サッカーマニア | 2chまとめブログ

サッカーマニア

週間人気記事ランキング
    月間人気記事ランキング
      サッカーRSS1
      .
      サッカーRSS2
      .
      サッカーRSS3
      サッカー以外RSS1
      .
      サッカー以外RSS2

      <GKカリウス>CL決勝の痛恨ミスで深い失意…「失点シーンが何度も頭をよぎる」

      <GKカリウス>CL決勝の痛恨ミスで深い失意…「失点シーンが何度も頭をよぎる」
      1 :Egg ★:2018/05/28(月) 06:30:22.84 ID:CAP_USER9.net
      リヴァプールのドイツ人GKロリス・カリウスが27日、自身のInstagramを更新し、チャンピオンズリーグ(CL)決勝での敗戦につながったミスを改めて謝罪した。

      カリウスは26日に行われたCL決勝のレアル・マドリード戦で先発出場し、前半を無失点で終えたが、51分に味方に投げたボールをフランス人FWカリム・ベンゼマにカットされて先制点を献上。さらに1点を失って迎えた83分には、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの無回転ミドルを後逸してしまい、レアルに試合を決める3点目を与えていた。90分を通じて、いくつか好セーブを披露するなど健闘もしたが、2度のミスが1−3の敗戦につながってしまった。

      試合後には涙ながらにサポーターに謝罪し、インタビューでは「僕のミスで大きな代償を払ってしまった。あの時に戻れるなら戻りたい」とコメント。現地のサポーターは謝罪する同選手に温かい拍手を送っていたが、SNS上では殺害の脅迫文が送られ、警察が調査する事態になっていた。そして、決勝から一夜明けた27日に改めて心境を明かした。

      「今まであまり眠れていないんだ…。あのシーンが何度も何度も頭をよぎるよ…。チームメイトやファン、全スタッフに、果てしなく申し訳ないと思っている。2つのミスで試合を壊し、みんなを失望させてしまった。前も言ったように、時間を戻したいが、不可能なのはわかっている。チームがレアル・マドリードを倒せると信じて戦っていたから、もっとひどい。キエフまで来て、試合後でも僕の背中を押してくれた素晴らしいファンたちに感謝したい。許されたとは思っていない。改めて僕らが一つのビッグファミリーだと感じたよ。ありがとう、そしてまた強くなって戻ってくる」

      この投稿にはリヴァプールのチームメイトも反応。クロアチア代表DFデヤン・ロヴレンは「僕らはチームで勝ち、そしてチームで負けるんだよ、ロリス! 君は最高のブラザーだ」と返信し、セネガル代表FWサディオ・マネも「僕らは君を愛しているよ」と優しい言葉を返した。

      さらに、今シーズンはヴォルフスブルクにレンタル移籍をしていたベルギー代表FWディヴォック・オリジも「顔を上げるんだ。多くの愛を送るよ」とコメント。昨夏リヴァプールからラツィオに移籍したブラジル人MFルーカス・レイヴァも「強くあれ! 君がまた強くなると確信しているよ」とエールを送った。

      ゲキサカ 5/28(月) 5:30配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00765240-soccerk-socc

      写真


      動画 試合ハイライト スカパー
      https://www.youtube.com/watch?v=DxgIhtGCB-0

      続きを読む

      イニエスタ、育成面でも意欲 バルサから「人材連れてきたい」

      イニエスタ、育成面でも意欲 バルサから「人材連れてきたい」
      1 :ゴアマガラ ★ :2018/05/26(土) 21:41:50.15 ID:CAP_USER9.net
      12歳から名門バルセロナで過ごしたイニエスタは、選手としてだけでなく、育成面でも期待が大きい。自身も乗り気で「ユースシステムから貢献し、人材も連れてきたい」と三木谷会長に伝えている。

       1899年創設のバルセロナは「カンテラ」と呼ばれる下部組織を運営し、トップチームと同じ戦術を採用するなど育成法を一貫させている。
      イニエスタのほか、アルゼンチン代表FWのメッシもカンテラの出身だ。

       神戸の下部組織は既に日本トップクラスの力を誇る。U−18(18歳以下)は昨季、高校生年代最高峰のプレミアリーグ西地区を制覇。
      エースだったMF佐々木は今季Jリーグで早速ゴールを決め、昇格3年目のDF藤谷は2020年東京五輪の有望株として期待されている。

       現状に満足せず、さらなる発展に向けた切り札が、イニエスタだ。推定年俸約30億円の巨額投資も、バルセロナ式のパスサッカーを推進するトップチームの強化だけでなく、
      育成スタイルをも取り込むためだった。バルセロナからのコーチ派遣も検討されている。

       名手に育成の伝道師としての役割も求める三木谷会長は「(神戸の)育成システムが手本になるように」と語り、アジアのナンバーワンクラブへの歩みをさらに加速させる。(有島弘記)

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000026-kobenext-socc

      続きを読む

      <イニエスタ>神戸へ完全移籍 100億円規模の超大型契約 阪神の助っ人も含めた年俸総額は35億7085万円 ★2

      <イニエスタ>神戸へ完全移籍 100億円規模の超大型契約 阪神の助っ人も含めた年俸総額は35億7085万円 ★2
      1 :Egg ★:2018/05/24(木) 13:52:46.05 ID:CAP_USER9.net
      神戸がバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)を完全移籍で獲得することが23日、決まり、24日に来日する。

      複数の関係者によると、3年契約で年俸は2500万ユーロ(約32億2500万円)程度。総額100億円規模の超大型契約となった。
      年俸6億円の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)との“38億円ホットライン”を開通させ、力を見せつける。

      破格の年俸は、フォルラン(元C大阪)やポドルスキの推定6億円を大きく上回るJリーグ史上最高額。
      超異例だが、J1制覇やACL制覇を目指す神戸は、世界屈指の司令塔を必要と判断した。

      最大の注目はもちろん、ポドルスキとのホットラインだ。以前に「イニエスタが来て嫌な監督はいないと思う」と話していた吉田孝行監督にとって、
      ポジションなどの起用法はうれしい悩みとなる。競技は違えど、プロ野球・阪神の助っ人も含めた年俸総額は35億7085万円。
      その金額を上回る価値を持つ2人のスターが、Jリーグで、同じチームで並び立つ。

      スポニチ 5/24(木) 6:01配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000035-spnannex-socc

      写真


      【サッカー】<イニエスタの背番号は?>愛用の「8」既に使用 今後は加入後の背番号選びに注目
      https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527084746/

      2018/05/24(木) 06:17:52.56
      http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527110272/

      続きを読む

      EL決勝 マルセイユ×アトレティコ・マドリード 結果

      EL決勝 マルセイユ×アトレティコ・マドリード 結果
      1 :久太郎 ★:2018/05/17(木) 05:39:01.68 ID:CAP_USER9.net
      グリーズマン2発!アトレティコが快勝でEL制覇!…酒井は出番なしで16年ぶり快挙ならず

       ヨーロッパリーグ(EL)決勝が16日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとアトレティコ・マドリードが対戦した。酒井はベンチスタートとなった。

       EL初制覇を狙うマルセイユと3度目の優勝を目指すアトレティコが激突。マルセイユは、主将のディミトリ・パイェやリーグ戦22得点のフロリアン・トヴァン、ルイス・グスタヴォらがスタメンに名を連ね、11日にケガから復帰した酒井の代わりにブナ・サールが右サイドバックに入った。

       対するアトレティコは、ディエゴ・シメオネ監督が準決勝で主審を侮辱し4試合のベンチ入り禁止処分を受けたため、この日もスタンドから観戦。指揮官不在の中、今大会4ゴール3アシストのアントワーヌ・グリーズマンや、1月にチェルシーから復帰したジエゴ・コスタらが先発出場で、今シーズン限りで退団するフェルナンド・トーレスはベンチスタートとなった。

       試合はマルセイユが立ち上がりからチャンスを作る。4分、今大会トップの7アシストを記録しているパイェのスルーパスから、ヴァレール・ジェルマンがエリア内に抜け出してシュート。6分には、アディル・ラミがエリア内中央でこぼれ球を右足ダイレクトで叩くが、どちらも枠を捉えられなかった。

       試合が動いたのは21分、アトレティコは高い位置からプレッシャーをかけると、敵陣中央のガビが相手のトラップミスを見逃さず、ダイレクトで前線にパス。エリア内中央に抜け出したグリーズマンがゴール左に流し込み、貴重な先制点を挙げた。

       32分、先制を許したマルセイユに追い打ちをかけるアクシデント。パイェが負傷交代を強いられ、涙ながらにピッチを後にした主将の代わりにマキシム・ロペスが投入された。

       後半に入って49分、アトレティコが追加点を奪う。エリア内右に走り込んだグリーズマンがコケからリターンパスを受けると、冷静に左足シュートを沈めてリードを2点に広げた。

       マルセイユは2点を追う展開となったが、なかなか反撃できず。81分には途中出場のコンスタンティノス・ミトログルがヘディングシュートを放ったが、これは左ポストに嫌われた。アトレティコは89分、ガビがエリア内右フリーでパスを受けると、右足を振り抜き、試合を決定づけるダメ押しゴール。試合はこのまま終了し、アトレティコが3−0の快勝で6年ぶり3度目のEL制覇を果たした。

       なお、酒井は出番が回ってこず、大舞台での出場は叶わなかった。また、チームも敗れたため、2002年にフェイエノールトで前身のUEFAカップを制した小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)以来、日本人選手2人目の優勝を果たすことはできなかった。

      【スコア】
      マルセイユ 0−3 アトレティコ・マドリード

      【得点者】
      1−0 21分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)
      2−0 49分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)
      3−0 89分 ガビ(アトレティコ)

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00759181-soccerk-socc

      続きを読む

      <ジーコ>日本にエール!「メンタルの強さがあれば、いい成績が期待できる」「とんでもない逸材が生まれる可能性は高い」

      <ジーコ>日本にエール!「メンタルの強さがあれば、いい成績が期待できる」「とんでもない逸材が生まれる可能性は高い」
      1 :Egg ★:2018/05/15(火) 12:27:52.20 ID:CAP_USER9.net
      元日本代表監督のジーコ氏(65)が日本のサッカー界に提言を行った。14日、都内で開かれたJリーグ25周年記念イベントに出席。

      ワールドカップに向けて「今、飛び抜けて良い国はない。肩を並べて勝負できる資質は、日本にもある。ただ問題はメンタル。メンタルの強さがあれば、いい成績が期待できる」とエールを送った。

       Jリーグ発足時に鹿島でプレーした同氏は「W杯に連続出場するなんて、発足前には考えられないことだった」と振り返った。その上で村井チェアマンに直接、願い出たことがあった。

       「これを継続、進化させるには次の世代がどんどん出てくることが大切。12歳から16歳の世代の強化が必要です。ペレやベッケンバウアー、マラドーナやジダン、イニエスタのように優勝国の中心にはとんでもない選手がいた。

      日本の人口を考えれば、とんでもない逸材が生まれる可能性は高い。18歳ごろには完成されて、世界で戦える選手を」と育成強化を願った。

      日刊スポーツ 5/15(火) 8:07配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00208882-nksports-socc

      写真


      続きを読む
      記事検索
      アクセスランキング








      最新コメント
      アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      soccermaniajr
      soccermanianavi
      • ライブドアブログ