3部降格危機のバーミンガム、就任4カ月でゾラ監督が辞任
情報元 : 3部降格危機のバーミンガム、就任4カ月でゾラ監督が辞任
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000015-ism-socc

 バーミンガム(イングランド2部)は現地時間17日、ジャンフランコ・ゾラ監督(50)の辞任を発表した。
 中国資本のバーミンガムは昨年12月、ギャリー・ローウェット前監督を解任。ネームバリューのある指揮官を求め、1996年から2003年までチェルシーでプレーした元イタリア代表のゾラ氏を招聘した。同監督はウェストハムやワトフォード(以上イングランド)で指揮をとった経験を持つ。
 しかし、ゾラ監督のもとバーミンガムはリーグ戦22試合でわずか2勝と低迷。残り3試合で降格圏に勝ち点3差の20位となり、ゾラ監督は就任から4カ月で辞任することになった。(STATS-AP)