監督が率いるトリノが獲得した。
      そんなニアングはクラブの公式サイトを通じて「僕はすべてのことに感謝している。トリノでのプレイを望んでいたから嬉しいよ。僕は本当にここへ来たかったんだ。これは非常に重要なこと。ミハイロビッチが、優れた価値を持った監督であるのは周知の事実だし、このユニフォームのためにうまくやりたい」と喜びや意気込みなどを明かしている。
      はたして、ニアングはかつての恩師のもとでさらなる飛躍を遂げることができるのか。
      http://www.theworldmagazine.jp/

      ルーニー 飲酒運転で逮捕、英チェシャー州地元警察が発表

      ルーニー 飲酒運転で逮捕、英チェシャー州地元警察が発表
      情報元 : ルーニー 飲酒運転で逮捕、英チェシャー州地元警察が発表
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170901-00000167-spnannex-socc

       英国チェシャー州の地元警察は1日、プレミアリーグ・エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)を飲酒運転の容疑で逮捕し、起訴したと発表した。
       警察発表によると、ルーニーは同日午前2時過ぎ、マンチェスター郊外ウィルムスローで車を運転していた際に、地元警察に止められた。基準値を超えるアルコールが検出されたため、逮捕された。
       ルーニーは同日に保釈されており、今月18日に裁判所へ出廷する予定。
       地元メディアによると、ルーニーは31日夜にウィルムスロー近郊のアルダリーエッジのバーにいる写真が、地元クリケット選手のインスタグラム上で公開されていた(現在は非公開)という。
      記事検索
      アクセスランキング
      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ