サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      <日本代表>井手口、浅野には“最後通告”/ハリル監督の選考事情

      <日本代表>井手口、浅野には“最後通告”/ハリル監督の選考事情
      1 :Egg ★:2018/03/23(金) 12:26:26.12 ID:CAP_USER9.net
      日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が、最終サバイバル第1弾の号砲を鳴らす。今日23日のマリ戦に向けて公式会見に出席。用意された20分間が質問2問で終わるほど熱弁し、当落線上の選手に奮起を求めた。

      【一覧】本田4番、久保14番 日本代表メンバー表

       ◆今回の選考事情 常連組から吉田がけが、招集後に同じくけがで不参加になった酒井宏の両DF、中盤ではMF井手口、FWでは浅野と乾が外れた。DF酒井高は、追加招集で復活したものの当初はメンバー外だった。

       特にW杯(ワールドカップ)出場を決めた昨年8月31日のW杯アジア最終予選オーストラリア戦で得点した井手口と浅野は、所属クラブでほとんど出番がなく「オーストラリア戦でヒーローでもあったが、この状況が続けば、本大会でも入らない」と指揮官から“最後通告”を受けている。

       本田は復帰したものの「ビッグ3」の残る2人、MF香川とFW岡崎はまた選外。香川はけがだが、岡崎はFW陣の厳しい競争の中にいる。中盤では、けがの清武、今野や万全ではなかった倉田に長沢らが絡み、MFの争いが続く。FWでは国内組の有望株、伊東も注目されている。

      3/23(金) 7:46配信 日刊スポーツ
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180323-00157298-nksports-socc

      続きを読む

      <日本代表ハリル監督の思いがけない忠告>「W杯で幻想的な夢を抱かないようにしたい」

      <日本代表ハリル監督の思いがけない忠告>「W杯で幻想的な夢を抱かないようにしたい」
      1 :Egg ★:2018/03/23(金) 06:14:18.85 ID:CAP_USER9.net
      2018年3月22日、マリ戦の前日会見に臨んだ日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督だったが、意外にも話はワールドカップ本大会のことにまで及んだ。

      日本代表ベルギー遠征 【トレーニングPHOTO】リエージュでのトレーニングの様子を紹介!

      「ワールドカップでは戦える状態でチームを作らないといけない。コロンビア、セネガル、ポーランドにしても、全て異なるプレースタイルで臨まないといけない。我々がグループ突破の候補ではない。ただ、その候補がいつも勝つわけではない。我々が偉業を成し遂げる準備をしないといけない。
       
      相手はプレゼントしてこない。そういう偉業をトライするために何が必要かを選手に説明しています。戦術面、フィジカル面、それからメンタル面もそうですね。頭の中に偉業を成し遂げようという気概がなければできない。
       
       幻想的な夢を抱かないようにしたい。まずはグループ突破を目指す。戦術のチョイスが重要になる。日本の選手に合ってないプレーを望むというのはやめたい」

       
       ワールドカップに挑むうえでハリルホジッチ監督が望むのは理想ではなく、現実的な考え方だ。
       
      「(最終予選の試合において)例えば守備でかなり素晴らしいことをした。攻撃ではあまり良くなかったけれども、ここまで結果を出してきた。我々は進んでいます。ただ、ブラジル、スペイン、フランス、ドイツのように欲張りであってはいけない。
       
       日本代表の選手はフィジカル的に満足できる状態にない。ワールドカップ本大会直前に体脂肪率の話をしたくない。そういうことを話し始めると、もはや愚かです。私が厳しい要求をしているわけではなく、ワールドカップ本大会が厳しい要求をしている。相手よりもたくさん走って、良い状態を作り出さないといけないのが本大会ですから。トライしないとプレゼントはこない」
       
       まるで選手たちを戒めるかのように、熱いメッセージを送ったハリルホジッチ監督。まずはマリ戦、ここで勝てないようでは本大会で偉業など成し遂げられない。
       
      取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

      3/23(金) 6:00配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180323-00037468-sdigestw-socc

      続きを読む

      <日本代表FW原口元気>ある役割を志願!?「代表には今、セットプレーのキッカーがいない」

      <日本代表FW原口元気>ある役割を志願!?「代表には今、セットプレーのキッカーがいない」
      1 :Egg ★:2018/03/22(木) 06:52:34.04 ID:CAP_USER9.net
      「W杯ではFK1本で決勝トーナメントに…」
       
      日本代表がワールドカップのグループリーグを突破するには得点が不可欠。いくら守ったところで、例えばスコアレスドローで得られる勝点はわずか1だ。
      コロンビア、セネガル、ポーランドのどれかを打ち破らないかぎり、ベスト16への道は開けない。その意味でセットプレーは大きな鍵を握るのが、それは原口元気も承知している。3月の代表活動を前に彼は次のように語っていた。
       
       「日本代表には今、セットプレーのキッカーがいないんです。実際、FKからゴールを決めていませんよね。1年半前、アツさん(三浦淳寛)にキックを教えてもらったんですが、
      ヘルタにはキッカーがいたので蹴る機会がなかった。だからデュッセルドルフの監督に『セットプレーにチャレンジしたい』と相談したんです。すると、『今キッカーがいないから是非やってくれ』と。
       
      ワールドカップではFK1本で決勝トーナメントに行けるかもしれないので、ひとつでも多くの武器を持っていきたい。本大会でFKを蹴るためにも、クラブで決めないといけない。
      最低でも1本。そのためには練習は欠かせないので、今は毎日居残りでやっています」
       
      ただ、そう簡単にいくものではない。キックの難しさは原口自身が痛感している。
       
      「難しさはあります。上手い人に比べたらボールの落ち方もまだまだだし。アツさんに教わった蹴り方で繰り返し練習しています。アツさんが得意な無回転FKも何度か試しましたが、
      (アツさんとは)足の形もサイズも違います。僕は足が大きいのでそのポイントに当てにくい。だから、自分に合った、速くて曲がるキックを教えてもらって、それを実践しています。まずはデュッセルドルフで、あわよくばワールドカップでもFKを決めたい。
       
      ハードワーク、ドリブル以外にも、さらにプラスアルファの武器が欲しいなと。ワールドカップのような舞台だと、チャンスは本当に限られています。
      最終局面では相手も身体を張ってくるし、フリーで打てるシーンはFKしかないんですよ。正真正銘のフリーキッカーがいないのは、日本代表にとって大きなマイナス。なんとか6月までに形にしたい」
       
      3月の代表戦(23日のマリ戦、27日のウクライナ戦)でFKを蹴るチャンスはあるのか。仮にあったとして、その一発を見事に決めることができれば、原口がハリルジャパンのフリーキッカーとして浮上するかもしれない。
       
      協力●豊福 晋(スポーツライター)

      3/22(木) 6:30配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180322-00037418-sdigestw-socc

      写真


      続きを読む

      ハリル日本、DF酒井高徳を追加招集

      ハリル日本、DF酒井高徳を追加招集
      1 :久太郎 ★:2018/03/20(火) 01:48:52.87 ID:CAP_USER9.net
      日本サッカー協会は19日(日本時間20日)、DF酒井高徳(ハンブルガーSV)を追加招集すると発表した。

       DF酒井宏樹(マルセイユ)、遠藤航(浦和)と右サイドバック候補選手に負傷者が重なったため。酒井宏、遠藤については状態を観察し、合流可能かどうか判断するという。

       日本代表はベルギー・リエージュでマリ戦(23日)、ウクライナ戦(27日)と親善試合を行う。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000099-sph-socc

      続きを読む

      <本田圭佑>なぜはハリルジャパンに復帰したのか?

      <本田圭佑>なぜはハリルジャパンに復帰したのか?
      1 :Egg ★:2018/03/16(金) 06:43:26.56 ID:CAP_USER9.net
      ワールドカップイヤーの最初の活動となるベルギー遠征に臨む、日本代表メンバー26人が15日、日本サッカー協会(JFA)から発表された。
      リエージュのスタッド・モーリス・デュフランで23日にマリ代表、27日にはウクライナ代表と国際親善試合を戦う。

      マリはワールドカップのグループリーグで対戦するセネガル代表、ウクライナは同じくポーランド代表をそれぞれ想定している。
      開幕まで残り100日を切り、いよいよ臨戦ムードも高まってきたなかで、過去2大会にわたって日本をけん引してきたFW本田圭佑(パチューカ)が復帰した。

      本田が日本代表でプレーしたのは敵地ジッダで昨年9月5日に尾紺割れたサウジアラビア代表とのワールドカップ・アジア最終予選の最終戦までさかのぼる。
      ロシア大会出場を決めた、同8月31日のオーストラリア代表戦(埼玉スタジアム)はベンチで2‐0の快勝を見届けていた。

      東京・文京区のJFAハウスで記者会見に臨んだヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、昨年10月および11月の国際親善試合で招集外だった本田へ、こんな言葉を残している。
      「ずっと追跡を続けてきている。このチャンスをつかんでほしい」

      今遠征の選手招集に当たっては、直近のコンディションを何よりも重視するというハリルホジッチ監督が掲げてきた原則が貫かれている。
      たとえば久保裕也(ヘント)と浅野拓磨(シュツットガルト)が常連となってきた右ウイングでは、後者が選外となっている。

      所属クラブで実質的な構想外となっている浅野は、今年に入ってから一度もブンデスリーガ1部のピッチに立っていない。
      1月にガンバ大阪からイングランド2部のリーズ・ユナイテッドへ完全移籍し、就労ビザの関係で期限付き移籍したラ・リーガ2部のクルトゥラル・レオネサで出場機会を失っている井手口陽介を含めて、指揮官は最後通告を突きつけている・

      「2人はともにオーストラリア戦でゴールを決めてヒーローとなったが、今回のリストには入っていない。現在の状況が続けば、本大会でもリストに入らない可能性がある」
      浅野とは対照的に評価をあげ、右ウイングで招集されたのが本田となる。昨夏に移籍したメキシコリーグの強豪パチューカでは、けがもあって大きく出遅れた。
      8月下旬から復帰したものの後半途中からの出場が続いたため、ゴールを決めてもハリルホジッチ監督は時期尚早と繰り返してきた。

      しかし、ワールドカップイヤーに突入するや、コンディションも急上昇。1月以降のリーグ戦全11試合に先発し、そのうち9試合でフル出場を果たしている。
      パチューカは標高約2400メートルの高地にあり、日常生活から心肺機能を鍛えられる、というメリットも生まれている。

      しかも、ハリルホジッチ監督は今遠征において、左右のウイング、そしてセンターフォワードで計8人を招集した攻撃陣に対して新たな選考基準を設けている。

      「単純にいいプレーをしてほしい。得点を取り、そして(味方に)取らせるということだ。たとえばバルセロナのメッシは別次元の選手であり、
      比較することはできないかもしれないが、それでも絶対的な仕事ができて、違いを生み出せる選手は日本にも必要だ」

      得点を取り、取らせていることの指標となるゴールとアシストで、本田は1月以降の11試合で4得点5アシストと及第点の数字をマークしている。

      日本代表戦では2013年9月のMF遠藤保仁(ガンバ大阪)を最後に、誰も決めていない直接フリーキックからのゴールをパチューカで鮮やかに決めている。
      利き足の左足から放たれる正確なキックで、セットプレーからアシストもマークしている。ハリルホジッチ監督もこんな期待をかける。

      「ワールドカップではフリーキックが決定的な状況を作り出すので、非常に重要になってくる」

      >>2以降につづく

      3/16(金) 5:00配信 ゲキサカ
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000001-wordleafs-socc

      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング








      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ