香川ゴールも惨敗…“テロの標的”ドルトムントの内憂外患
情報元 : 香川ゴールも惨敗…“テロの標的”ドルトムントの内憂外患
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000027-nkgendai-socc

 日本代表F香川真司が所属するドイツ1部ドルトムントは、不幸なことに「サッカー界で初めてテロの標的になったクラブ」という“称号”を付けられてしまった。
 欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でドルトムントは11日(日本時間12日)、ホームにフランスの強豪モナコを迎え撃つところだった。
 ドルトムントのチームバスがスタジアムに向かう際、3度の爆発に巻き込まれて「状況を踏まえるとテロ行為と想定される」とドイツ連邦検察庁が表明したからである。
 地元メディアは「実行犯は2人。当局は25歳のイラク人を拘束。もう一人の28歳ドイツ人の行方を捜索中。現場近くに紙に書かれた犯行声明文が残され、それには『(過激派組織)イスラム国への攻撃のためにシリアで展開しているドイツ偵察機を撤退させろ』『ドイツ国内の一部米軍基地を閉鎖せよ』などの文言があり、さらには『処刑リスト』としてスポーツ選手や著名人の名前が書かれていた」と報じた。
■順延モナコ戦で手痛い敗戦
 ドイツ政府に対するテロなのか、サッカー界に対するモノなのか、それともドルトムントが標的なのか――。事件の翌12日になっても判然としないまま、順延されたドルトムント-モナコ戦(日本時間13日午前1時45分キックオフ)は、物々しい厳戒態勢が敷かれた。
 試合が始まると「被害者ドルトムントに不利な判定」が相次いだ。
 前半19分のモナコの先制ゴールは、副審が得点者FWムバッペのオフサイドを見逃したから。同35分のドルトムントDFベンダーのオウンゴールは、モナコFWファルカオに足を踏まれて体勢を崩したのが原因だった。
 ドルトムントは後半に香川の1ゴール1アシストで2点を返したが、ホームで手痛い敗戦を喫した。「ドルトムントはピッチ内外でトラブルを抱えている」とサッカーライターがこう続ける。
「ドルトムントは今後もテロの脅威に怯えてスタジアム、練習場、合宿地で厳しい警備が必要となる。選手たちはサッカーに集中するのが難しくなり、大きなハンディを背負うことになった。絶対的なエースストライカー流出の危機にも直面している。今季公式戦32点とゴール量産中のFWオーバメヤンは今夏、スペインの名門レアル・マドリード移籍が噂され、今回のテロ事件が移籍を加速させるともっぱらです」
 ドルトムント、先行きは完全に不透明――。