サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      日本代表の

      日本代表の
      1 :豆次郎 ★:2018/11/14(水) 06:27:53.98 ID:CAP_USER9.net
      11/14(水) 6:10配信

      サッカー日本代表の
      ■南野は香川、堂安は本田、中島はメッシ

      10月、森保ジャパンが臨んだパナマ、ウルグアイとの2連戦で、南野拓実(ザルツブルク)、堂安 律(フローニンゲン)、中島翔哉(ポルティモネンセ)の若手アタッカー3人が持てる能力を存分に発揮し、連勝(3−0、4−3)に貢献した。


      何しろトップ下の南野はパナマ戦で1ゴール、ウルグアイ戦で2ゴールを挙げ、森保ジャパンの初陣だったコスタリカ戦から数えて3戦連続得点をマーク。

      右MF堂安はウルグアイ戦でスペースのないなか、酒井宏樹(マルセイユ)とのワンツーでゴール前に侵入するや鮮やかな切り返しで相手DFを外し、代表初ゴールをゲット。

      そして左MF中島は、ウルグアイ戦において得意のドリブルで相手守備陣を翻弄(ほんろう)しただけでなく、南野の先制点をアシストし、際どいシュートをたびたび放つなど、存在感を見せつけた。

      サッカージャーナリストの後藤健生(たけお)氏が言う。

      「ウルグアイ戦での南野はスゴかった。先制点はパナマ戦でのゴールと同様、ゴール前中央で敵DFを背負いながらパスを受け、一瞬の反転で敵を置き去りにしてシュートまで持っていったのですが、背負ったのがアトレティコ・マドリーでセンターバックを張るゴディンですからね。

      ゴディン相手にあのプレーができるのなら、どんなDFに対しても同じことができるはず。南野は今、選手として急激に伸びています。その高いレベルを維持できれば、世界的な選手になれるでしょう」

      同じくサッカージャーナリストの西部謙司氏は、南野のプレーに古巣・C大阪の先輩の姿を重ねる。

      「香川真司(ドルトムント)に似て、俊敏でボールコントロール力に長(た)け、狭い場所でプレーできるタイプですが、よりシュート意識が強い。現時点で、森保ジャパンのトップ下の一番手は南野で決まりでしょう」



      続いて堂安。ウルグアイ戦での日本代表初ゴールシーンを「時間がフッと止まったような感覚があった。不思議とどこに打っても入る気がした」と、週刊プレイボーイで隔週連載中のコラム『堂安律の最深部』で振り返ったが、彼も、ベテランジャーナリストのおふたりから高い評価を受けた。

      「ウルグアイの左サイドはMFもDFも相当攻撃的だったのですが、堂安は同じ右サイドの酒井とのコンビネーションで、相手の裏を取ってどんどん攻め立てました。結局ウルグアイは日本の右サイドからの圧力に対抗するため、後半に入るとMFとDFを前後入れ替え、守備を固めざるをえませんでした。

      堂安はひとりでグイグイ仕掛けるというより、周囲の選手と絡みながら決定機をつくるアタッカーなのですが、ウルグアイ戦は彼の持ち味がよく出ていました。そして得点シーンは、猛烈なスピードで突っ込んでいって、なおかつあれだけ強いパスを完璧に切り返してゴディンを置き去りにしました。南野や中島も含め、どんなに速いボールでも難なくコントロールできるのも彼らの強みです」(後藤氏)

      「身長172cmでありながら、フィジカルコンタクトをものともしない。ウルグアイ戦では大柄な選手と競り合った場面でも、腕一本入れば勝てるという強さを見せていました。サイズは違いますが、けっこう本田圭佑(メルボルン)と共通点があるんです。

      左利きの右サイドで、当たりに強くて、強烈なシュートも打てる。しかも本田より敏捷性(びんしょうせい)とテクニックがある」(西部氏)



      そして中島に対しては、特に西部氏から惜しみない称賛が送られている。

      「ケタ違いのプレーでしたね。スピードがあり、小柄なので、メッシ(バルセロナ)と同じで相手DFの歩幅が合わず、ウルグアイは彼をどうやっても止められない。自分の間合いに入っているのに小刻みに動けるため、DFは中島を制御することができないんです。

      その上、シュートもパワー抜群。もうキレッキレの無双状態でした。彼がウルグアイ守備陣に与えた心理的圧力は大きかったと思います」(西部氏)


      続きはこちらで↓
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-01075330-playboyz-socc


      続きを読む

      【女子サッカー】岩渕真奈が2得点!なでしこJ、4得点を奪いノルウェー女子代表に4-1快勝

      【女子サッカー】岩渕真奈が2得点!なでしこJ、4得点を奪いノルウェー女子代表に4-1快勝
      1 :久太郎 ★:2018/11/11(日) 16:18:14.76 ID:CAP_USER9.net
      国際親善試合が11日に行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)がノルウェー女子代表を4−1で下した。

       試合は16分、横山久美がフリーキックを直接沈めてなでしこジャパンが先制する。27分には長谷川唯のパスに抜け出した岩渕真奈が追加点を挙げ、前半はなでしこジャパンの2点リードで終了する。

       後半に入るとノルウェー女子代表も反撃に出るが、なでしこジャパンは体を張った守備を見せてゴールを許さない。すると55分、今度はなでしこジャパンにチャンスが。中島依美のクロスを岩渕真奈が押し込み、試合を決定付ける3点目を奪う。63分には途中出場の籾木結花が左足でミドルシュートを叩き込み、ダメ押しの4点目を記録。81分にはイナ・ガウスダルのゴールでノルウェー女子代表に1点を返されるも、試合はこのままタイムアップ。大量4ゴールを奪ったなでしこジャパンが年内最後の活動を勝利で飾り、来年のFIFA女子ワールドカップに向けて大きな1歩を踏み出した。

      【スコア】
      日本女子代表 4−1 ノルウェー女子代表 

      【得点者】
      1−0 16分 横山久美(日本女子代表)
      2−0 27分 岩渕真奈(日本女子代表)
      3−0 55分 岩渕真奈(日本女子代表)
      4−0 63分 籾木結花(日本女子代表)
      4−1 81分 イナ・ガウスダル(ノルウェー女子代表)

      【スターティングメンバー】
      日本女子代表(4−4−2)
      山下杏也加;清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々(79分 有吉佐織)、鮫島彩;中島依美(78分 宮澤ひなた)、宇津木瑠美(46分 長野風花)、三浦成美、長谷川唯(78分 阪口萌乃);岩渕真奈(56分 菅澤優衣香)、横山久美(56分 籾木結花)

      ノルウェー女子代表(4−4−2)
      ヒェルムセット;モエ・ボル、レイネ(64分 ガウスダル)、ホフラン、ミンデ;グラハム、ビョーエ・リサ(74分 オースラン)、エンゲン、モーヌム(46分 ホーフィ);ウトラン(74分 ナウトネス)、レイテン

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00861566-soccerk-socc

      続きを読む

      C大阪杉本を追加招集 鹿島鈴木がけがで不参加 28試合5得点2アシスト

      C大阪杉本を追加招集 鹿島鈴木がけがで不参加 28試合5得点2アシスト
      1 :砂漠のマスカレード ★:2018/11/13(火) 14:43:02.57 ID:CAP_USER9.net
      日本サッカー協会(JFA)は13日、国際親善試合ベネズエラ戦(16日、大銀ド)とキルギス戦(20日、豊田ス)に臨む日本代表メンバーにおいて、
      FW鈴木優磨(22=鹿島アントラーズ)がけがのため不参加となり、代わってFW杉本健勇(26=セレッソ大阪)が追加招集すると発表した。

      鈴木の所属する鹿島はこの日、右足関節捻挫で全治約2週間と診断されたと発表。10日のACL決勝ペルセポリス戦で負傷していた。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00390797-nksports-socc
      11/13(火) 14:24配信




      続きを読む

      イブラヒモヴィッチ、37歳でMLS新人王に輝く…得票率で2位のルーニーを上回る

      イブラヒモヴィッチ、37歳でMLS新人王に輝く…得票率で2位のルーニーを上回る
      1 :久太郎 ★:2018/11/13(火) 11:39:02.23 ID:CAP_USER9.net
      大ケガから劇的復活の37歳…イブラヒモヴィッチがMLS新人王に選出

      メジャーリーグ・サッカー(MLS)は12日、2018年新人賞にロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチを選出したことを発表した。

       2017年4月に右ひざ前十字じん帯損傷という大ケガに見舞われたイブラヒモヴィッチ。常人であれば約1年の離脱が見込まれたが、驚異的な回復力で約7カ月で復活し、マンチェスター・Uと契約延長を果たした。しかし、2018年3月にヒザを再び負傷。リハビリに取り組んでいたが、マンチェスター・Uとの契約を解除し、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーへと移籍していた。

       再びケガから復帰し、MLSでプレーを再開すると同選手は大活躍。9月15日のトロント戦でアクロバティックなシュートを決め通算500ゴールを達成するなど、27試合で22ゴール10アシストと衰えない存在感を発揮している。

       MLSの公式サイトによれば、新人王を決めるアンケートで、イブラヒモヴィッチは36.36%の得票率でトップ。2位はDCユナイテッドの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーで得票率は32.25%だという。

       なお、37歳のイブラヒモヴィッチとロサンゼルス・ギャラクシーの現行契約は2019年12月まで残っている。
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00862548-soccerk-socc

      続きを読む

      <日本勢ACL“2連覇”>韓国誌が母国の市場規模&競争力に警鐘!「劣勢に陥る可能性が高い」

      <日本勢ACL“2連覇”>韓国誌が母国の市場規模&競争力に警鐘!「劣勢に陥る可能性が高い」
      1 :Egg ★:2018/11/12(月) 23:33:52.34 ID:CAP_USER9.net
      韓国メディアは鹿島の堅守と、GKクォン・スンテ&チョン・スンヒョンのコンビを称賛




      鹿島アントラーズは現地時間10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝でペルセポリス(イラン)との第2戦で0-0のスコアレスドローとなった。2戦合計スコア2-0でクラブ史上初のACL制覇を達成し、12月のFIFAクラブワールドカップ(W杯)出場権を獲得。この快挙に韓国メディアも注目している。

      【写真】「源くん泣かないの!」と同僚からツッコミ! 鹿島DF昌子がACL制覇メンバーでの歓喜の“ロッカールームショット”公開

       スポーツ紙「スポーツ韓国」は「Jリーグチームが2年連続でアジア王者を輩出した。同じリーグから2年連続で優勝チームが出たのは、2009年(浦項スティーラーズ)と2010年(城南一和)にKリーグチームがACL王者になってから8年ぶりのこと」と伝えた。また、ニュース総合サイト「イーデイリー」は「鹿島は鉄壁の守備で、2点を守り切ることに徹した。ペルセポリスは10万人の観客の声援を受けて、計6本の枠内シュートを打ったが鹿島のゴールを破ることはできなかった」と固い守備を評価している。

      さらに、スポーツ誌「スポーツ朝鮮」は母国の2選手の活躍ぶりも伝えた。

      「GKクォン・スンテ、DFチョン・スンヒョンが優勝に一役買った。二人とも決勝の2戦ともフル出場を果たした。特に2戦目の徹底した守備はとても印象的だった。クォン・スンテは度重なるピンチをスーパーセーブで切り抜け、過去Kリーグの全北現代在籍時に2度のACL制覇に続き、3度目のアジア王者を手にした。また、チョン・スンヒョンも鹿島の守備の中心選手として無失点に貢献し、11月の国際親善試合にも招集されている」

      韓国専門家が分析「Jリーグの勢いは、整備されたシステムと資本が合わさった結果」

       こうしたJリーグの躍進について、「スポーツ朝鮮」は現地専門家に話を聞いて分析。「Jリーグの勢いは、整備されたシステムと資本が合わさった結果」と伝えている。

      「Jリーグはイギリスのパフォームグループと2017年から10年間、2000億円の放映権の契約を結び、その結果、Jリーグクラブの資金の流れが良くなった。FCバルセロナからイニエスタや韓国代表クラスのGKが多くJリーグに流れ、観客数も伸びている」

       一方で、記事では盛り上がりを見せるJリーグに比べ、Kリーグの現実は厳しいという見方を示している。

      「クラブの投資が縮小している。全北現代を除いたほとんどの企業クラブが予算を縮小させる傾向にある。Kリーグの観客数も2017年1部リーグは計148万人、1試合当たり平均6486人と集計されている」

       記事では最後に「KリーグとJリーグの市場規模は、すでに大きな差が開いている。この差が、競技力につながるのであれば、今後ACLはもちろん、A代表、そして年代別代表で韓国が劣勢に陥る可能性が高い」と専門家の声で締めくくっている。

       韓国にとっても、日本との差を痛感させられる結果となったようだ。

      11/12(月) 6:01 フットボールゾーン
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00147230-soccermzw-socc

      写真


      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング








      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ