サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      <ACL>1勝につきボーナス5000万円!中国勢の「札束を燃やす」強化策


      1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/03/13(月) 08:19:13.03 ID:CAP_USER9.net
      今週、Jリーグ勢3チームが万里の長城さながらの険しき山場に挑む。

       3月14、15日に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)第3節で、川崎フロンターレは広州恒大、浦和レッズは上海上港とのアウェー戦に臨み、ガンバ大阪は江蘇蘇寧をホームで迎え撃つのだ。

       中国スーパーリーグ(CSL)のクラブはこの冬の移籍市場でも、世界中からスター選手を乱獲した。彼らが投じた移籍金の総額は推定3億9000万ユーロ(約475億円)で、過去最高を記録しただけでなく、イングランド・プレミアリーグ勢の約1.5倍、リーガ・エスパニョーラ勢の約16倍に上る。昨年に続き、この時期に世界で最も多くの移籍金を費やしたのである。

       ただし、その最中に中国政府はCSLクラブのそうした振る舞いを「札束を燃やしているようだ」と警告し、リーグは移籍市場が閉じる前に今季の外国籍選手枠を減らした。それまではリーグ戦に4人の外国籍選手と1人のアジア人選手を起用できたが、現在は3人のみ(登録は4人と1人まで可能)。加えて、23歳以下の中国人選手を先発させねばならなくなった。

      ■上海上港にはフッキとオスカル、カルバーリョが在籍。

       各クラブの経営者たちは、フットボールを愛でる習近平国家主席に取り入るのが主な目的だっただけに、最新の意向を受けてトーンダウン。しかし現場は困惑を隠せず、上海上港のアンドレ・ビラスボアス監督は「新たなルールが急に決まって残念だ。物事には順序があり、ことを急いてはうまくいかない」と愚痴をこぼしている。

       ともあれ、彼らが複数のワールドクラスを保有する強豪という事実に変わりはない。なかでもその上海上港には、フッキとオスカルの元セレソンコンビに、エウケソンを加えたブラジル人トリオだけでなく、元ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョとウズベキスタン代表で主将を務めるオディル・アフメドフが名を連ねる。

       リーグ戦ではこのうち3人しか起用できないのだから指揮官のぼやきも理解できるが、ACLのレギュレーションは「3+1」。つまり昨季のCSLと同じくアジア人枠があるため、アフメドフを含めた4人が出場できる。

      ■ビラスボアスは“浦和の裏”を狙ってくるかも。

       39歳のポルトガル人指揮官が率いるチームは、今季初戦となったACLプレーオフから好調を維持しており、国内外で全勝。筆者の元同僚で、現在は香港最大の英字紙『サウスチャイナ・モーニングポスト』でスポーツを担当するアンドリュー・マレン記者によると、「新加入のオスカルを含め、ブラジル人の3人は数年来のチームメイトのように見事な連係を披露」し、長春亜泰とのCSL開幕戦でも5-1の逆転勝利の原動力となった。

       野心高き戦術家がトップ下のオスカルを中心に据えた組織的なチームは、今季CSLの優勝候補のひとつに挙げられている。そしてACLでも万全の状態で浦和とのグループF首位決戦に臨むのではないか。

       「相手陣内でプレーし続ける」ことを標榜する浦和も、上海体育場ではそうもいかないだろう。スカウティングに長じるビラスボアスは、相手が高い位置から押し込もうとすれば、あえて裏への逆襲を狙ってくるかもしれない。

       中国と日本を代表する深紅のチーム同士の対戦は、現時点における東アジアのトップクラスの激突と言える。熱戦は必至だ。

      つづく

      Number Web 3/13(月) 8:01配信
      http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170313-00827602-number-socc&p=1


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489360753/l100
      続きを読む

      長友と平愛梨、ラブラブショットをインスタグラムとツイッターに投稿


      1 :サインコサイン ★@\(^o^)/:2017/03/13(月) 23:11:24.61 ID:CAP_USER9.net
      ねとらぼ 2017年3月12日 17時46分 (2017年3月13日 17時21分 更新)

      平さん、長友さんのラブラブお食事ショット(長友佑都Instagramより)

       タレントの平愛梨さんが約1週間ぶりにTwitterの更新を再開しました。長友さんとの食卓、とっても幸せそうです……!

       「ご無沙汰してました!! 皆様お元気ですか? 今日からまたツブヤキます」のメッセージと共に平さんが投稿したのは長友さんと、長友さんの専属シェフと務める加藤超也さんとの3ショット。1月29日の入籍以来、約1カ月半ぶりに平さんのTwitterに登場した夫でサッカー日本代表DFの長友さんの隣には、清楚な白基調の洋服でほほ笑む平さんの姿が。幸せオーラが溢れまくっています。

       平さんは「私はようやく新たな生活に慣れてきました」と報告し、家事をやったり、長友さんのために加藤シェフと協力して食事を作っているとのこと。投稿されている写真には海藻を使ったミックスサラダやひじきの煮物、スネ肉の野菜煮込みに目玉焼きを添えたものなど、健康に気遣ったメニューにトライしているようです。

       この様子は長友さんのInstagramにも投稿されています。今後もさまざまなラブラブショットの投稿に期待です。

      http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170312/Itmedia_nl_20170312024.html


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489414284/l100
      続きを読む

      久保裕也、衝撃の40mドリブル弾。ヘントを上位プレーオフに導く


      1 :プーアル ★@\(^o^)/:2017/03/13(月) 00:27:27.03 ID:CAP_USER9.net
      【ヘント 3-0 メヘレン ベルギー1部リーグ第30節】

       現地時間12日にヘントはベルギー1部リーグ第30節でメヘレンをホームに迎え、3-0で勝利した。久保裕也は前半終了間際に
      見事なドリブル突破からゴールを決め、ヘント加入後7試合で5得点を挙げている。

      https://www.footballchannel.jp/2017/03/13/post201671/


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489332447/l100
      続きを読む

      【動画あり】久保裕也、衝撃の40mドリブル弾。ヘントを上位プレーオフに導く


      1 :プーアル ★@\(^o^)/:2017/03/13(月) 00:27:27.03 ID:CAP_USER9.net
      【ヘント 3-0 メヘレン ベルギー1部リーグ第30節】

       現地時間12日にヘントはベルギー1部リーグ第30節でメヘレンをホームに迎え、3-0で勝利した。久保裕也は前半終了間際に
      見事なドリブル突破からゴールを決め、ヘント加入後7試合で5得点を挙げている。

      https://www.footballchannel.jp/2017/03/13/post201671/


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489332447/l100
      続きを読む

      <韓国サッカー協会チョン会長>仰天構想!日本・韓国・中国・北朝鮮で2030年W杯共催?


      1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/03/02(木) 18:08:58.96 ID:CAP_USER9.net
      韓国サッカー協会のチョン・モンギュ会長は、2030年のサッカーワールドカップ(W杯)を韓国と北朝鮮、日本、中国の“4ヶ国開催“の形で開催することを目指して招致を行っていく意志を明らかにした。韓国大手ポータルサイト『NAVER』が2日に伝えている。

       国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は先日、2026年以降のW杯について、複数国での共催を奨励する意向を示していた。「2つか3つ、4つの国で共催」することが想定され、「近隣国で開催するのが理想的だ」と同会長は話していた。

       このFIFAの意向も受け、チョン・モンギュ会長は東アジア4ヶ国での共催という仰天のプランを推し進めようとしているのだという。2日にソウルW杯スタジアムで開催されたセレモニーに出席し、その意向を明らかにした。「最近FIFAは、2026年と2030年のW杯を複数国で共催することを決めた。韓国と北朝鮮だけでなく、中国と日本もW杯を共催することを私は望んでいる。2030年大会を招致したい」と話している。

       2002年W杯は日本と韓国の2ヶ国開催として行われ、現時点では唯一W杯が複数国で共催された例となっている。それから28年を経て、複雑な国際関係にある4ヶ国で再びサッカー界の最大のイベントを開催するという衝撃のプランが実現する可能性はあるのだろうか。

      フットボールチャンネル 3/2(木) 17:45
      http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170302-00010024-footballc-socc


      引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488445738/l100
      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング
      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ