1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/03/13(月) 08:19:13.03 ID:CAP_USER9.net
今週、Jリーグ勢3チームが万里の長城さながらの険しき山場に挑む。

 3月14、15日に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)第3節で、川崎フロンターレは広州恒大、浦和レッズは上海上港とのアウェー戦に臨み、ガンバ大阪は江蘇蘇寧をホームで迎え撃つのだ。

 中国スーパーリーグ(CSL)のクラブはこの冬の移籍市場でも、世界中からスター選手を乱獲した。彼らが投じた移籍金の総額は推定3億9000万ユーロ(約475億円)で、過去最高を記録しただけでなく、イングランド・プレミアリーグ勢の約1.5倍、リーガ・エスパニョーラ勢の約16倍に上る。昨年に続き、この時期に世界で最も多くの移籍金を費やしたのである。

 ただし、その最中に中国政府はCSLクラブのそうした振る舞いを「札束を燃やしているようだ」と警告し、リーグは移籍市場が閉じる前に今季の外国籍選手枠を減らした。それまではリーグ戦に4人の外国籍選手と1人のアジア人選手を起用できたが、現在は3人のみ(登録は4人と1人まで可能)。加えて、23歳以下の中国人選手を先発させねばならなくなった。

■上海上港にはフッキとオスカル、カルバーリョが在籍。

 各クラブの経営者たちは、フットボールを愛でる習近平国家主席に取り入るのが主な目的だっただけに、最新の意向を受けてトーンダウン。しかし現場は困惑を隠せず、上海上港のアンドレ・ビラスボアス監督は「新たなルールが急に決まって残念だ。物事には順序があり、ことを急いてはうまくいかない」と愚痴をこぼしている。

 ともあれ、彼らが複数のワールドクラスを保有する強豪という事実に変わりはない。なかでもその上海上港には、フッキとオスカルの元セレソンコンビに、エウケソンを加えたブラジル人トリオだけでなく、元ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョとウズベキスタン代表で主将を務めるオディル・アフメドフが名を連ねる。

 リーグ戦ではこのうち3人しか起用できないのだから指揮官のぼやきも理解できるが、ACLのレギュレーションは「3+1」。つまり昨季のCSLと同じくアジア人枠があるため、アフメドフを含めた4人が出場できる。

■ビラスボアスは“浦和の裏”を狙ってくるかも。

 39歳のポルトガル人指揮官が率いるチームは、今季初戦となったACLプレーオフから好調を維持しており、国内外で全勝。筆者の元同僚で、現在は香港最大の英字紙『サウスチャイナ・モーニングポスト』でスポーツを担当するアンドリュー・マレン記者によると、「新加入のオスカルを含め、ブラジル人の3人は数年来のチームメイトのように見事な連係を披露」し、長春亜泰とのCSL開幕戦でも5-1の逆転勝利の原動力となった。

 野心高き戦術家がトップ下のオスカルを中心に据えた組織的なチームは、今季CSLの優勝候補のひとつに挙げられている。そしてACLでも万全の状態で浦和とのグループF首位決戦に臨むのではないか。

 「相手陣内でプレーし続ける」ことを標榜する浦和も、上海体育場ではそうもいかないだろう。スカウティングに長じるビラスボアスは、相手が高い位置から押し込もうとすれば、あえて裏への逆襲を狙ってくるかもしれない。

 中国と日本を代表する深紅のチーム同士の対戦は、現時点における東アジアのトップクラスの激突と言える。熱戦は必至だ。

つづく

Number Web 3/13(月) 8:01配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170313-00827602-number-socc&p=1


引用元URL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489360753/l100

2 :Egg ★@\(^o^)/:2017/03/13(月) 08:19:27.11 ID:CAP_USER9.net
■川崎の相手、広州恒大はおとなしめの補強だが……。

 ホワイトデーに川崎をホームに迎える広州恒大は、言わずと知れたCSLの盟主である。昨季までリーグを6連覇しているチームは、2013年と2015年のACLの覇者でもあり、この大会の経験において頭一つ抜けている。

 今オフの移籍市場ではおとなしかったが、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督が束ねるチームには、クラブW杯優勝経験のある現役ブラジル代表のパウリーニョ、昨季のリーグ得点王リカルド・グラール、一昨季のヨーロッパリーグ最多得点者アラン・カルバーリョと、こちらも3人のブラジル人が在籍。

 ポルト時代にポルトガル・リーガで3季連続トップスコアラーとなったジャクソン・マルティネスでさえ出場機会が得られない豪華なチームは熟成路線を歩み、北京国安とのリーグ開幕戦では13枚のイエローカードと2枚のレッドカードが飛び交う激戦を制した。

■ACLで1勝すれば、5000万円ものボーナスを約束。

 W杯で頂点に立った経験を持つ68歳のブラジル人指揮官は、「フットボールに50年以上携わってきたが、今日、選手たちが示してくれたチームスピリットは私が見てきたなかで最高のものだ」と試合後に語り、能力の高い個々がひとつにまとまっていることを強調する。

 また、会場に詰めかけた約4万8000人の観衆には「最後まで共に戦ってくれた。感謝している」と伝えた。彼らはスタンドに赤い要塞を築いて、相手チームを威圧する。

 前節、グループ最弱と目される香港のイースタンと敵地で引き分けた川崎にとって、今回のアウェー戦は敵の力量も会場の雰囲気も別次元になる。グループ突破の望みをつなぐには、なんとしても接戦を演じたいところだが、相手のフロントはACLでの1勝に対してチームに300万元(約5000万円)のボーナスを約束しており、グループステージで敗退した昨季の汚名返上に燃えている。

■江蘇はラミレスの視野と球際、テイシェイラに注意!

 吹田に乗り込んでくる江蘇はこの中で唯一、CSL第1節を落とした。カルロス・テベスを擁する上海申花に0-4の完敗を喫し、先行きに不安を残している。ただし、この試合には元チェルシーで絶対軸のラミレスが欠場しており、前述のマレン記者によると「エースのアレックス・テイシェイラが孤立する場面も多かった」という。

 プレシーズンには沖縄で北海道コンサドーレ札幌と練習試合で対戦しており、河合竜二は「ラミレスの視野の広さと戦術眼、球際の強さは別格。テイシェイラは動きがものすごくシャープだった」と教えてくれた。

 ACLではここまで2戦2勝の首位。昨季のCSL準優勝チームは強敵に違いないが、抑えるべきポイントははっきりしている。G大阪としては、テイシェイラが急先鋒となる高速カウンターに注意して、勝機を見出すべきだろう。

 日本勢の躍進を期待しつつも、世界の一線級のパフォーマンスにも目を奪われそうだ。贅沢なウィークデーを堪能したい。

(「JリーグPRESS」井川洋一 = 文)


3 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/13(月) 08:20:11.13 ID:F1az3rcq0.net
欧州みたいな終わっている地域と違って
これからは中国が世界の中心だしな


4 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/13(月) 08:20:39.90 ID:x4wNZyw+0.net
負けたらギスギスしそう


5 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/13(月) 08:23:18.33 ID:ZJKghR+J0.net
金持ってんなー


6 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/13(月) 08:26:08.46 ID:Pso/7Dw90.net
日本も5千万とは言わず協会が勝利給やるべきだろ


7 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/13(月) 08:29:54.34 ID:MuiGEPHN0.net
10年後中国はワールドカップ常連になって20年後ワールドカップ強豪国になってる気がする
ここまで金を掛けれるわけだから自国の強化も日本の比ではない


8 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/13(月) 08:33:12.31 ID:9crNHBh60.net
>>7
もうちょい時間かかる気がする
中国人の悪いとこが「人の言うことを聞かない」だからな


9 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/13(月) 08:40:28.20 ID:vARPjHPH0.net
外貨ないから元払い。両替は自国でやってね。だよwww
中国元はSDRの構成通貨じゃないから通商取引の多い日本円換算はともかくユーロ換算はどうかなと思う。


10 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/13(月) 08:54:42.33 ID:4nyKg+tT0.net
中国人の技術、テクニックが上がらない限り代表は・・・中国人が学ぶようになったら脅威になる
クラブ単位は金で勝負、日本はこの戦いは劣勢


11 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/13(月) 08:55:55.00 ID:UoPJQCl70.net
>>7
と、言い続けて早10年以上が経過したけど
未だに、日韓W杯以降は本大会に進むどころか
最終予選もやっとみたいな状態だからね 
選手が欧州に出たり、若年層からの指導を強化しないと無理だと思うよ
その前にチームプレーが無理な気もするけど・・・
せめて、アジア杯を自国開催以外で決勝に進めるようにならないとね
他の国も強化しているんだし、そう簡単じゃないと思う