なぜ彼を本気で獲得しにいかない!? 現代最強の“ファイター“こそ「アーセナルに必要なものだ」
情報元 : なぜ彼を本気で獲得しにいかない!? 現代最強の“ファイター“こそ「アーセナルに必要なものだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00010004-theworld-socc

運動量、競り合いの強さ、足下の正確な技術、常にファイトできる強いメンタル、中盤から得点を奪える攻撃性。これらの能力を併せ持つ選手をプレミアリーグのクラブはなぜ本気で獲得しにいかないのか。かつてチェルシーでプレイしたジミー・フロイド・ハッセルバインク氏は不満に感じているようだ。ブラボがPK戦で“ブラボーな神セーブ”!同氏が名指ししたのは、バイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルだ。ビダルは現在ロシアで開催されているコンフェデレーションズカップにもチリ代表の一員として出場しており、チームの決勝進出に大きく貢献している。準決勝のポルトガル代表戦でもファイト溢れるプレイでチームメイトを引っ張っており、あのような選手がチームにいるのは非常に心強い。
英『METRO』によると、同氏は「なぜプレミアリーグのクラブが彼を獲得しようとしないのか分からない。あのようなタイプの選手はプレミアリーグに欲しいものだ。リーダーシップもあり、あれこそアーセナルに必要なものだろう」とコメントしており、プレミアリーグのクラブがなぜビダル獲得に本気にならないのか疑問に感じているようだ。
ビダルはフィジカルも強く、プレミアリーグの環境でもやっていけるだろう。過去にはチェルシーが獲得に動いていたが、結局獲得することはできなかった。同氏はアーセナルにも獲得に動いてほしかったようで、リーダーシップとファイトできるメンタリティを持ったビダルこそアーセナル悲願のプレミアリーグ制覇に欠かせないものと考えている。
ストライカーや派手なテクニックを持つアタッカーに注目が集まるのは仕方がないことだが、ビダルのような選手は相手にとって非常に厄介だ。昨夏にはマンチェスター・ユナイテッドがポール・ポグバを史上最高額の移籍金で獲得しているが、プレミアリーグのクラブはビダル獲得にも多額の資金を投じるべきだったのかもしれない。
http://www.theworldmagazine.jp/