アトレティコ、15年ぶりの珍記録…リーガで6本連続のPK失敗
情報元 : アトレティコ、15年ぶりの珍記録…リーガで6本連続のPK失敗
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00577501-soccerk-socc

 アトレティコ・マドリードが、リーガ・エスパニョーラのPKにまつわる“珍記録”を15シーズンぶりに打ち立てたようだ。15日付のスペインラジオ局『オンダ・セロ』などが伝えている。
 アトレティコ・マドリードは15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節で、オサスナ相手に3-0と快勝。リーグ戦の無敗記録を「8」に伸ばし、3位の座をキープした。
 しかし同クラブは、試合中に与えられた2本のPKをいずれも失敗。89分にはベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコが、その1分後にはガーナ代表MFトーマス・パルティがそれぞれキッカーを務めたが、2本ともオサスナのイタリア代表GKサルヴァトーレ・シリグにセーブされた。
 この結果、昨年9月17日に行われた第4節スポルティング・ヒホン戦で元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが成功させたのを最後に、6本連続でPKを失敗していることになってしまった。リーガ・エスパニョーラのあらゆるデータを網羅するスペシャリストとして知られるミスター・チップ氏によると、6本連続でのPK失敗は2001-2002シーズンから2002-03シーズンにかけて同様の記録を残したアラベスに並ぶ同リーグのワーストタイになるという。
 なお、今シーズンはカップ戦を含めた全公式戦で13本のPKを獲得しているアトレティコ・マドリードだが、得点に結びつけられたのは5本だけ。成功率はわずか38.5パーセントとなっている。選手別に見ると、成功数が最も多いのはフランス代表FWケヴィン・ガメイロで2本(ただし、1本失敗)。一方、失敗数が最も多いのは同FWアントワーヌ・グリーズマンで3本(1本成功)となっており、フランス代表コンビで明暗がくっきり分かれている。
 12日のチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでは、レスター相手にグリーズマンがPKを決めて1-0の勝利を飾ったが、18日に行われるセカンドレグでは、PK以外のチャンスで確実にゴールを決めておくことが準決勝進出の鍵となるかもしれない。
(記事/Footmedia)