サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      柴崎岳はヘタフェで構想外か…“戦術的な決定”で2試合連続でベンチ外に

       柴崎岳はヘタフェで構想外か…“戦術的な決定”で2試合連続でベンチ外に
      1 :X_ファイル ★:2018/10/01(月) 12:22:33.54 ID:CAP_USER9.net
      日本代表MF柴崎岳は、ヘタフェで構想外となっているのだろうか。スペイン『マルカ』が伝えた。

      2017年にヘタフェへ加入した柴崎。デビューシーズンは負傷離脱期間もありながらリーガ22試合に出場し、一定の出場機会を得ていた。しかし、今季は出番が激減。開幕戦のレアル・マドリー戦はフル出場したものの、その後4試合中3試合で出番がなく、前節アラベス戦はベンチ外となった。

      そんな柴崎だが、1日のセルタ戦の遠征メンバーからも外れたようだ。『マルカ』によると“戦術的な決定”として、マドリードに残ることが決まったという。

      ロシア・ワールドカップでは日本代表躍進の立役者となった柴崎。在籍2年目を迎え、プライベートでは結婚を発表するなど、さらなる飛躍が期待される日本人MFだが、これで2試合連続のベンチ外に。ヘタフェでは構想外になりつつあるようだ。

      今夏には退団を望んでいた柴崎だが、満足するクラブからのオファーがなかったと伝えられている。現在の状況は26歳MFにとって理想的なものではないが、1月の退団も考慮しているのだろうか。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000005-goal-socc

      続きを読む

      <神戸主将ポドルスキ>SNSに謝罪文投稿!浦和に0-4、鹿島に0-5と大量失点で公式戦6連敗に「キャプテンとして謝りたい!!」

      <神戸主将ポドルスキ>SNSに謝罪文投稿!浦和に0-4、鹿島に0-5と大量失点で公式戦6連敗に「キャプテンとして謝りたい!!」
      1 :Egg ★:2018/10/01(月) 11:20:42.21 ID:CAP_USER9.net
      J1ヴィッセル神戸は29日の第28節鹿島アントラーズ戦で0-5と敗れた。今季最多の5失点で公式戦6連敗(リーグ5連敗)を喫するなど大失速しているなか、キャプテンの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが自身の公式インスタグラムで謝罪文を掲載した。

      【写真】「これはすげぇ」と反響! サッカーと野球界の助っ人共演…神戸イニエスタ&阪神ロサリオの“私服2ショット”

       元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが負傷により2試合連続欠場したなか、チームは27節の浦和レッズ戦で0-4と大敗し、続く鹿島戦でも5失点。2戦合計0ゴール9失点と攻守の歯車がかみ合わない状態に陥っている。

       シーズン終盤に最も調子を落としているのが神戸で、現在リーグ10位ながら振り返れば降格圏の16位サガン鳥栖と勝ち点差6。残り6試合の結果次第ではJ2降格もあり得る立場だ。今季からキャプテンを務めるポドルスキは30日にインスタグラムを更新すると、「いま、神戸サポーターを始めチームに関わる全ての人にとって難しい局面を迎えています!」と切り出し、鹿島戦を振り返りながら次のように謝罪した。

      「昨日の試合は本当に申し訳ないとサポーターをはじめ、チームを支えてくれているみんなに、キャプテンとして謝りたい!!」

       チームの苦境に責任を感じているポドルスキは「残りあと6試合、共に立つこと以外になにもない!」とファンに共闘を呼びかけつつ、「最高の応援に感謝」と日頃のサポートに対して思いを綴った。

       返信欄には厳しい言葉も並んだ一方、「共に戦いましょう!」「応援してます」「しっかり声だして勝たせるので力の限り戦って下さい」「頼むで」「どんな状況でも応援してます」とエールも届いている。

       イニエスタの復帰時期は依然として不透明だが、チームが一丸となって苦境から脱することができるだろうか。

      9/30(日) 20:30配信 フットボールゾーン
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00138448-soccermzw-socc

      写真


      【サッカー】<神戸はビッグクラブになれるのか?> 必要なのは代表クラスも迷わず選択するような「格」
      http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538342172/

      続きを読む

      ハリルホジッチ氏、古巣・仏1部ナントの監督就任へ 週明けにも発表と現地報道

       ハリルホジッチ氏、古巣・仏1部ナントの監督就任へ 週明けにも発表と現地報道
      1 :アルテミス@ ★:2018/09/29(土) 20:24:20.16 ID:CAP_USER9.net
      元日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(66)が、フランス1部ナントの監督に就任する可能性が高くなった。

       複数の地元メディアが報道。主要スポーツ紙レキップによると、6月に就任したばかりのミゲル・カルドソ監督(46)は29日のリヨン戦を最後に成績不振のため解任される見通し。後任としてハリルホジッチ氏が就任することが決定的で、早ければ週明けの10月1日に正式発表されるという。

       ハリルホジッチ氏は現役時代の1981〜86にナントでプレーし、2度リーグ得点王に輝くなど活躍。今季開幕7試合で勝ち点5の19位に低迷する古巣を立て直せるか、注目を集めることになりそうだ。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000154-spnannex-socc

      続きを読む

      <イニエスタ不在の神戸>リーグ戦5連敗…ホームで屈辱5失点!新監督リージョ氏がアシスタントコーチとしてベンチ入り

      <イニエスタ不在の神戸>リーグ戦5連敗…ホームで屈辱5失点!新監督リージョ氏がアシスタントコーチとしてベンチ入り
      1 :Egg ★:2018/09/29(土) 20:19:43.51 ID:CAP_USER9.net
       ◇明治安田生命J1リーグ第28節 神戸0―5鹿島(2018年9月29日 ノエスタ)

       前節を0―4で落とした神戸が、今度はホームで0―5という屈辱的なスコアで敗れリーグ戦5連敗を喫した。鹿島を迎えた一戦は、ケガを抱える元スペイン代表MFイニエスタを欠く中、前半30分に右サイドを崩され先制点を献上。後半11分には韓国代表GK金承奎(キムスンギュ)の凡ミスなどもあり、前節浦和戦に続く大量失点となった。

       新監督就任が決まっているファンマヌエル・リージョ氏が、一部就労環境が整ったことからこの試合からアシスタントコーチとしてベンチ入りした。だが、元ドイツ代表FWポドルスキらも不発のまま試合終了。ホームゲームでチケットは完売したが完敗を喫した。

      9/29(土) 18:02配信 スポニチ
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000142-spnannex-socc

      写真


      続きを読む

      <香川真司>途中出場!ドルトムント、圧巻ゴールショー!久保先発のニュルンベルクに7発大勝!

      <香川真司>途中出場!ドルトムント、圧巻ゴールショー!久保先発のニュルンベルクに7発大勝!
      1 :Egg ★:2018/09/27(木) 06:07:32.73 ID:CAP_USER9.net


      9.26 ブンデスリーガ第5節 ドルトムント7-0ニュルンベルク]

       ブンデスリーガ第5節2日目が26日に開催され、MF香川真司が所属するドルトムント(2勝2分)がFW久保裕也が所属するニュルンベルク(1勝2分1敗)と対戦し、7-0の完封勝利を収めた。前節ホッフェンハイム戦で今季初先発を飾った香川はベンチスタートとなったが、後半17分から途中出場。開幕4戦連続先発フル出場中の久保は、この試合でもスターティングメンバーに名を連ねて後半41分までプレーしている。

       前半9分に試合を動かしたのはホームのドルトムントだった。左サイドから切れ込んだMFクリスティアン・プリシッチの巧みな浮き球のパスからPA内に走り込んだFWヤコブ・ブルーン・ラルセンが、飛び出したGKファビアン・ブレドロウよりも先にボールに触れると、鮮やかな軌道を描いたループシュートがネットを揺らしてスコアを1-0とした。

       1点のビハインドを背負ったニュルンベルクは前半14分、CKの流れから右サイドでボールを受けた久保が果敢に右足シュートを狙うも、GKロマン・ビュルキの正面を突いてしまう。すると同32分、FWマキシミリアン・フィリップのパスに走り込んだFWマルコ・ロイスがPA外から放ったシュートが相手選手に当たってコースが変わりながらもネットに突き刺さり、ドルトムントがリードを2点差に広げた。

       2-0とドルトムントがリードしたまま後半を迎えると、同4分にニュルンベルクのCKからドルトムントがカウンターを発動させ、ボールを運んだMFマルコ・ロイスのラストパスからDFアクラフ・ハキミがネットを揺らして3点目。さらに同13分にはラルセンとの鮮やなワンツーからロイスがゴールを陥れ、リードは4点差に広がった。

       すると後半17分にドルトムントベンチが動き、ロイスに代えて香川、MFアクセル・ビツェルに代えてMFユリアン・バイグルが同時にピッチへと送り込まれた。その後は同29分にDFマヌエル・アカンジ、同40分にMFジェイドン・サンチョ、同43分にバイグルがゴールを奪い、ドルトムントが7-0で快勝した。

      9/27(木) 5:22フットボールチャンネル
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-02124255-gekisaka-socc

      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング








      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ