ベッカム、リネカーに次ぐ第3位 レアル加入4年目のベイル、リーガ100試合出場に到達
情報元 : ベッカム、リネカーに次ぐ第3位 レアル加入4年目のベイル、リーガ100試合出場に到達
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00010027-theworld-socc

現地時間23日、リーガ・エスパニョーラ第33節が行われ、レアル・マドリードはバルセロナと対戦し激闘の末、2-3で敗れた。負傷明けのガレス・ベイルは、この試合で先発出場を果たすと、イギリス人選手としてスペインで名誉ある記録を樹立した。
ベイルだはコンディション不良により、40分にピッチを退いてしまったものの、この試合でリーガ・エスパニョーラでの出場試合数が通算100試合に到達した。『ESPN』によるとウェールズ出身の同選手は、リーガ・エスパニョーラでプレイした英国人として、出場100試合に到達した3人目プレイヤーになったと報じている。
英国人としてスペインで最も出場記録が長いのレアル・マドリードに所属したディビッド・ベッカム(116試合)で、2位はバルセロナでプレイしガリー・リネカー(103試合)。2013年にレアル・マドリードに加入し4年目を迎えたベイルが、彼らについで3位の成績を収めている。
http://www.theworldmagazine.jp